RASIS

(コンピュータ)
れいしす

コンピュータシステムに置ける評価指標の一種。
"RASIS"とは、それぞれの評価要素の頭文字を組み合わせたものであり、「信頼性(Reliability)」「可用性(Availability)」「保守性(Serviceability)」「完全性(Integrity)」「安全性(Security)」の五項目とされている。

  • 「信頼性(Reliability)」:故障のしにくさ
  • 「可用性(Availability)」:どのくらいシステムを利用できるか(=稼働率)
  • 「保守性(Serviceablity)」:障害に対する修復の早さ
  • 「完全性(Integrity)」:システムの正確さ
  • 「安全性(Security)」:システムのセキュリティ面

特に最初の3項目は重要視されており、評価指標として用いられることが多い。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ