XIII機関

XIII機関

(ゲーム)
じゅうさんきかん

キングダム ハーツ シリーズに登場する架空の組織。

XIII機関とノーバディ

強い心を持つ人間が心を失った際、稀にノーバディという存在が生れる。
特に強い心を持つ者の場合は、人間の頃の面影を残したままノーバディとなることがあり、XIII機関はそうした13人のノーバディで構成されている。
全員が黒いコートに身を包んでおり、滅多にフードから顔を出すことはない。
キングダムハーツを手に入れ、完全な存在になるべく暗躍する。

構成員(ネタバレ注意)

各構成員の名は、人間であった頃の名(アルファベット)に異端の証である『X』の文字を足してアナグラムにしたものとなっている。*1
また、構成員のナンバーはそのメンバーが機関に加わった順番であり、決して強さの順ではない。
末尾に(※)の付いているメンバーは『キングダム ハーツ チェイン オブ メモリーズ』にて撃破され消滅したメンバー。

  1. 『狭間の指導者』ゼムナス(Xemnas)
  2. 『魔弾の射手』シグバール(Xigbar)
  3. 『旋風の六槍』ザルディン(Xaldin)
  4. 『いてつく学究』ヴィクセン(Vexen)(※)
  5. 『静かなる豪傑』レクセウス(Lexaeus)(※)
  6. 『影歩む策士』ゼクシオン(Zexion)(※)
  7. 『月に舞う魔人』サイクス(Saix)
  8. 『踊る火の風』アクセル(Axel)
  9. 『夜想のしらべ』デミックス(Demyx)
  10. 『運命を賭す者』ルクソード(Luxord)
  11. 『優雅なる凶刃』マールーシャ(Marluxia)(※)
  12. 『非情の妖姫』ラクシーヌ(Larxene)(※)
  13. 『めぐりあう鍵』ロクサス(Roxas)
  14. シオン(Xion)*2

*1:ゼムナスは本来の名前ではなく“Ansem”から。シオンは“No.i”から。

*2:「キングダム ハーツ 358/2 Days」に登場。

新着ブログ: XIII機関