arcsin

(サイエンス)
あーくさいん

 \arcsin xは,「サインの値がxになるような角」を返す関数.なお,関数値を一意に決定するため,ふつう値域は-\frac{\pi}{2}\le\arcsin x\le\frac{\pi}{2}に限定される.
 たとえば,\arcsin \frac{1}{\sqrt{2}}=\frac{\pi}{4}\arcsin 1=\frac{\pi}{2}のようである.
 
 定義から当然.合成関数\arcsin (\sin x)=x(恒等関数) である.
 \arcsin xのことを\sin^{-1}xとも書く.このときこれは\frac{1}{\sin x}とは区別されなければならない.\frac{1}{\sin x}はふつう\rm{cosec} x\csc xのように書かれ,コセカントと読む.余割ということもある.

リスト::数学関連

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ