dnsbl

(コンピュータ)
でぃーえぬえすびーえる

DNS-based Blackhole List の略。

DNSBL は、元々は迷惑メール、すなわち spam の送信元或は中継を行うホストの IP アドレスを収集したデータベースであった。なお、 RBL は MAPS LLC の登録商標であり、 DNSBL サービスの一つである。
最近では、迷惑メールに限らず、掲示板スパムやトラックバックスパム等を送信するホストの IP アドレスを収集したものも台頭し、普及しつつある。
したがって、現在の DNSBL とは、「迷惑なメッセージを送信するホストの IP アドレスを収集したデータベースで、 DNS のプロトコルを用いて IP アドレスの白黒を調べられるもの」であると解釈すると良いだろう。

以下、メール受信サーバにおける DNSBL の利用の一例を挙げる。
メール送信サーバがメール受信サーバへメールの送信を行おうとすると、メール受信サーバはメール送信サーバの IP アドレスを DNSBL サーバに対し DNS のプロトコルで問い合わせを行う。
DNSBL サーバはメール受信サーバに対し、当該 IP アドレスがデータベースに存在するか否かを返答する。
もし、データベース(ブラックホールリスト/ブラックリスト)にあれば、メール受信サーバはメール送信サーバに対し、メール受信を拒絶する。

多種多様の DNSBL が存在し、登録及び抹消のポリシーも各々異なる。
したがって、 DNSBL は良く吟味して利用する必要がある。

なお、 SpamAssassin のように、受信を完了したメールのヘッダから送信元ホストと思しきホストの IP アドレスを抽出して、 spam 判定に組み入れる利用方法もある。

http://en.wikipedia.org/wiki/DNSBL

上記 Wikipedia の文章を一部引用する。

"The proprietary term RBL is sometimes erroneously used in place of the generic DNSBL. RBL is a service mark of MAPS LLC. Some pieces of mail software have configuration parameters for the use of "RBLs" or "RBL domains", used to set the DNSBLs that the software should use. This may be trademark dilution."

「登録商標名 RBL は、時々一般的な DNSBL の代わりに誤って使われる。RBL は MAPS LLC の サービスマークである。幾つかのメールソフトウェアの部分には、ソフトウェアが設定する項目の名称として DNSBL を利用すべきところ、設定パラメータに「RBLs」または「RBL ドメイン」の使用が見受けられる。このことは、商標の希釈化を招く。」

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ