3D小説 岡田アユミ

2013-05-03

Scene12 2/3


 抱き上げてみると、モップは想像よりもずっと細く、軽かった。
 モップはまったく抵抗しなかった。軽く私に抱きつき、耳元で鳴き声をあげた。ノートに触れるか、触れないか、ぎりぎりの高さを動かして書いた線みたいな。細く、途切れがちな鳴き声だった。
 鳴き声は、言葉とは違った方法で情報を伝える。
 彼はお腹が空いているのだ、とわかった。
 もちろん私は、食べ物なんて持っていなかった。でも、うちの冷蔵庫にはまだ、昼食の残りが入っているはずだ。
 ――この犬は私が助けなきゃいけない。
 理由なんてない。でも、強く確信していた。
 私はモップをベンチに座らせる。
「待ってて。ここで」
 そう言い聞かせて、立ち上がる。
 駆け出した。


back← 共通 →next



















. 

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証