Wnn

(コンピュータ)
うんぬ

かな漢字変換システムの一。中国語や韓国語なども入力できるため、より正確には多言語入力システムの一つである。
京都大学、オムロン株式会社、株式会社アステックによって共同開発され、おもにUNIX/Linuxシステムで採用されている。
フリー版と、オムロンソフトウェアが開発・販売している商用版がある。近年は携帯電話やPDAなどにも「モバイルWnn」「AdvancedWnn」などとして採用されている。
なお「Wnn」の名称は、ワークステーションにおいて連文節変換機能が一般的でなかった当時、このシステムが「Watashino Namaeha Nakanodesu」(私の名前は中野です)を一括変換できることを目指して開発されたことから、その文字列の頭文字を取ってつけられた。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ