Niall Ferguson

(社会)
にーあるふぁーがそん

ニーアル・ファーガソンは英国出身の歴史学者。特に帝国主義、植民地主義の研究で知られる。


1964年、英国、スコットランドのグラスゴーに生まれる。オクスフォード大学モードリン・コレッジを極めて優秀な成績で卒業し、90年代を通じてケンブリッジ大学、オクスフォード大学で研究員として活動、2000年にオクスフォード大学の政治・金融史教授となる。2002年に米国に移り、ニューヨーク大学、スターン・スクールで金融史の教授 (John Herzog Professor in Financial History)。2004年からはハーヴァード大学、歴史学教授 (Laurence A. Tisch Professor of History)。

憎悪の世紀 上巻―なぜ20世紀は世界的殺戮の場となったのか

憎悪の世紀 上巻―なぜ20世紀は世界的殺戮の場となったのか

憎悪の世紀 下巻―なぜ20世紀は世界的殺戮の場となったのか

憎悪の世紀 下巻―なぜ20世紀は世界的殺戮の場となったのか

Empire: The Rise and Demise of the British World Order and the Lessons for Global Power

Empire: The Rise and Demise of the British World Order and the Lessons for Global Power

Colossus: The Rise and Fall of the American Empire

Colossus: The Rise and Fall of the American Empire

The War of the World: Twentieth-Century Conflict and the Descent of the West

The War of the World: Twentieth-Century Conflict and the Descent of the West

The Ascent of Money: A Financial History of the World

The Ascent of Money: A Financial History of the World

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ