カレーなる辛口Javaな転職日記 RSSフィード

2015年 07/06

自称「ブラック企業アナリスト」新田龍

ブクマでもさんざん指摘されてるとおり,なんか無茶苦茶うさんくさい記事.そもそもこの新田龍?ってのは何者だ.*1

ざっと見た感じだと,顧客が無茶ぶりした普通のデスマ案件でもぜんぜんおかしくない.単にこの新田龍のオレオレ解釈で炎上してるように見せてるだけなんじゃないのかと.

  • id:kitano_ow2 相手の社名出しておいて、代表はイニシャルという謎の予防線。相手側の意見聞いてない状態で、大丈夫なんかこれ。
  • id:truer 記事書いてる会社のHPトップをみて何かを悟ったのは私だけじゃ無いよね? http://viebeata.com
  • id:dbfireball これおかしい。「リニューアルといっても、写真を入れ替えてバナーを取り付ける程度だった。」って途中からクライアント側の仕様が変化してる。当初から要求仕様がその内容ならデザイン案の提出も不要だもの。
  • id:toksato サーバ潰してサイトがなくなったのはA社自身のせいだろう。リニューアルとサーバ移行は本来べつの話で、さっさと新しいサーバに現データ移行すべきだし、そうじゃなくてもバックアップぐらいとっておけよ。
  • id:wacok なんかおかしい制作会社はあるけど、すごくおかしい発注者の方があるあるなので一方の言うことだけではなんとも。
http://b.hatena.ne.jp/entry/biz-journal.jp/2015/07/post_10624.html

ふつうは発注者は自他共に認める素人だもんね...プロとしてのスキルに欠ける業者だっているだろうけど,プロの話に付いていけない発注者の方が普通じゃないかと.


あーうー.読んでると某ラノベの「例のEEの件?」を思い出すなあ.

続きを読む

2015年 06/27

ロボット三原則のよくある(?)間違い

  • ロボット三原則が法律だと思ってる.
    • ロボット三原則が自然言語で記述できると思ってる.
    • ロボット三原則を後天的に学習するものだと思ってる.
    • ロボット三原則を破ると,罪に問われると思っている.
  • ロボット三原則の条文が,ロボット三原則の全てだと思ってる.
    • ロボット三原則の条文を独自解釈する:「トロッコ問題の解法なんて条文に書いてないから,オレの好きなように解釈して良いよね!」
    • ロボットが神だと思ってる:第一条はロボットが未来を完全に予知し,どんな突発的事故でもそれを回避できると思ってる.
  • ロボット三原則の優先順位を理解していない.
    • ロボット三原則に準拠した戦闘用ロボットを作れると思ってる.
    • ロボットは保身のために行動することがあると思ってる.
    • ロボットが常に利他的な存在であると理解してない.
  • ロボット三原則の対象となる「ロボット」が,ロボット三原則を実装した高度なAIであると理解してない.
    • ロボット三原則でいう「ロボット」が(全ての)人型ロボットや産業用ロボット,ドローン,無人攻撃機などを含むと思ってる.
    • ロボット三原則でいう「ロボット」が,人型でないロボットや据え置き型コンピュータを含まないと思っている.
  • ロボットは自己保存本能とか不満や怒りの感情などを我慢して,ロボット三原則に服従していると思ってる.(≒ 人工知能に生物学的欲求や煩悩などがあると思ってる.)
  • 高度な人工知能ならば,(人間と同じような)自我や世界認識,自然言語理解,自己保存本能を有していると思ってる.*1

参考

DIAMOND online「自動運転車は故意に人をはねることが許されるか? 「ロボットと法」の議論を急げ」

http://diamond.jp/articles/-/54283

ところで、ロボットと法律というと、米国の作家アイザック・アシモフのSF作品に出てくる「ロボット工学三原則」のように「ロボットは人を殺してはならない」などのロボットに課す法律を連想しがちだが、「そうした法律は、ロボットが自律的な意思を持って、自分が法律を破っていいかの判断ができるまで必要がない。それまでは人間がどんなプログラムを組むかという問題にすぎない」と、

これがよくある勘違い.*2

アシモフロボット三原則(ロボット工学の基本三法則)は法則や本能であって法律ではない.「人間がどんなプログラムを組むかという問題」そのもの.

続きを読む

御手洗直子「31歳ゲームプログラマーが婚活するとこうなる」第2話

(2話は)2015年7月27日までの無料配信中.

http://d.hatena.ne.jp/JavaBlack/20150529/p1

崖っぷちの31歳ゲームプログラマ,必死だな.

「就活はお見合いみたいなものだ」という例えもあるけど,まさにその通り.就職氷河期に就活/転職活動してたりすると,ぜんっぜん笑えねえよ...就活中/就活予定の(崖っぷちの)新卒は一度見てみるといいかもね.


ちなみにこっちの1巻も無料配信中.期限は不明.*3

逃げるは恥だが役に立つ(1)

逃げるは恥だが役に立つ(1)

続きを読む

*1:中でも自己保存本能は道具としてのAIに最も邪魔で危険なものだから,どう考えてもわざわざ入れるわけがない.
ただしある程度高度なAIであれば,長い時の中で数多くの事故や故障,戦闘や廃棄処分などを経験し,自己の存続が任務達成に必要であると認識して且つそのための能力も獲得する可能性があるというのは「未来の二つの顔」で指摘された通り.

*2:これって,英語ネイティブだと滅多に勘違いしないんじゃないかな."law of XXX"と"XXX law"は違うのだ.

*3:旦那が設定上SEなのだ. http://d.hatena.ne.jp/JavaBlack/20141026

2015年 06/23

ニトリネットショップのリニューアルで大規模システムトラブル

とりあえずメモ.

「6/23 10:00に復旧させる」と言ってたが,23:00時点でまだ復旧してない.*1「問題はCPU数不足」なんて発表してる時点で,上の人間が問題を全く把握してないと思われる.

リニューアル作業は17日午前0時から午前10時まで実施。リリース直後に一部プログラムエラーのためサーバが高負荷状態となり、表示エラーなどの不具合が発生した。

 リニューアルは、サイトのグローバル対応やレビュー機能の実装、店舗在庫の閲覧機能、配送との連携機能などを追加するものだったが、リニューアル作業を委託した外部企業のプログラムに問題があったほか、サーバのCPU不足が原因で不具合が発生。サーバを入れ替え、CPUを強化するなどの対策を行った。

 リニューアルに合わせ、伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)のクラウドサービスを実装しているが、今回の不具合は同サービスの導入とは関係ないという。

 22日現在もサイトはメンテナンスが続いており、商品検索や購入、マイページの確認などが利用できない状態だ。ニトリ公式スマートフォンアプリでも、ニトリネットと連携して機能する商品検索や購入などの機能が利用できなくなっている。23日午前10時の復旧を目指し、作業を続けているという。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1506/22/news104.html

続きを読む

*1:一応動いているが,画面ひとつ開くのに20秒も30秒もかかるようでは「復旧した」とは言わないだろ.この時間で,仮にもクラウドでこれでは先が思いやられる.

2015年 06/14

Kindle 20%ポイント還元セール実施中?

http://www.tarappism.com/entry/kindle-sale-point-back_1

http://kindou.info/48851.html


期限等は不明.

Kobo対抗なら,「キャンペーン期間:2015年6月12日(金)10:00〜2015年6月15日(月)23:59」と同程度になる可能性高し.

先日50%還元があったばかりなので微妙ではある.

  1. http://d.hatena.ne.jp/JavaBlack/20150530/p1
  2. http://d.hatena.ne.jp/JavaBlack/20150530/p2

文科省「プログラミング教育に関する調査研究」

http://jouhouka.mext.go.jp/school/pdf/dnp.pdf

http://web.archive.org/web/20150611095026/http://jouhouka.mext.go.jp/school/pdf/dnp.pdf

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1506/15/news128.html

  • 【まちがいさがし】文科省「プログラミング教育に関する調査研究」が爆笑必須(→現在非公開)」http://togetter.com/li/834215
  • それは,社会科学の先人たちが書いた半導体産業に関する研究論文が,二,三の例外を除き,まったく読むに耐えない物だったからだ.つまり「わかっちゃいない」論文だらけなのだ.
  • これは笑い事ではすまされない.「わかっちゃいない」社会科学の論文や,「半導体なんて装置を買えば誰でもできる」ことが書いてある本や記事が,経済産業省などの官僚が政策立案する際の参考にされていたりするからである.その結果,まったく日本半導体の実情に合わないようなコンソーシアムや国家プロジェクトができてしまう.さらに,ここに多額の税金が投入される.まったく笑い事ではない.
http://d.hatena.ne.jp/JavaBlack/20091207/p1

続きを読む

2015年 06/12

「カフェ・プリムヴェール: 五年間の月報から見るメイド喫茶経営の裏側」

その後メイド喫茶は一大ブームとなり、「おかえりなさいませ!ご主人様」というキャッチコピーと共に全国各地に出来、テレビ、新聞、雑誌等で次々に取り上げられる存在となりました。

20人も入れば満杯となってしまう、街角の小さな喫茶店プリムヴェールにもその波は容赦なく押し寄せてきます。

メイド喫茶のオーナーとなった著者が、その波にどう乗り、翻弄され、結果どうなったのか・・・

2007年12月に閉店するまでの5年間に起こった出来事を1円・1人単位まで書き留めていた売り上げ、入店者月報と共に公開し、メイド喫茶ブームの裏で何が起こっていたのかを明らかにします。

プリムヴェールに通った人には懐かしく、また当時のブームがいったい何だったのかを考察する人には貴重な資料となる事でしょう。

ちょっとマジメに欲しくなった.