REPL

(コンピュータ)
れぷる

Read-eval-print loopの略

字のごとく読んで評価して表示して繰り返す。対話型評価環境を指す。ただし、インタープリタと同義ではない。
多くの関数型言語やスクリプト言語では利用出来る。たとえば:

  • Common Lisp (Common Lispではデバッグ環境も同時に備えている。emacsに組み込まれたslimeもこれに当たる。)
  • Emacs Lisp (ielm)
  • Ruby (irb)
  • Python (ipython)
  • Scheme処理系
  • Haskell (hugs, ghci)
  • OCaml
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ