Mighty No. 9

(ゲーム)
まいてぃなんばーないん

稲船敬二が設立したcomceptが開発している横スクロールアクションゲーム。

概要

2013年9月1日、クラウドファンディングサイトKickstarterで開発資金の調達を開始。同9月3日、目標額となる90万ドルを達成。
稲船をはじめ、ロックマンシリーズに携わったメンバーが多く関与している。
パブリッシャーとしてDeep Silverとパートナーシップ契約を締結し、全世界で共同パブリッシングを行う。これにより、北米では2014年9月15日、全世界で同年9月18日にダウンロード版とパッケージ版の同時発売を予定。
対応プラットフォームはPlayStation 4、PlayStation 3、Xbox One、Xbox 360、Wii U、Windows、Linux、Macの8バージョン。さらにPlayStation Vitaおよびニンテンドー3DS対応バージョンは、後日発売を予定している。
また、デジタル・フロンティア制作によるTVアニメシリーズが予定されている。

今より遥かにロボット産業が発達した世界…そこで突如として巻き起こる世界規模のロボット暴走事件。プレイヤーは戦闘用ロボットチーム「Mighty Numbers(マイティーナンバーズ)」の末っ子Mighty No.9 “ベック”となって暴走したロボットたちや立ちはだかる兄弟機たちを撃破し、事件の黒幕に立ち向かっていきます。

Mighty No.9|PROJECTS|株式会社comcept

主な開発メンバー

  • プロジェクトリーダー:稲船敬二
  • スーパーバイザー:富田直哉(TOM PON)
  • リードキャラクターデザイナー:KIMO・KIMO
  • 音楽:松前真奈美
  • アートディレクター:コマキシンスケ
  • 開発:會津卓也、株式会社インティ・クリエイツ
  • ディレクター:今枝浩司
  • プロデューサー:ニック・ユウ
  • アドバイザー:ベン・ジャッド
  • ビデオ:2 Player productions
  • コンサルティング、PR、ローカライズ、コミュニティー管理:有限会社8-4(ハチノヨン)

日本語版キャスト

  • Mighty No. 1 パイロジェン:高木渉
  • Mighty No. 2 クライオスフィア:久野美咲
  • Mighty No. 3 ダイナトロン:沢城みゆき
  • Mighty No. 4 サイズミック:稲田徹
  • Mighty No. 5 バタリオン:楠見尚己
  • Mighty No. 6 アヴィエイター:森久保祥太郎
  • Mighty No. 7 ブランディッシュ:内山昂輝
  • Mighty No. 8 カウンターシェード:大塚芳忠
  • Mighty No. 9 ベック:村瀬歩
  • コール:M・A・O
  • Dr. ホワイト:諏訪部順一
  • Dr. 三田:陶山章央
  • 三田誠二郎:陶山章央
  • Mr. グラハム:子安武人
  • Dr. ブラックウェル:清川元夢
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ