カレーなる辛口Javaな転職日記 RSSフィード

2016年 02/07

ピルトダウン人はありまあす...か?

あの本が出たと言うことで、なんとなくまとめたくなった.

適当に作っただけで,内容に深い意味はありません.

論文捏造 (中公新書ラクレ)

論文捏造 (中公新書ラクレ)

続きを読む

「テレビでは大流行の『電力自由化』が国民に不人気なのはアフィリエイトのせいだ」?

そりゃマスコミの方が広告主とか政府の意向に沿ってるだけじゃね.記者クラブは古くて新しい問題の一つ.

電気料金は大規模ビジネスなので,長期契約の大口顧客がいないと非効率で値段を下げられない.しかしサービス開始直後はユーザーがいないので赤字確定.少しでも早くヒトバシラーの方々が大量に利用してくれないと,電力自由化は大失敗に終わる.ユーザーからすると5年縛りとかあるのでとりあえず様子見傾向だが,政府関係者としてはそれは困るので早くしろと煽るという図式.

それに上手く言って電気料金が下がれば,マスコミも後から大口契約して美味しい思いができるからね.

テレビなどでも言われていましたが、

  • 自由化といっても、地域別に契約できる事業者は決まっている(全ての事業者が全エリア展開しているわけではない)
  • 携帯電話の契約のように、1年・2年・5年などのスパンで何がお得かが変わる。
  • 料金だけでなく、ポイントなどの還元があったりする。

ということのようですね。しかし、年間8,000円の節約は、結構魅力的なように思われます。

  • id:width 全然安くないからだよ。それ、キャンペーンの価格やぞ。『年間8,000円の節約は、結構魅力的』

同感.5年縛りや解約手数料とかがあって,ようやくそれじゃなあね...とりあえずは様子見を決め込むのでは.1ヶ月分の料金を焦って五年間後悔したら目も当てられない.

あと地域ごとに契約先も料金も異なるので,ブログやTwitterで書くと無駄に個人除法を垂れ流すことになるという問題も.

続きを読む

2016年 02/02

火星人の方法

地球の水は限られた量が循環しているとして、逆に考えれば上手に循環させればいくらでも水の使用は可能と言うことでもある。

しかし、外部への持ち出しになると、単純に純減となる。

水は減る一方。膨大な量の水持ち出しは地上の人類滅亡のきっかけになり得る。

うっわ,くそ懐かしいネタ.

THE MARTIAN WAY

THE MARTIAN WAY

http://www.amazon.co.jp/dp/0449237834/bloofjav-22/

表題作の「火星人の方法」がまさにその話.*1 というかパクリを疑われるレベル.

続きを読む

*1:発表は1955年らしい. http://en.wikipedia.org/wiki/The_Martian_Way

2016年 01/31

Google DeepMindの囲碁ソフト AlphaGoの衝撃


(ゲーム)プログラミングのブレークスルー来たれり?*1

イ・セドル9段との対戦は3月9日(水)から15日(火)にソウルで開催.全対局をYouTubeで生中継.

表紙の集積回路では、基板上に埋め込まれたコンピューターチップの1つが碁盤になっていて、その譜面は2015年10月5日に行われた中国のプロ棋士樊麾(Fan Hui)(黒)とコンピュータープログラムAlphaGo(白)との間の歴史的な対局の最終局面を示している。この対局では、マス目の数が19 × 19のフル規格である19路盤を使い、しかも置き石というハンディキャップなしの条件で、コンピュータープログラムがプロ棋士に初めて勝利した。1997年、チェス用コンピューターのディープ・ブルーが、当時の世界チャンピオンだったガルリ・カスパロフとの6番勝負で勝利したことは、人工知能の発展における画期的な出来事と見なされてきた。だが、さらなる難問がまだ残っていた。それが、古代からの遊戯の囲碁である。コンピューターの碁を打つレベルは、数十年にわたる改良にもかかわらず、最強のものでさえ、最近までアマチュア棋士程度だった。こうした状況下で今回登場したのが、グーグル・ディープマインド社(英国)が開発したプログラム、AlphaGoである。このプログラムはディープニューラルネットワークを用いて熟練した棋士の思考を模倣しており、自己対局から学習することで、性能をさらに向上させる。AlphaGoは、他の最強の部類の囲碁プログラムとの対局で99%の勝率を達成しており、現在のヨーロッパチャンピオンである樊麾との5回の対戦でも全勝している

http://www.natureasia.com/ja-jp/nature/highlights/71694

掲載されるのはこれみたいだけど,うわ高いよ...*2

続きを読む

*1:名前は「アルファ碁」の意かな?アルファ……そーゆー名前のCPUもあったなあ... https://ja.wikipedia.org/wiki/DEC_Alpha

*2:すでに売り切れたみたいだが,PDF(3300円)ならオンラインから入手可能な模様.

2016年 01/26

マービン・ミンスキー氏が死去

http://japanese.engadget.com/2016/01/26/mit-ai/

http://jp.techcrunch.com/2016/01/27/20160126marvin-minsky-artificial-intelligence-and-computer-science-visionary-dies-at-88/

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1601/26/news078.html

http://wired.jp/2016/01/28/robot-write-obit-ai-pioneer/

AI(人工知能)研究のパイオニアとして知られるコンピュータ科学者のマービン・ミンスキー氏が1月24日(現地時間)に亡くなった。88歳だった。死因は脳溢血。

へー.


The Two Faces of Tomorrow

The Two Faces of Tomorrow

謝辞

マサチューセッツ工科大学の人工知能研究班主任,マーヴィン・ミンスキー教授からいただいた貴重な助力と助言にお礼を申し上げたい.一般に,SF作家は明日の科学的事実がどうであるかを予見すると思われている.実際には,事態は逆であることが多いのである

1979年2月

マサチューセッツ州アクトン

ジム・ホーガン

続きを読む