つぶやく つぶやき・・・


2016-09-22 近 秀樹 ジャズピアノトリオの夜。。。

[]近 秀樹 ジャズピアノトリオの夜。。。 07:16

9月19日の夜。。。祝日だが月曜日

ホールは定休日返上でオープンした。

近 秀樹さんのジャズコンサートの夜だったからだ。

近 秀樹(P)鷲見 和広(B)中野 圭人(Ds)

f:id:Enka:20161002064734j:image:w360

大阪ロイヤルホースで、同じメンバーのトリオを聴いたのは8月6日こと。

是非来ていただきたいと話をまとめ、

わずかか1か月でコンサートなった。

f:id:Enka:20161002064807j:image:w360

実は、この3月にオープン以来、初めてのピアノトリオ・・・

とい言うよりも、ドラムセットが初めて鳴らされる日なのだ。

このホールでは、アンプラグドが似合うはずと

近さんには、そうお願いしていた。

リハサールの中で、コントラバスに少しアンプを足したが

4面あるカーテンをすべて引き出し、本番に臨むこととなった。

f:id:Enka:20161002064808j:image:w360

ダブルアンコールでよびだされるほどの好演奏だった。

近さんは最後に「枯葉」で応えてくれた。

そして、来春には、また来ますとと、

ステージから約束して、ピアノトリオの夜は終わった。


ホールの音響設計をお願いした内田音響設計室

内田さん(写真:右端)が駆けつけてくれていた。

この夜の演奏を内田さんが、専門家らしい言葉で表現してくれた。

ピアノのひとつの音が消えるようとする際に、新しい音が綺麗に重なって聴こえます。

 マイクで拾うのは難しく、また綺麗な響きの箱でないと聴こえないのです。

 ドラムも抑えのきいた演奏で、いいバランスでした。」

f:id:Enka:20161002064733j:image:w360

初めてホールにきた男性のお客様、

お帰りに、次のジャスコンサートをご予約いただいた。

こんな嬉しいことはない。

次回のジャスコンサートは、10月30日(日)夜

ニューヨーク !オータム・ジャズ ボッサ〜スタンダード&ナウ

https://www.facebook.com/events/1362829427079009/



クリック→にほんブログ村 音楽ブログへ

2016-09-16 殿様気分でクラシック ●五十五万石コンサート

[]殿様気分でクラシック ●五十五万石コンサート 15:46

今朝の朝日新聞和歌山版の【ときめく★楽音生活】

殿様気分でクラシック ●五十五万石コンサート

f:id:Enka:20160916154513j:image:w360

デジタル版:http://www.asahi.com/area/wakayama/articles/MTW20160916310150001.html


クリック→にほんブログ村 音楽ブログへ

2016-09-01 演歌歌手・宮本静さん 歌で古里の魅力、再確認

[][]演歌歌手・宮本静さん 歌で古里の魅力、再確認 09:32

2016年8月30日付

毎日新聞和歌山版の音WAKAで紹介されました。

f:id:Enka:20160901093221p:image:w360

http://mainichi.jp/articles/20160830/ddl/k30/200/453000c

演歌歌手・宮本静さん 歌で古里の魅力、再確認

今年6月にメジャーデビュー1周年を迎えた紀の川市在住の演歌歌手、宮本静さん。インディーズ時代から、「和歌山の魅力を歌い上げよう」と、和歌山の名所や偉人を題材にした楽曲を製作し、「ふるさと癒やし歌」と銘打って歌ってきた。現在は、450年以上の歴史があるといわれる田辺市の闘鶏神社の例祭「田辺祭」を題材として、17番目の歌づくりに取り組んでいる。

 宮本さんがふるさと癒やし歌を発表し始めたのは2010年。以降、「和歌山ラーメンの歌」などオリジナルやカバー曲を年に3曲ほど発表し続けている。

 メジャーデビュー曲は「我が名は青洲」は、現在の紀の川市出身の医師華岡青洲(1760〜1835年)がテーマ。妻加恵らを実験台に麻酔薬「通仙散」を完成させるなど日本の医療を切り開いた青洲の人生や、志を歌う。

 大きな成果に対し、夫婦は加恵の失明という代償を支払った。宮本さんは「(歌詞の)<難病治した里人を せめて見せたい 加恵の目に>という部分に青洲の夫婦の『絆』を感じる」と指摘。「100年歌い継がれる曲になりました」と語った。

 明るく軽快な曲にのせて紀の川市の粉河祭りを歌う「門前町は恋の町」は、作詞家の故・星野哲郎さんが約20年前にテレビ局の企画で歌詞を書き下ろした。曲はヒット曲「きよしのズンドコ節」で知られる作曲家水森英夫さんがつけた。名曲だったがCD発売されず「幻のご当地ソング」と言われていた。

 再び光が当たったきっかけは、宮本さんが知人から「長年歌われていないご当地ソングがある。ぜひ歌ってほしい」と依頼されたこと。宮本さんは地元の協力を得て、住民が保管していた譜面にたどり着き、復活させた。「歌うほど『古里にこんな魅力があったんだ』って再確認できるんです」

 小学4年生の時、父の仕事の関係で大阪から紀の川市に移り住んだ。幼い頃から歌うことが大好きで、県内外のカラオケ大会に出場。NHKのBS勝ち抜き歌謡選手権で優勝したこともある。結婚などで一度は歌手を諦めたが、「歌っている自分が一番自分らしい」と、歌の世界に飛び込んだ。「これからもふるさと癒やし歌を軸に、心を込めて歌いたい」【最上和喜】


クリック→にほんブログ村 音楽ブログへ

2016-08-29 及川眠子「破婚」出版記念トーク&黒住憲五ライブ パーティ

[]及川眠子「破婚」出版記念トーク&黒住憲五ライブ パーティ 07:02

8月26日の夜。。。

及川眠子さんの話題の新刊「破婚」

その出版記念パーティがLURUHALLでおこなわれた。

眠子さんのトークショー

黒住憲五さんが弾き語りで華を添えてくれた。

f:id:Enka:20160901063756j:image:w360

トークショーは、尋ねられればなんでもお答えしますという

眠子さんらしいスタイルでおこなわれた。

ストレートとかシンプル以上の答えっぷりに

客席はため息や歓声や拍手やらで盛り上がる。

なぜ黒住さんといふこともご紹介いただき

(本を読めば、わかることですが)

黒住さんのミニライブがはじまった。

甘い歌声、AORサウンドはこのホールによく合った。

f:id:Enka:20160901063755j:image:w360

「SAKURA MAGIC」という

(作詞:及川眠子 作曲:黒住憲五)

来春リリースされる相応しい曲で締めくって

眠子さんのサイン会と撮影会に・・・

丁寧なサインと落款、そして握手付だ。

黒住さんのCDも良く売れていたようだ。

f:id:Enka:20160901063757j:image:w360

2012年の及川眠子展以来の眠子さんは

プロフェショナルな職人(本人談)として

さらに一段と高い領域を目指していくようだった。


クリック→にほんブログ村 音楽ブログへ

2016-08-28 ”歌碑ものがたり”に「和歌山ブルース」

[]”歌碑ものがたり”に「和歌山ブルース07:37

26日に、MBS・TVちちんぷいぷい

”歌碑ものがたり”「和歌山ブルース」が放映された。

早速番組をご覧になったというご夫婦が、

大阪から、ちょびっとミュージアムにお越しになられた。

f:id:Enka:20160828121149j:image:w360

あいにく、品切れとなっていた

復刻版MEG-CDの古都清乃さん「和歌山ブルース」を

弊店から、急ぎ作り、お届けさせていただいた。

花山温泉に入り、和歌山ラーメンで昼食をすませたご夫婦には

いいお土産になったようだ。

D



クリック→にほんブログ村 音楽ブログへ</a

2016-08-16 竹房橋の万燈会MANTOUE

[]竹房橋の万燈会MANTOUE 14:34

f:id:Enka:20160816142524j:image:w360

晴天 綺麗な夕焼け

8月15日 お盆 終戦記念日

紀の川市・竹房橋(写真)では

15回目の平和と慰霊の祈り・万燈会が開かれた。

f:id:Enka:20160816142523j:image:w360

百合山下、当時の渡し場のあった付近には、

慰霊碑(写真上)がたち

100年前の悲劇を今に伝えている。

f:id:Enka:20160816142526j:image:w360

今年は、快という字に、明かりがともされ

100の灯籠ながしが紀の川の水面に光った。

人魚になった女学生たちの鎮魂を唄う「竹房哀歌」

宮本静さんは心をこめて歌ったようだ。

「竹房哀歌」は、大正4年9月、

紀の川で渡し舟が大雨による増水で転覆し

女学生9人の命を奪った竹房の水難事故から100年が経ち、

その事故を追悼して作られた楽曲です。

f:id:Enka:20160816142748j:image:w360

このような川原のイベントにも

紀の川市長の中村さんがご挨拶に見えていた。

それだけ地元で、大切にされているといふことだ。

<昨年の100年の記事>

竹房の水難事故から100年 8月15日 紀の川で恒例の万燈会 犠牲者しのび灯ろう流し

http://www.nwn.jp/news/2015072501take/


ふるさと”癒やし歌”のひとつ「竹房哀歌」は、

地元の百合山の自然と遺跡を生かす会の皆さんの思いを寄せて

水難事故から100年を期してCD化が実現したものだった。

ネット通販:弊店ヤフー店アマゾン


クリック→にほんブログ村 音楽ブログへ

2016-08-15 夏の風物詩・下駄市に浴衣で歌う

[][]夏の風物詩・下駄市をうたう 11:07

昨夜のこと。。。

♪からころころりん〜「黒江からころ為の女」

下駄市の夜に、古民家・黒江ぬりもの館で

浴衣姿の宮本静さんが、しっとり”ふるさと癒やし歌”を唄った。

f:id:Enka:20160816104718j:image:w360

下駄市は、黒江の漆器職人が盆休みに

新しい下駄を履いて実家に帰る慣わしがあり、

盆の薮入り前に下駄の市が立ったのが始まりとされる。

現在は、たくさんの夜店で賑わう、夏の風物詩として知られる。

「黒江からころ為の女」のからころは、下駄の音・・・

4年前、この下駄市会場で発表された、

黒江の街の景観イメージソングです。

f:id:Enka:20160816104929j:image:w180 f:id:Enka:20160816104928j:image:w180

晴天にめぐまれた、日曜の夜。。。

大賑わいの下駄市を宮本静さんは、ねり歩いた。

そして、黒江ぬりもの館で行う

「黒江からころ為の女」歌謡ショーへお誘いを重ねた。

f:id:Enka:20160816104715j:image:w360

築130年、漆職人が匠をかさねた古民家

黒江ぬりもの館の二階は一杯になった。

そして、「紀の国坂」「虎伏城のはやぶさ」など

オリジナルの”ふるさと癒やし歌”だけの歌の世界を創りあげた。

いつものファンの方も、はじめてファンになられた方も

喜んでいただけた落ち着いた歌謡ショーができたようだった。

f:id:Enka:20160816104931j:image:w360

こうして、街のみなさんに、ファンのみなさんに

宮本静さんと”ふるさと癒やし歌”が

育てられていくのが、よくわかった夜だった。


クリック→にほんブログ村 音楽ブログへ

2016-08-14 盛況!第一回ぶらくり歌謡ステージ

[]盛況!第一回ぶらくり歌謡ステージ 16:26

ポポロハスマーケット×和歌山ブルース歌碑プロジェクト

第一回は、 夏祭り!浴衣で演歌だ!盆踊り!盛況だった。

f:id:Enka:20160815160421j:image:w360

f:id:Enka:20160815160420j:image:w360

宮本静さんの”浴衣de艶歌”の第一部で幕があき

和歌山ブルース」から歌いはじまった。

ポポロハスマーケットのテーマ”夏祭り”に

浴衣姿で盆踊りの楽曲を交えて構成をするのだ。

東京音頭」や「東京五輪音頭」など

この日のために、新レパートリーに加えていただいた。

f:id:Enka:20160815161619j:image:w180 f:id:Enka:20160815161618j:image:w180

そして、和歌山ブルース歌碑プロジェクトのイベント。

出演者全員が「和歌山ブルース」を

課題曲として歌碑の前で歌い上げる。

f:id:Enka:20160815160701j:image:w180 f:id:Enka:20160815160646j:image:w180

民謡連合会の藤原さんと藤原さん  宮本静さんと上杉健一さん

第二部は、上杉健一さん”雰囲気たっぷり”

初めてという浴衣姿で、

ハスキー・ヴォイスの「和歌山ブルース」は聞き物だった。

f:id:Enka:20160815161218j:image:w360

第三部の和歌山民謡連合会さん有志は10名で参加いただいた。

民謡風「和歌山ブルース」は、三味線横笛もはいり

ザ・ピーナッツ民謡を歌ったような新感覚。

吉宗おどり」「梅音頭」「安来節」など

歌に踊りにお囃子に、お衣装の演出まで

紀州民謡の楽しさを満喫させてくれた。

f:id:Enka:20160815161220j:image:w360

f:id:Enka:20160815160716j:image:w360

f:id:Enka:20160815161223j:image:w360

f:id:Enka:20160815161222j:image:w360

フィナーレは、「ぶんだら節」で総おどり(最初の写真)

そして、記念撮影パチリ。。。

f:id:Enka:20160815161616j:image:w360

”手作り”と”ロハス”にこだわったポポロハスマーケットは

手づくり雑貨や安心安全の有機野菜、素材にこだわった

フードやドリンクなど、さまざまなお店が集合するこの地域最大の人気イベント。

毎月第二日曜日=に開催されています。

f:id:Enka:20160812083338j:image:w360

このテーマにあった歌謡ステージを随時創り出していきます。

     (毎月ではありません)

次回、共催は2017年1月8日(日)の予定です。

さて、どうなるか、とてもたのしみです!




クリック→にほんブログ村 音楽ブログへ</a

2016-08-13 海南映画まつり「見栄を張る」

[]海南映画まつり「見栄を張る」 12:55

ここしばらく、映画に熱い海南市

この2年間で、制作された3作品全て

無料で観れる海南映画まつりにいった。

f:id:Enka:20160815123012j:image:w360

定刻まえから、懐かしい地元を走る蒸気機関車

記録映画が流されていて、熱さはつたわる。


1本目は、短編「亀池のさくらひめ」

亀池は、江戸時代の治水家・井澤弥惣兵衛が造った。

春の「亀池さくらまつり」はよく知られている。

将軍吉宗に召し出されて徳川幕府の役人となった弥惣兵衛は、

関東各地の治水に名を残す。

海南出身の弥惣兵衛の功績を顕彰する・・・

クラシックギターフルートに載せて歌う

「鞠と殿様」が印象的だ。


2本目も、短編「ISHICHI(イシチ)」

http://www.yoshimoto.co.jp/sumimasu/chiiki_eiga/localmovies/2015/post-wakayama.html

吉本興業の地域発信型映画のプロジェクト、吉本と地元市民有志が制作。

吉本新喜劇青野敏行さん、落語家桂小枝さん、NMB48の西村愛華さんも出演。

「島ぜんぶでおーきな祭 第7回沖縄国際映画祭」参加。

日頃からお世話になってる海南の漆器の街・黒江が舞台。

黒江の街並みはもちろん、あっあの人と顔見知りが続々銀幕に・・・

それはそれでいて楽しい・・・


3本目は、地元初公開「見栄を張る」

クラウドファンディングもつかった長編映画だ。

https://motion-gallery.net/projects/miewoharu

和歌山で撮影合宿、大阪アジアン映画祭参加。

地域映画とは、こういふものなのか・・

全国ロードショーを目指すといふ。


三本立ての無料映画会。

幕間には、クラシックギターフルートと歌の生演奏や

吉本のご当地お笑い芸人わんだーらんどトークショーなど、

盛りだくさんの演出には、頭が下がる。

あと、ホール会場音響では、

セリフがどうしてもきつく

これは残念だった。



クリック→にほんブログ村 音楽ブログへ</a

2016-08-11 まもなく!第一回ぶらくり歌謡ステージ

[]まもなく!第一回ぶらくり歌謡ステージ 08:29

ポポロハスマーケット×和歌山ブルース歌碑プロジェクト

第一回は、 夏祭り!浴衣で演歌だ!盆踊り


今日、ステージの和風なタペストリーの試し吊をおこないました。

久方ぶりの和歌山ブルース歌碑プロジェクトのイベントです。

出演者全員がそれぞれに「和歌山ブルース」を

歌碑の前で歌い上げます!

f:id:Enka:20160812082335j:image:w360

”手作り”と”ロハス”にこだわったポポロハスマーケットは

手づくり雑貨や安心安全の有機野菜、素材にこだわった

フードやドリンクなど、さまざまなお店が集合するこの地域最大の人気イベント。

 =毎月第二日曜日=に開催されています。

ぶらくり歌謡ステージは、

ぶらくり丁が歌いこまれ、80万枚大ヒットの昭和歌謡和歌山ブルース

愛唱する市民の寄付を募り、コンペで集えるベンチ型の歌碑を建立。

この歌碑プロジェクトが企画運営する歌のステージ。

次回11月開催予定。

 名称:第一回ぶらくり歌謡ステージ@ポポロハスマーケット

      夏祭り!浴衣で演歌だ!盆踊り

 日時:2016年8月14日(日) 開演 11:30

 会場:中ぶらくり丁商店街アーケード特設ステージ

    「和歌山ブルース」歌碑広場斜め前

 出演:宮本静、上杉健一、和歌山民謡連合会有志

 参加:観覧無料

 お問い合わせ先:和歌山ブルース歌碑プロジェクト 073-431-2228

f:id:Enka:20160812083338j:image:w360

<ステージ〜歌唱予定曲>

11:30-12:00 浴衣de艶歌 宮本静

 「和歌山ブルース

 「河内おとこ節

 「東京音頭」〜「東京五輪音頭」

 「黒江からころ為の女」(下駄市)

 「門前町は恋の町」(粉河祭)

 「我が名は青洲」

12;30-13:00 雰囲気たっぷり 上杉健一

 「綾子のよさこい演歌

 「和歌山ブルース

 「雨の駅」

 「夢のゆりかご」

 「泣かないで」

13:30-14:00 和歌山民謡連合会有志10名

 「和歌山ブルース

 「吉宗おどり」

 「安来節

 「有田みかん摘み歌」 踊り付

 「梅音頭」       踊り付

 「ぶんだら節」     踊り付

<プロフィール>      

=宮本静=

島根生まれの紀の川育ち、粉河高校出身。NHK-BS「勝ち抜き歌謡選手権」チャンピオンなど多くのカラオケ全国大会での受賞を経て、2010年に「紀の川のほとりで」CDデビュー。3オクターブの音域、ジャズゴスペルも歌う演歌歌手として、ライブハウスやイベントで活動、大阪東京でも歌う。2015年、5周年記念曲「天野の恋塚」を全国発売、レコーデイングした世界遺産・丹生都比売神社で奉納歌唱。同年6月、「我が名は青洲」で、ユニバーサルミュージックよりメジャーデビューを果たす。紀州和歌山の歴史と文化を歌謡で綴る”ふるさと癒やし歌”は全16曲に。2016年は、6ケ月連続京都歌謡劇場出演、第5回石見銀山歌謡祭出演など、今後の活躍が期待されている。

=上杉健一=

千葉県生まれの和歌山在住の演歌歌手。歌謡曲のよき時代を思いおこす楽曲を雰囲気たっぷりに唄う。2011年1月に「雨の駅」(作詞:流星竜二、作曲:中島昭二)でCDデビュー2014年10月に、セカンドシングル「夢のゆりかご」「泣かないで」(作詞・作曲:しいの乙吉)を全国発売!通信カラオケでも好評配信中。また、持ち前のハスキー・ヴォイスは、前川清中条きよしのカバーでも定評がある。ぶらくり丁の「和歌山ブルース」歌碑ほど近くの「ピエロ カラオケ」(和歌山市新通6-12)を拠点として、地域に密着した音楽活動を続けている。

和歌山県民謡連合=

県下に伝承される歌を訪ね採譜、カセットや譜面に残された歌を元に復元、紀州路の民謡を歌う全国コンクールを、県民文化会館で毎年開催。こうして800以上の楽曲から、2012年には20曲を新録音し2枚目のCDとして発表。さらに、2016年10月には、3枚目をリリースする。生活から生まれた「有田みかん摘み唄」などの仕事唄、踊りそしてエネジーを開放させる「ぶんだら節」などの祭唄、宴席や余興で作られた「あしべ節」などの座敷唄など、実に様々な紀州民謡が歌い継がれている。


クリック→にほんブログ村 音楽ブログへ</a

2016-08-10 MBS・TV”歌碑ものがたり”に「和歌山ブルース」

[]MBS・TV”歌碑ものがたり”に「和歌山ブルース08:03

MBS・TVのちちんぷいぷい”歌碑ものがたり”で

ぶらくり丁の「和歌山ブルース」歌碑が取り上げられるそうだ。

近々、取材があるといふことで

和歌山ブルース歌碑プロジェクトとしてまとめてみた。

f:id:Enka:20160811080320j:image:w360

平成24年度、和歌山県文化表彰

和歌山ブルース」はじめ和歌山の歌を

永く全国に歌い続けたということで

県外出身ながら異例の文化功労賞を受賞した古都清乃さん

写真は受賞式で仁坂知事と。。


この受賞こそ、歌好き市民が進めた「和歌山ブルース」歌碑建立と

歌碑を中心にしたその後の地域&文化活動の賜物だった。


和歌山ブルース」歌碑は3つの特徴が際立ちます。

  f:id:Enka:20160811105121j:image:medium

1.作曲家吉田正先生の最初の歌碑

  国民栄誉賞受賞、2400曲以上の吉田メロディーから

  初めての歌碑。歌謡として完成度の高さと、

  いかに地元に愛された楽曲かというバロメーターだ。

  

2.市民の寄金と公募のデザインで創られた歌碑

  一万円以上の寄金に歌碑に名が刻まれます・・・

  この呼びかけに、歌に想いを重ねる寄金が数多く集まった。

  定型な歌碑案から、一転、デザイン公募

  そして、ドーナツ盤をモチーフにしたユニークな歌碑が選ばれた。

  盤面に記名が刻され、歌声流れ、集いの場として今も親しまれている。

f:id:Enka:20160811110633j:image:w360 ミュージアム

3.ご当地<歌謡ブルースサミットぶらくり歌謡ステージ

  歌碑を基点に、昭和の歌謡ブルースを歌の文化遺産として、

  全国の主要なご当地と連携し、サミットを開催した。

  横浜「伊勢崎町ブルース」や大阪天神橋ブルース」など交流が生まれ、

  その後も、カラオケ大会、シンポジウム、CD制作、10周年事業

  ミュージアム開設、歌謡ステージなど数多くのイベントが続いている。

<資料URL>

和歌山ブルース歌碑建立記念除幕式:http://www5d.biglobe.ne.jp/~koto/info/kahi.htm

和歌山ブルース」の歌碑イベント日記:http://blogs.yahoo.co.jp/k22767

ご当地<歌謡ブルースサミットhttp://wbs2008.cocolog-nifty.com/blog/

<歌謡ブルースサミット>:http://summit2010.ikora.tv/

CDを制作:http://www.nwn.jp/old/event/kankoubutu/20060225/rokumen.html

動画:古都清乃和歌山ブルース歌碑:https://www.youtube.com/watch?v=HeZVkZm1DP8

旧;演歌商店のつぶやき:http://d.hatena.ne.jp/Enka/searchdiary?word=%2A%5B%A5%D6%A5%EB%A1%BC%A5%B9%C3%C2%C0%B8%5D


クリック→にほんブログ村 音楽ブログへ</a

2016-08-09 LURU CLASSIC CAFE

[]LURU CLASSIC CAFE 08:45

広く出演者様を募集!

第一回は10月15日(土)14時ー16時

   =毎月第三土曜日に開催予定=

f:id:Enka:20160810084455j:image:w360

LURU CLASSIC CAFEは、

これまでクラシック音楽に親しむ機会が少なかった方々にも

気軽にクラシック音楽の生演奏を楽しんで頂き、

地元、若手の演奏家により多くの演奏機会を提供したいという

ホール創設のコンセプトに基き、この秋よりスタートいたします。


LURU CLASSIC CAFEを

開催するにあたり広く出演者様を募集いたします。

  第一回は10月15日(土)14時ー16時

     =毎月第三土曜日に開催予定=

下記をお読みの上、お気軽にお問い合わせ下さい。

演奏家の皆様のご応募をお待ちしております。


<LURU CLASSIC CAFEについて>

https://www.facebook.com/events/1037152369653621/


クリック→にほんブログ村 音楽ブログへ

2016-08-08 ふるさと歌謡ショー@三夜連続サマーバイキング

[イベント}[ふるさと癒やし歌]三夜連続サマーバイキング 08:22

ここ数年、恒例となった宮本静さんの

ホテルグランヴィア和歌山サマーバイキングの歌謡ショー。

今年は、三夜連続のゲスト出演となり、大感激で臨んでいる。

今日の初日から大盛況、美味しさに楽しい歌を届けようと大張切だ。

ハイライトは、徳川吉宗公と五輪の歌のコーナーだった。

f:id:Enka:20160809082231j:image:w360

2016年は徳川吉宗公<将軍>就任300年の年、

ということでご存知「暴れん坊将軍のテーマ」を歌いながら登場!

9月に、東京紀州藩ゆかりの地・赤坂で開かれる

赤坂×紀州和歌山 食いしん坊将軍祭にふれながら

f:id:Enka:20160809082233j:image:w360

紀州徳川家御典医だった医聖・華岡青洲を歌う

我が名は青洲」をメジャーデビュー曲として

熱く披露した。


ひと息つくと、リオの日本勢の活躍から、東京五輪

昭和歌謡として「東京五輪音頭」を会場の手拍子で。。。

さすが、国民的大ヒット曲、

折からのニッポン応援モードも加わって大好評だった。


世界のまつり・オリンピックから

紀州ふるさとの夏祭りに・・・

永年盆おどりで親しまれる都はるみさん「黒潮節」を

リメイクした「静の黒潮節」で会場をひと巡り

f:id:Enka:20160809082232j:image:w360

続いて、紀州三大祭りのひとつ粉河祭りを

昭和の大作家・星野哲郎さんが書きおろした

門前町は恋の町」を夏祭りの雰囲気たっぷりに・・・

そして、海南黒江の街並みと下駄市を歌った

黒江からころ為の女」はしっとりと。。

そう、からころは下駄の音なんです。


持ち歌三曲でふるさとの夏祭りを綴って

最後の曲は先週末、町中が盛り上がった

おどるんや 〜紀州よさこい祭りにちなみ

「酔歌(ソーラン節入り) 」

 会場と一体となり

宮本静さんらしい元気なフィナーレとなった。


アンコールの拍手に呼び戻されて

歌ったのは、五周年記念曲「天野の恋塚

世界遺産・丹生都比売神社で録音されたこの曲で

夏の夜の余韻は倍楽しめそうだ。

f:id:Enka:20160809090313j:image:w360

 紀州御三家徳川吉宗公の特集コーナー新登場!

  〜3日間期間限定イベント〜

 和洋中のお料理が勢ぞろい! ドリンク飲み放題

https://www.facebook.com/events/1729392180670017/r


クリック→にほんブログ村 音楽ブログへ

2016-08-07 さつきのあき「3SHINE サンシャイン

[歌手来店}さつきのあき「3SHINE サンシャイン」 08:01

8月25日に、アガサス創刊30周年記念ソング「3SHINE サンシャイン」を発売する

さつきのあきさんがプロモーションに来店された。

f:id:Enka:20160808074726j:image:w360

アガサスは、地元・和歌山で愛される人気のタウン誌だ。

音楽はもちろんファッション・グルメ情報など

おしゃれな生活情報が満載だ。

今回の記念CDは、アガサス読者に「アガサスにまつわる想い出」を募集し、

そのキーワードをさつきのあきさんが歌詞に仕上げたもの。詳細はこちら

アガサス公式ページ

http://www.agasus.com/


さつきのあきさんは、静岡出身ながら、

和歌山を拠点に活動するシンガーソングライターだ。

ナチュラルな歌声、ストレートな歌詞、どこか懐かしいメロディ・・・

また、YouTube"さつきのあき ちゃんねる☆"で、

カバー曲やオリジナル曲を毎週更新するなど、活発な活動で注目を浴びている。


シンガーソングライターさつきのあき オフィシャルサイト

http://www.satsukinoaki.com/


クリック→にほんブログ村 音楽ブログへ

2016-05-29 7月8日に、3台で聴く!金沢蓄音器館コンサート

[]7月8日に、3台で聴く!金沢蓄音器館コンサートin和歌山 10:34

この2月に訪問させていただき

館長さん(写真)のトークと素晴らしい音色に

いたく感銘させていただいた金沢蓄音器館さん

f:id:Enka:20160529100031j:image:w360

f:id:Enka:20160529100030j:image:w360

f:id:Enka:20160529100028j:image:w360

所有のSP盤と蓄音機3台が、

和歌山NOLURUHALLにやってくることになった。


電気をつかわない

ぜんまい仕掛けで再生する蓄音器とSP盤が、

こんなにも豊かな響くとは・・・

その感動が和歌山にやってきます。

しかもアコーステックな響きを大切に設計された

LURU HALLには、ぴったりで楽しみだ。


クラシックジャズ歌謡曲、童謡など

所蔵のSP盤にくわえ

お手持ちのSP盤(LP・EPは不可)も

リクエストでおかけいたします。


78回転のSP盤にちなんで、

7月8日の夜と、9日の朝の2回開催。。

この機会に、是非お楽しみください。

 =予定機材=

  ビクトローラ 1-90型 日本ビクター蓄音器株式会社

  コロムビアG241 ポータブル蓄音機グラフォノーラ

  エジゾン蝋管蓄音機

-----------------------------------------------

名称:金沢蓄音器館コンサートin和歌山 夜と朝

   金沢蓄音器館所蔵の蓄音器たちで聴く

   78回転のSP盤、名曲の響き・・・

日時:2016年7月8日(金) 19時〜

     洋楽を中心に、リクエスト試聴

   2016年7月9日(土) 10時〜

     邦楽を中心に、リクエスト試聴

会場:LURU HALL 073-457-1022

    和歌山市狐島298-1 FOXYテラス1F

         http://luru.jp/hall/

出演:お話し 八日市屋 典之(金沢蓄音器館長)

   

協力: 和歌山県立図書館・和歌山アナログレコード倶楽部有志

参加:2000円(フリーソフトドリンク付) 限定33席

   全席ステージ向きテーブル席・限定33名様 

     ホール平面図:https://goo.gl/1kcq9V

予約:電話予約(073-457-1022)のみで承ります。

   ・お申込み時に 4ケタの予約番号を申しあげます。

   ・当日、予約番号とお名前で、ご入場できます。

   ・ 受付時間:11時〜20時 月曜定休

   ・1名様で4名様まで予約できます。

お問い合わせ先:LURU HALL 073-457-1022

2016-04-30 渡来亭。ロースとんかつと自家製のタレ

[]渡来亭。ロースとんかつと自家製のタレ 18:48

今日の昼飯は、有田の渡来亭で、

ロースとんかつSの定食を舌鼓壱打で楽しんだ。


有田インター近く、駐車場のあるテナントモールのとんかつ専門店。

カウンターとテーブルのコンパクトなお店。

昨年の秋以来二度目となる・・・

もう一度、行きたくなる味だった。

ひれ、ロースかと、思いのほかの長思案・・・

周りのテーブルがすべてロースだったので

再び、ロースそれもSを注したのだった。

周りのテーブルもすべてS。

御飯はお替り自由ということで、少なめに。


カウンターのキッチンが見える席から

ロースを一枚一枚カットしているのが目に入った。

見事な包丁さばきで、実に正確にカットがすすむ。

しかも、一枚づつ小さいはかりで計量しながら・・・

7〜8枚に1枚だろうか、多めになるのを

さらにカットして同じ重さに揃えている。

こうした丁寧な仕事は美味しさを生み出す原動力だ。

しばしすると、期待どうりのロースとんかつがやってきた。

f:id:Enka:20160501183918j:image:w360

綺麗にカットされ、お箸でいただく・・・

さくさくと、申し分のない美味しさ。

野菜の組み合わせも、これでなきゃ・・・

驚いたのは、赤いキャップの自家製のタレだ。

前回は、多分トンカツソースで平らげたのだろう

見た目からは、あまり進んで使う気にならないが

なんと、どこにもない相性の良さだ。

ロースとんかつの美味さを上手くひきだしているのだ。


完食後、「美味しかった!とくにタレはいい!」と

キッチンに声をかけてしまったほどだ。

すると、調理を止め入口まででてきてくれた

マスターが嬉しそうに話してくれた。

「このタレで、カツサンドを作っているのですよ・・」

近くのどんどん広場に出品しているそうだ。

もちろん、それは、またの続きに・・・


舌鼓壱打:ひと様に薦めたくなる美味しさ

舌鼓弐打:一年に一度めぐりあう美味しさ

舌鼓参打:一生わすれないほどの美味しさ


にほんブログ村 グルメブログ ランチへ⇔クリック

2016-04-29 めでたいでんしゃ〜加太さかな線「君は僕の肩に」

[]めでたいでんしゃ〜加太さかな線「君は僕の肩に」 16:55

今日から、南海電鉄加太線

愛称”加太さかな線”に、”めでたいでんしゃ”が走り出しました。

f:id:Enka:20160429165017j:image:w360

f:id:Enka:20160429165021j:image:medium f:id:Enka:20160429165020j:image:medium f:id:Enka:20160429165019j:image:medium

 紀ノ川駅加太駅を結ぶ南海電鉄 加太線の愛称、それが「加太さかな線」です。

 なんば駅から和歌山市駅を経由して、

 加太線に乗り換え。ゆったりとした時間が流れるこの沿線を、

 加太さかな線観光列車として「めでたいでんしゃ」(詳細)が彩りを添えます。

f:id:Enka:20160429165022p:image:w360

南海電車公式サイト:ゆるっと×ふわっと 紀州加太 より

http://www.nankai.co.jp/kada/kada_access.html

f:id:Enka:20160429165728j:image:w360

加太駅で行なわれた記念式典には

多くの加太&鉄道ファンが詰めかけ、

小旗が配られ、加太グルメも振舞われました。

f:id:Enka:20160429165726j:image:w360

来賓ご当地キャラクターも参加する駅前特設ステージで

横山恭治さんと加太恋さんの歌と踊りが披露されました。

その中で歌われた、横山さんの「君は僕の肩に」は

南海電車公式サイトに紹介され、

加太線のテーマソングとして試聴もできます。

「君は僕の肩に」は、2013年の加太線百周年を記念して作られた

加太線ゆかりの11アーチストによる

”ガタゴトてくてく加太線ミュージック”に収録された曲でした。

曲を書き下ろすにあたり、

初めて加太線に乗った恭やんが、

車窓からの眺めをそのまま詞におこして、

ギター1本で、「岬めぐり」のように

軽快なテンポで歌ったのでした。

月日が流れ、この曲が、今回

公式にテーマソングとして認められたことは

本当に嬉しい限りです。

f:id:Enka:20160429173950j:image:w360

ところで、弊店のあるFOXYテラスの敷地は、旧加太線(写真左端)と隣接し、

ネット上の最寄駅も加太線東松江駅となっています。

しかしながら、車やバスで来られる方がほとんどで、

最寄駅から約15分も歩かれる方は稀有です・・・

2016-04-19 にっぽんうたまつり10月開催へ!@あましんアルカイックホール

[][]10月開催へ!@あましんアルカイックホール 09:54

惜しまれながら、昨年休止され、

31年間の幕を閉じた関西歌謡大賞が、

2016にっぽんうたまつりとして、装いもあらたに、

10月6日(水)あましんアルカイックホールで開催されることがわかった。

レコードショップがすすめる歌謡&カラオケ大会だけに嬉しい限り・・・。

f:id:Enka:20160419092512j:image:w360 =チラシはイメージ=

カラオケ大会とスターパレードが行なわれる。

カラオケコンクール=

1.テープ審査:指定応募用紙に、購入された商品のバーコードを貼り、

       CDかカセットに1曲吹き込み、参加レコード店に持参。

       お一人の応募曲数制限はありませんが予選会場に進めるのは2曲まで。

2.予選会:審査料=1曲に付6000円

    テープ審査通過者から各予選会毎に最終選考会出場者を選出。

    堺会場  2016年9月3日(土) 堺市サンスクエア堺

    高槻会場 2016年9月8日(木) 高槻市 高槻現代劇場

    神戸会場 2016年9月10日(土) 神戸市 兵庫県民会館

3.最終選考会:審査料=1曲に付6000円

    各予選会の勝抜者(1曲につき12〜15名予定)で競い、決勝大会出場者を1名選出。

    2016年9月24日(土) 会場:大阪市 クレオ大阪南

4.決勝大会&スターパレード =抽選でペア800組無料招待=

    審査:委員長 もず唱平 作詞家

       審査員 松枝忠信 評論家   

           他CDショップ、レコードメーカー代表(予定)

    表彰:グランプリ、優秀歌唱賞、審査員特別賞、奨励賞

    日程:2016年10月6日(木)会場:あましんアルカイックホール 兵庫県尼崎市

    出演:課題曲歌手によるスターパレード

5.課題曲

    曲名        歌手名   作詞     作曲     編曲    発売日  レーベル
1.逢いたい島     大城バネサ えざきまさる えざきまさる 狩野佑次  20160420 TE
2.鳴り砂の女     永井みゆき 建石一    徳久広司   南郷達也  20160427 TE
3.ひとひらの桜    最上川司  最上川司   最上川司   田中直樹  20160203 UM
4.日本晴れだよ七福神 柿本純子   高畠じゅん子 岡千秋      伊戸のりお 20150520 VAP
5.化粧なおし     石原詢子  たきのえいじ 杉本眞人   宮崎慎二  20160309 SM
6・ござる〜GOZARU〜  村木弾   舟木一夫    船村徹     蔦将包   20160217 CO
7.泣いて大阪     北川裕二  下地亜記子  弦哲也    前田俊明  20160406 K
8.故郷さん あいたいよ 工藤あやの たかたかし   弦哲也      南郷達也   20160309 TJ
9.風の望郷          川崎修二  里村龍一   すがあきら  庄司龍   20160406 TJ
10. 九官鳥              川野夏美  仁井谷俊也  弦哲也    前田俊明  20160511 CR
11. 男哭き          黒川英二  杉紀彦    すがあきら  庄司龍   20160608 CR 

6.実施期間

  カラオケ応募:2016年5月12日〜7月31日

  二大特典応募:2016年5月12日〜8月31日締切り

以上、とりいそぎの現況です。

もちろん、弊店も参加店として、課題商品をとり揃え

応募用紙の配布やテープ審査受付もおこないます。

  f:id:Enka:20160419110721j:image:w360

LURU MUSIC 狐島 (旧:ミュージックマートイワキ狐島店、岩喜演歌商店)

和歌山市狐島298−1FOXYテラス2F 073-457-1011

営業時間:10時ー19時 定休:木曜日

  f:id:Enka:20160419110833j:image:medium f:id:Enka:20160419110813j:image:medium

クリック→にほんブログ村 音楽ブログへ

2016-04-10 2016.4.8 The Unforsaken 和歌山公演

[] 2016.4.8 The Unforsaken 和歌山公演 07:50

4月8日、LURU HALL 杮落としコンサートvol.4に

全国ツアー中のThe Unforsakenがやってきた。

f:id:Enka:20160410074324j:image:w360

 〜アフロアメリカンミュージック〜

二人の達人によるソウル&ロックサウンド!

f:id:Enka:20160410074325j:image:w360

タイロン橋本さんの大きな体から溢れるソウルフルな歌声、

ギター一本で驚くほど多彩な奏法・・・

f:id:Enka:20160410074322j:image:w360

何でも打にかえてしまう

パーカッショニスト・ヤヒロトモヒロさんのリズム

切れも素朴さも余韻もすべて綺麗な音だ。

f:id:Enka:20160410074323j:image:w360

シンプルながらも本物のGrooveが

ステージ一杯に、迫力満点のデュオライブ。

f:id:Enka:20160410080943j:image:w360

ライブアルバムと同じ1曲目から始まった!

カバー中心の前半を終え、

手拍子と見事なアドリブ演出で楽屋に消えた。

f:id:Enka:20160410080941j:image:w360

オリジナルで組み立てた後半、

最後は、ダブルアンコールで盛り上がった。

その一曲は、マービン・ゲイの

「ホワッツ・ゴーイン・オン」だった。

そして、見事なステージに

フライヤーのドヤ顔を思い出してしまった。

f:id:Enka:20160410080944j:image:w360

知る人ぞ知る実力派、

5000円というツアー最高値のコンサートに

入りを心配する声が周りにもあったが、

ステージから、「セレブなお客さまに・・・」と言って笑い飛ばしてくれたように

いつもとちがうお客様たちにご覧いただけたようだ。

そして満席以上に、そのことが嬉しかった。

f:id:Enka:20160410080942j:image:w360

さらに、嬉しいことに、ホールの響きが素晴らしいと

急遽、全曲ビデオ収録されたことだ。

そのうちに、何曲かはYoutubeに公開されるかもしれない。

世界のステージを巡るアーチストに

ホールの響きや内装が評されたことは、

今後の運営に大変な励みになった。

次回、またオレンジ色のロゴの前でパチリしましょう!


LURU HALL=2016年3月オープン=

和歌山市狐島298−1 FOXYテラス1F

   073−457−1022

    http://luru.jp/hall/

イベントスケジュール:https://www.facebook.com/Luruhall/events?key=events

2016-04-04 「あしべ節」(坪内逍遥作)を聴こう!歌おう!

[]「あしべ節」(坪内逍遥作)を聴こう!歌おう! 12:02

万葉歌でも知られる

桜満開の和歌の浦・あしべ屋妹背別荘・・・

f:id:Enka:20160404112127j:image:w360

 http://www.nishimoto-jp.com/imose/imose_index.html

昨日、45畳大広間で、第3回 和歌の浦桜まつり

「聴こう、歌おう、”和歌の浦の音”」が行なわれた。

f:id:Enka:20160404112507j:image:w360

     開演のご挨拶:オーナーの西本さん

2014年に、”和歌山の歌全曲集”復刻CDアルバム発売記念に、

和歌の浦〜和歌山を歌おう会”を同荘で開いた。

「新和歌の浦小唄」など和歌の浦が歌いこまれた歌が多く

良き和歌浦の面影残すあしべ屋妹背別荘は最適だった。

その時、同荘を訪れた明治の文豪・坪内逍遥が作った「あしべ節」のことを

オーナーの西本さんから聞かされ驚いたのだった。

国会図書館にもアーカイブされているほどの資料だ。

幸い、紀州和歌山の民謡を採譜し伝承する和歌山県民謡連合さんが

CDにも再現し、歌い継いでいてくれた。

f:id:Enka:20160404112508j:image:w360

2015年、第2回 和歌の浦桜まつりでは、

和歌山県民謡連合さんにより「あしべ節」が披露された。

会場は、玉津島神社の大広間だった。、

そして今回、念願かなって、あしべ屋妹背別荘

演歌歌手の宮本静さんも伝承歌い手の一人に加わって

公開の「あしべ節」習得会とあいなった。

もちろん、大広間の皆さんも一緒に歌い習ったのだった。

f:id:Enka:20160404112502j:image:w360

 写真:左から 藤原梨江さん、上野茂之さん、長谷利子さん、藤原眞千子さん

まずは、和歌山県民謡連合会の皆さんの歌と演奏に

宮本静さんも加わって、紀州民謡を楽しんだ。

f:id:Enka:20160404112505j:image:w360

    M1:あしべ節

    M2:新和歌の浦小唄<動画>

    M3:和歌の海苔採り唄

    M4:有田みかん摘み唄

    M5:紀州幟上げ音頭 

そして、会場全員で「あしべ節」

藤原さんの明るく元気な歌唱指導に

どんどん習得がすすんだようだ。

D

また、徳川吉宗将軍就任300年にあたることから

今秋発売予定の和歌山県民謡連合の三枚目のアルバムにも

集録される「吉宗おどり」を賑やかに歌い。

    M6:吉宗おどり<動画>

フィナーレは、都はるみさんや宮本静さんも歌う

紀州名所くずし「黒潮節」を大合唱してお開きとなった。

    M7:黒潮節

f:id:Enka:20160404112500j:image:w360


名称:第3回 和歌の浦 桜まつり

   「聴こう、歌おう、”和歌の浦の音”」

日時:2016年4月3日(日) 開演:14:00

会場:あしべ屋妹背別荘

   和歌山市和歌の浦中3丁目4−28

この日記のはてなブックマーク数