IEEE802.11ac

(コンピュータ)
あいとりぷるいーはちまるにーてんいちいちえーしー

無線LAN(IEEE802.11)の次世代規格。ギガビットWi-Fi。

規格理論値で最高約6,900Mbpsの通信速度が可能。

概要

チャネルボンディングを用いた帯域は

  • 20MHz幅×4=「80MHz幅」
  • 20MHz幅×8=「160MHz幅」

まで拡大可能で、理論上IEEE802.11nの4倍の高速化・大容量化が果たされる。
また複数のアンテナを組み合わせてデータ送受信の帯域を広げる無線通信技術である「MIMO(Multiple Input Multiple Output)」を採用し、回り込みに強い。

周波数帯は「5GHz帯」に限定し、長らく無線LANで利用されてきた「2.4GHz帯」はサポートしない。

  • 2012年、この規格を採用した無線ブロードバンドルーターが製品化
  • 2013年3月27日、日本で電波法施行規則が改正され、NECアクセステクニカやバッファローなどが対応製品を発売
  • 2013年6月、Appleが「AirMac Extreme」を発売。2.4GHzと5GHz両方に対応する。
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ