P・D・ジェイムズ

(読書)
ぴーでぃーじぇいむず

Phyllis Dorothy James White(1920年〜2014年11月27日)
イギリス・オックスフォード生まれの推理小説家。
若くして医師と結婚、戦時中は看護婦。戦争で精神を病んだ夫を抱え、生計のため保健関連の仕事を始める。1962年に"Cover Her Face"(邦題『女の顔を覆え』)で作家デビュー。のち、公務員としては内務省の高い地位に昇り、少年犯罪など警察関連の業務を担当。
1987年CWA賞ダイヤモンド・ダガー賞(巨匠賞)、1999年MWA賞巨匠賞受賞。
社会への多年の貢献により、1991年、「ホランド・パークのジェイムズ女男爵」に叙爵。
邦訳はいずれも早川書房から。
日本では《女性探偵コーデリア・グレイ》シリーズの『女には向かない職業』が有名だが、続編の『皮膚の下の頭蓋骨』以降はアダム・ダルグリッシュ警視(のち警視長に昇進)を主人公にしたシリーズに絞られている。
ダルグリッシュ警視は80年代からTVドラマ化。日本でもビデオが販売され、ミステリ・チャンネルでも放映された。
ノンシリーズのディストピア小説『人類の子供たち』は2006年に映画化された。

  1. 《詩人捜査官アダム・ダルグリッシュ》シリーズ
    • 女の顔を覆え Cover Her Face (1962)
    • ある殺意 A Mind for Murder (1963)
    • 不自然な死体 Unnatural Causes (1967)
    • ナイチンゲールの屍衣 Shroud for Nightingale (1971)*
    • 黒い塔 Black Tower (1975)*
    • わが職業は死 Death of an Expert Witness (1977)
    • 死の味 A Taste for Death (1986)*▲
    • 策謀と欲望 Divices and Desires (1989)
    • 原罪 Original Sin (1994)
    • 正義 A Certain Justice (1997)
    • 神学校の死 Death in Holy Orders (2001)
    • 殺人展示室 The Murder Room (2003)
    • 灯台 The Lighthouse (2005)
    • 秘密 The Private Patient (2008)
  2. 《女性探偵コーデリア・グレイ》シリーズ
    • 女には向かない職業 An Unsuitable Job for a Woman (1972)
    • 皮膚の下の頭蓋骨 The Skull Beneath the Skin (1982)
  3. その他
    • 近未来SF『人類の子供たち』The Children of Men (1992)(邦訳は文庫化の際『トゥモロー・ワールド』に改題)
    • 実在の事件を基にした共作『ラトクリフ街道の殺人』
    • ノン・シリーズ『罪なき血』Innocent Blood (1980)
    • ジェイン・オースティンによる『高慢と偏見』の続編『高慢と偏見、そして殺人』Death Comes to Pemberley(2011)

 *CWA賞受賞作品 ▲マカヴィティ賞受賞作品

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ