OPML

(コンピュータ)
おーぴーえむえる

アウトライン・プロセッサ・マークアップ言語(Outline Processor MarkupLanguage)

元々は文書のアウトライン構造の情報を、異なるOSや異なる環境で交換できることを可能とするための規格であった。
現在は、お気に入りのリストを定義するのによく使われている。
XML1.0をベースとして記述されている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ