IS-LM

(一般)
あいえすえるえむ
  1. IS-LM分析とは財市場と貨幣市場の均衡を分析
    1. IS-LM分析とは、ケインズが「一般理論(1936年)」で述べた見解をヒックスが数理モデルとして定式化したもの
    2. 財市場と貨幣市場が同時に均衡することで、国民所得と利子率が内生的に決定されることが示されている。
    3. 物価水準は一定と仮定

関連キーワード

  • リスト::経済関連
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ