ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Chikirinの日記 RSSフィード

2011-10-28 「思考と分析」、その微妙かつ決定的な違い

今日は新刊『自分のアタマで考えよう』 の発売日なので、それを記念して、「考える」とはどういうことか、具体的に書いてみます。

自分のアタマで考えよう
ちきりん
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 2,304


→ Kindle 版

→ 楽天ブックス


「考える」とよく混同されるのが「分析すること」です。

「分析=思考」だと思っている人もいます。

膨大なデータと格闘し、徹夜で分析をして、後から「あー、よく考えた!」と思う人もいます。

確かに、思考の前段階にはしばしば分析が必要となります。でも、このふたつは違うことなんです。

次の例を見て下さい。


インプット=情報(データ)

・去年の市場規模 100億円

・今年の市場規模 180億円


アウトプット

分析の結果=「市場規模は、前年比 8割増となった」

思考の結果=「市場規模は、前年比 8割増と、急激な伸びとなった」


アウトプットの二つの文章。言葉としてはびみょーな違いですよね。

耳で聞いただけだと、違いに気がつかず、聞き逃してしまいそうです。

でも、この二つの文章は天と地ほど違います。

最初の文章は「分析の結果」について述べており、二番目の文章は、分析に基づいて自分が考えたコト、すなわち、「思考の結果」を述べているんです。


最初の文章、「市場規模は、前年比 8割増となった」は、誰が前年比を計算しても同じ結論に至ります。

割り算を習ったばかりの小学生でも同じことが言えるでしょう。

ここでは 100億円と 180億円という超簡単な数字で例示していますが、これがもし徹夜が必要なくらい複雑で大量なデータの処理結果であっても同じです。


誰がやるかによって最終的な結果が異なることがあるって? 

それは、最適な分析方法を知らなかったり、計算ミスをする人がいるというだけの話です。

もしくは「巧い方法で、より短い時間で分析が終わる」人もいるでしょう。

それらはすべて「分析の巧拙」の話であって、いずれにせよ「分析」の領域をでていません。思考とは違うんです。

また、分析結果をグラフ化することも、思考ではありません。

それは「分析結果のビジュアル表現」に過ぎず、そのグラフは誰が作っても同じになります。


一方、二番目の文章である「市場規模は前年比 8割増と、急激な伸びとなった」という文章は、誰でもこの結論に到達するわけではありません。人によって言うことが変わりえるのです。

もしこれが、急速な拡大を続ける中国やインドの市場で、大半のモノの売上が前年比 300%〜 800%で伸びていたら、たとえ分析結果が同じでも、思考の結果は「市場規模は前年比 8割増と、比較的低い伸びにとどまった」となるでしょう。

もしもこれが「既存の売れ筋商品の改良版の発売により、昨年比倍くらいはいくかなーと予想されていた商品の話」であれば、「前年比 8割増とやや低めながら、ほぼ予想通りの結果となった」です。

このように、分析結果はまったく同じでも、売上を「 500億円はいくだろう!」と予想(期待)していた人と、「せいぜい 50億円くらいのはず」と予想していた人では、思考の結果は 180度、違ってくるはずなのです。


つまり最初の言葉とは異なり、二番目の言葉を口にするためには、分析結果にたいする自分自身の意見をもつ必要があるってことです。

そして、その自分自身の意見を「思考」と呼ぶのです。


別の言葉でいえば、二番目の文章には、最初の文章には無い「価値判断」が含まれています。

価値判断が含まれているということは、発言者が「自分の基準」を持っていることを意味します。


「 8割増加」という(誰がやっても同じになる)結果を、自分の基準に照らして「どう判断するのか?」という、個人の思考結果が言葉に反映されている。

ここがまさに人間でなければ言えない部分であり、また、人によって結論が異なってくるところです。

この部分が言えなければ、「オレは考えた!」とは言えないんです。


もう一度、最初の二つの文章を見て下さい。

「市場規模は、前年比 8割増となった」

「市場規模は、前年比 8割増と、急激な伸びとなった」


本当にわずかな差です。

わずかではありますが、決定的な差です。

前者には「情報」しか含まれておらず、後者には「人間の考え」、「発言者の判断」が含まれています。


この微妙ではあるけれど決定的な意味の違いを理解し、常に二番目の言葉が口から出るまで考えていないと、単なる分析屋になってしまいます。

また、誰かと話をしている時に相手の言葉を注意深く聞いていれば、最初の言葉でしか話さない人と、二番目の文章で話す人がいることに気づきます。

その違いから、その人が本当に考えているのかどうか、浮かび上がります。


★★★


実は、このブログをずっと読んでいるという方は、既にこの二つの違いを理解されています。

なぜなら「ちきりんの日記がオモシロイ」といっていただける最大の理由は、私が常に、二番目の文章を書いているからです。


「高齢者が○%増えています」「日本市場はこれから縮小します」「若年層の失業率は○%です」ではなく、

若者、アウトっ!

   ↑

価値判断を含み、人によって意見の違う部分=思考の結果)


「 3000万円の住宅ローンの利子は○○万円です」「何らかの理由で、その地域に 35年も住めない可能性だってあります」「会社員の収入は、過去○年、伸びるどころか減っています」だけではなく、

10年以上のローンはダメです!

   ↑

価値判断を含み、人によって意見の違う部分=思考の結果)


このように、このブログには、情報や知識、その分析結果としてのグラフや情報のまとめだけではなく、「ちきりんの思考結果」が書かれており、読者はそれを見たくてこのブログを訪れるのでしょう。

誤解の無いように。私が言いたいのは「ちきりんの考えが正しい! すごい! だから読者が多いのだ!」ではありません。

そうではなく、たとえどんなに稚拙な考えであっても、どんなにぶっとんだ考えであっても、(誰がやっても同じになる)単なる分析結果なんかより、人によって異なる「誰かの思考」の方が圧倒的におもしろいし、価値はまさにそこにあるのだと言うことです。


「考える」という概念自体を理解するこは、思考力や問題解決力を習得するための第一歩です。

最初のふたつの文章を(解説なしで)見た時に違いがわからなかったら、思考のスタートラインに立てていません。

正しく考えるとか、巧く考えるの前に、まずは「考えるとはどういうことか?」を理解する必要があります。


というわけで、本日発売

自分のアタマで考えよう
ちきりん
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 2,304


→ Kindle 版

→ 楽天ブックス


学生の方、新社会人の方、仕事や人生のために「考える」方法論を学びたい、すべての方のお役に立てる本になったと思います。(キンドル版も出ています!)


そんじゃーね


http://d.hatena.ne.jp/Chikirin+personal/  http://d.hatena.ne.jp/Chikirin+shop/