SuperH

(コンピュータ)
すーぱーえいち

日立製作所が開発し、現在は主にルネサステクノロジで生産されている純国産の32ビットマイクロコンピュータ。
用途により、組み込み用のSH-1,SH-2からメディア処理向けのSH-3〜SH-5まであり、DSP機能付きなどのバリエーションがある。
(ただし、SH-5はまだ量産されていない)

  1. SH-1  :最初にリリースされたもので、主に組み込み用
  2. SH-2  :SH-1の乗算機を改良したもので、主に組み込み用だが、セガサターンに使われた
  3. SH2-DSP :SH-2にDSP機能を追加したもの
  4. SH-2E  :SH-2に単精度の浮動小数点演算ユニットを追加したもので、主に自動車向け
  5. SH-2A  :SH-2をスーパースカラにした新世代CPU
  6. SH-3  :MMUをサポート、WindowsCEが動作
  7. SH3-DSP :SH-3にDSP機能を追加したもの
  8. SH-4  :画像処理エンジンと、倍精度浮動小数点ユニットを追加、ドリームキャストに採用された
  9. SH-4A  :600MHz動作を実現した新生代CPU
  10. SH-5  :メディア処理向け命令を大幅に追加したが、製品化されていない
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ