SLBM

(一般)
えすえるびーえむ

Submarine Launched Ballistic Missileの略。潜水艦発射弾道弾(ミサイル)と訳される。
名前の通り、SSBN(戦略原潜)に搭載されている、弾道飛行する核ミサイルのこと*1。ICBM、戦略爆撃機と並ぶ戦略核三本柱の一。
海中を自由に移動する秘匿性の高い潜水艦から発射されることから、精度・威力の点では他の2本に一歩を譲る*2ものの、生存性の高さはそれらを補ってあまりあるメリットである。
もちろん発射は自らの所在を暴露することに繋がるし、また、水中にいる以上は指揮統制の面でも不利である。このため、他の戦略核とはやや性質が異なり、主に受け身の、最後の報復戦力として整備されている*3

各国のSLBM

  • アメリカ*4
    • ポラリス
    • ポセイドン
    • トライデント
  • ソヴィエト
    • SS-N-4(R-13)
    • SS-N-5(R-21)
    • SS-N-6(R-27)
    • SS-N-8(R-29)
    • SS-N-17(R-31)
    • SS-N-18(R-29R)
    • SS-N-20(R-39)
    • SS-N-23(R-29RM)
  • 中国
    • CSS-N-3(JL-1)
    • CSS-NX-5(JL-2)
  • フランス
    • M-4
    • M-20
    • M-45

動画

*1:言うまでもなく、潜水艦発射巡航ミサイル(SLCM)とはまったく色合いの異なる兵器である

*2:ために、SLBMでは通常は硬化目標を破壊できないとされる。ただし、アメリカのオハイオ級の搭載するトライデントII型SLBMは、精度向上により硬化目標の破壊能力を有しているとされる

*3:一応、全面核戦争を行う場合に、敵国近海まで進出させた戦略原潜からSLBMでいきなり奇襲攻撃を仕掛ける、というシナリオがないわけではないが

*4:イギリスはアメリカから技術提供を受けてこれらのミサイルを配備している

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ