Hatena::ブログ(Diary)

いつでも人生、明るい方を眺めていこうや このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-07-18 (Mon) 海の日

Ayukata2016-07-18

『7th Sea: Second Edition』(John Wick Presents)

『7th Sea: Second Edition』(John Wick Presents)を含むブックマーク

  1. 『7th Sea: Second Edition』の世界
  2. 『7th Sea: Second Edition』のキャラクタ、成長
  3. 『7th Sea: Second Edition』の武器
  4. 『7th Sea: Second Edition』の判定

ここ最近、1版の『7th Sea』で遊んでおり、またそろそろ、だいたい7/20ごろには2版の物理媒体での販売も開始*1されるということもあって、7月だし海の日だし丁度いいかと『7th Sea: Second Edition』のことを書いてみる。

さて当初、ドラフトであれベータ版であれ、2版の実物を目にしていたなかったころには、いや実際には2版を目にした当初も、1版の続き物だと思っていた。『Cyberpunk』(R. Talsonian Games)のように数十年後の世界かな*2、と思っていたのだ。新興国家が生まれていても、ただ独立を果たしたのかな、くらいの認識でいた。

ところが実際は、歴史や地形、舞台設定なども、似通ってはいものの1版のころから一掃されてまったく新しい世界になっていた。あわせてルールもガラリと変わった。思い切ったことするなぁ、と思ったが、結構固定層のファンがいるようなので、仕切りなおすことによって新規ユーザが入りやすくなる意味もあるのだろうか。そしてその上で作者がやりたかったこと、そこについてはブレていないので、だから「Second Edition」を名乗るのだろう。

それは何かというと、近世に足を踏み入れ民衆に国家意識が生まれ始めたこの時代、旧大陸の外へと大きく乗り出す大航海時代の舞台で、名だたる悪漢、未知の新大陸国内外陰謀、海を行く海賊、そうした諸々に剣術や魔術、知恵や侠気で立ち向かう冒険活劇*3なのである

まりは1版でも2版でも、世界が変わろうがルールが変わろうが、やはり『7th Sea』は『怪傑ゾロ』や『三銃士』に『宝島』、新しいところだと『パイレーツ・オブ・カリビアン』を楽しむゲームということだ。

では次に、その新しくなったセアー【Théah】大陸について触れていく。

続きを読む

*1:7/20ごろには2版の物理媒体での販売も開始:電子媒体は2016/6/15に発売された。

*2:『Cyberpunk』(R. Talsonian Games)のように数十年後の世界かな:『Cyberpunk』は2013年、『Cyberpunk 2.0.2.0.』は2020年、『Cyberpunk v3』は2030年代。

*3冒険活劇:ルールブックの序文では「剣術と魔術、海賊冒険外交陰謀、学術と探検恋愛復讐」と書き出されている。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Ayukata/20160718

2016-07-16 (Sat) 冒険者、求ム in KUMAMOTO

『片道勇者TRPG』

『片道勇者TRPG』を含むブックマーク

作り直すキャラクタは、面倒なので全部同じ名前ということなので、それなら転生勇者エレコーゼという名前にしておく。携帯妖精さんの名はジャリー・ア・コネルだ。

西から闇が迫ってくる。冒険者たちは東へ向かい魔王を倒さねばならない。

さもなければ世界は闇に包まれてしまうだろう。

という、システム最初提案されているだろうシナリオだった。

非常にメンツ重要というかノリと勢いが重要というか、メンツが悪いと一気に卓が沈んじゃうんじゃなかろうかと、思ったが、そこはGM運営の妙、そして

「東の魔王? 第六天魔王か?」

「いや九州的にはラスボス秀吉の方が魔王かも」

魔王代替わりか!」

などと会話も盛り上がるなど同卓した方々も非常に楽しい方々で、一日楽しく遊べた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Ayukata/20160716

2016-06-02 (Thu) 『7th Sea 2nd』

『7th Sea 2nd』

『7th Sea 2nd』を含むブックマーク

プレビューが届いたのでツラツラと読み進めると結構相違点があったので、それをまとめてみた。

正直、そんなもの日本語話者でだれが必要としているのかさっぱり解らんのだが、まあ何かの役に立つ日もあるかもしれない……。

相違点

相違点を含むブックマーク

世界設定

1stの時は三日月帝国*1だった土地に、新国家であるサマルティア連邦*2が生まれた。それも独立したのではなく、昔から居ましたけど、何か?って体で生まれた。

またウルスラ*3だった土地が大分減り、東方はキャセイ*4になった。

キャラ作成

これは別に書いてみる。

技能

1stでは技能を獲得すると、それに付随する基礎技術を獲得でき、経験値で向上させるのはこの基礎技術あったり、追加で獲得/成長できる上級技術であった。

例えて言えば【技能犯罪】を取ると、〈隠密〉〈尾行〉〈ギャンブル〉〈はったり〉が各1点手に入る。また経験値で上級技術である〈不意打ち〉〈いかさま〉〈錠開け〉〈すり〉〈手妻〉などを個別に獲得、成長させられる。

それが2ndでは無くなった。技能単純化・一本化され、成長させるのは技能だけとなった。そういったものはすべて1つの技能管理をする。ということである

また3ランク以上に成長させると、判定時にボーナスも付くようになった。単純に判定の際にダイスが増えるだけではなく、判定に有利になるような効果が付くようになったのは、あまり見ないシステムで楽しみではある(煩わしさが増えただけのような気もするが……

判定

1stの時は能力値+技術値であり、技術技能に変わったが、ダイスプールの算出方法自体は同じで、能力値+技能である

ロールは同じだが、判定方法が、そしてレイズが大きく変わった。

1stでは「能力値+技術値」d10を振り、そのうち能力値の数のダイス有効として合計する。また10が出れば、新規に1d10を振り足して、最終的にその合計値が目標値を超えたかどうかで見極めをした。

またレイズと言って、GMから指定された目標値をあらかじめ判定前に5ずつ上昇させることによって、より高度な目標を設定できた。例えば雑魚相手にした戦闘で雑魚の防御値が15点の場合、何も宣言しなければダイス目合計が20であれ30であれ倒せるのは1人だけど、あらかじめ1レイズ宣言目標値を20した場合成功すれば2人同時に、2レイズで25にして成功すれば3人同時に倒せる。

そういう風にヒロイック、ないしは活劇的な行動をするには、あらかじめ自分で判定難易度を上げなくてはならなかったが、判定方法に合わせてそこも改められた。

2ndでは「能力値+技術値」d10を振った後、出た目の組み合わせで幾つ「10以上」を作れるかで判定を行う。またその「10以上」の数をレイズと呼ぶ。

例えば「敏捷:3」「船乗り:3」の人間が、嵐の中でマストを急いで上りあがるとする。6d10を振り、出目が10、9、8、4、2、1だったとする。この場合、3レイズ成功となる(10、9+1、8+2、4は10に満たない)。そして1レイズで通常の成功を獲得、2レイズ目以降で追加の効果を獲得する、といった風になる。

何だか先日遊んだ『Can't Stop』ってゲームを思い出しつつも、追加ダイスを振って足して*5いったり、先にレイズ宣言する煩わしさを考えるとアリなのかなぁ。まあ、ここはゲームしてみないと良し悪しの感想は言いにくい。

*1:三日月帝国:オスマン帝国に相当。

*2:サマルティア連邦:ポーランドに相当。フッサールとかがいる。

*3ウルスラ:ロシアに相当。

*4:キャセイ:中国に相当。

*5:追加ダイスを振って足して:いや上方無限は楽しいのだけど。

BogusMagusBogusMagus 2016/06/05 13:03 PDF 自体では無く、フォーラム等の情報を読んだだけですが……
移行するとか、一部採用する、とかそう言う感じでは無いような気がします。
*設定
国が増えている、とかは誤魔化しが利くような気がしますが、
既存の国の変更は苦しそう。
Eisen にSorcery がある、とか。
* ルール
だいぶストーリーテリング/ナラティヴ・ゲーム寄りになったようですね。

BogusMagusBogusMagus 2016/06/05 13:05 何はともあれ、紹介ありがとうございます。

AyukataAyukata 2016/06/06 12:10 というか歴史も違ってました。2ndじゃあモンターニュがカスティーユに侵略しかけて撃退されてますね。WoDとnCoDみたいな感じでしょうか。まあ新しいシステムを旧版世界に対応させるのは可能かとも思いますが。

AyukataAyukata 2016/06/06 12:15 アイゼン魔術は……、一応大部分の土地で違法らしいですが、アンデッドの多い土地では対抗手段として生き延びてるそうです。ただその技で「膏薬」を作るのですが、その材料が死体と何か、なのでグロいです。

AyukataAyukata 2016/06/06 12:17 あとアイゼン魔術を使うと暗黒面に堕ちやすかったり(そりゃそうだ)、Dracheneisenは魔術持ちに対して+1 woundだったりするので危険ですね

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Ayukata/20160602

2016-05-14 (Sat) 『Werewolf: the Apocalypse』

Ayukata2016-05-14

『Werewolf: the Apocalypse』

『Werewolf: the Apocalypse』 を含むブックマーク

今回の『Werewolf: the Apocalypse』はサンフランシスコでの【Rite of Passage】回。

サン・フランシスコに現れたシャドウ・ロードの一行。1人の真っ白な、肌も毛も真っ白な子供を連れている。この忌腹の【Rite of Passage】を執り行うのだという。

日傘を差したゴスロリ男の娘のアルビノという積載っぷりにどよめく他PCをよそに、丹念に丁寧に彼は1人のキンフォークとの関係を築いていく。そのキンフォークから訓練を受け戦闘技術を磨いてもらい、その家で生活をし、家族にも愛され、暖かい食事をともに食べる。

そして【Rite of Passage】。

一同の前にはロープで大きな円が描かれ、その中央には一丁の銃が置いてあった。そして銃を挟み、距離を置いて対峙する仔とキンフォーク。

シャドウ・ロードのアルファが淡々と説明する。曰く、勝者は受け入れられ、敗者は庇護を失う。

顔面蒼白になり震えるキンフォークに、悩む忌腹。仔とはいえガルゥにキンフォークが勝てるはずない*1が、アルファの声で決闘は始まる。

終始圧倒され意識朦朧となったキンフォークに、忌腹は降参するよう勧める。しかしキンフォークは最後の教えを呟き、忌腹は彼を殴り倒し、大人となった。

*1:ガルゥにキンフォークが勝てるはずない:サミュエル・ハイト「? そんなことないよ」

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Ayukata/20160514

2016-05-07 (Sat) パンデミックの日

パンデミックの日

パンデミックの日を含むブックマーク

  • 『Lost Tales of CTHULHU: Dunwich』
    • 3戦やって、ちょうど3種類全部の勝利条件を確認できた。
    • 最初の2戦は勝利。最後の1戦は敗北。
  • 『パンデミック』4戦、4月、5月上下旬、6月
    • 不安定な都市があるにはあるが、いまだ世界は平静を保っている、……ただ1つ、シドニーを除けば。もうだれもシドニーのことを話すものはいない……。
    • さすがに連続で勝ち続けるのは難しく、5月で1敗。これで2敗目。しかし下旬は勝利し、今のところシナリオ単位で言えば敗北なく、ゲームは順調に進んでいる……はず、……シドニーを除けば。
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Ayukata/20160507
1001 | 01 | 02 | 03 |
1973 | 01 | 11 | 12 |
2001 | 04 | 05 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 |
2015 | 01 | 05 | 07 | 10 | 11 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 |