KYOKO Sound Laboratory

(音楽)
きょーこさうんどらぼらとりー

ミュージシャン

本名:木村恭子
1971年1月20日生まれ
水瓶座
O型

好きなアーティスト:TOTO、クラナド、スザンヌ・ヴェガ、ミレーヌ・ファルメール

2/21 Single「See You Again」でデビュー。略して"K.S.L."。エンヤをPOPにしたような何重にも重ねた歌声はまさに名の通り「音の研究所」。透明感あふれる歌声でいわゆる癒し系であった。企画で小林亜星とデュエットなどした事もある(「あっちむいて どっちむいて たまごっち」という歌…)。しかしその後、悲惨なほどに鳴かず飛ばず。初代契約会社は実質倒産。CDも続々廃盤になる。その後は幾度か名義を変えたりなどして(「木屋響子」「木谷響羽子」)現在はインディーズで活動しており、歌唱法などを大分変え、初期の透明感はやや消えてしまった。

当時テレビ朝日の研ナオコの番組、「研ナオコの華麗にAh!So」の前後(どちらかだったかはわからない)でミニ番組があり、その番組でよくK.S.L.の曲が使われていて幻想的な雰囲気をかもし出していた。

かなりマイナーアーティストではあるが、K.S.L.が好きな人は他には共通してZABADAK、谷山浩子、遊佐未森、矢野顕子、新居昭乃、菅野よう子が好きな場合が多い。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ