Hatena::ブログ(Diary)

FULL MOON PRAYER このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

14/08/12

14-8-12

先週はるろうに剣心京都大火編を見に行ってきました。

相変わらずというか前にも増して殺陣のキレの良さと次から次へと進んでいくテンポで、見ていて飽きること無く面白い映画でした。そして何より、るろ剣の実写を確かにやっているのに、画として違和感がないというのが凄いなあと思います。佐藤健の剣心はもう完璧に剣心だし、藤原竜也の志々雄の説得力も素晴らしいし。翁と蒼紫もまた素晴らしかったし。マンガの設定をそのままやっているはずなのに、なんとなくそんな明治時代もあったような気にさせる、志々雄一派が暗躍していたんじゃないかと思わせるようなリアリティのもたせ方。必殺技使ったりするときだけ「んー?」となるのはまあご愛嬌で。

そんな感じで、謎の侍映画ハリウッドから生まれてくるくらいなら、これをもって海外向けにディスイズジャパニーズサムライムービー! と言ってしまっていいんじゃないかと思うくらい、すごく純粋に良く出来ていて面白い映画だと思いました。そして良い所で引いたので、9月の後編公開も楽しみ!

ヨハネスブルグの天使たち / 宮内悠介

ヨハネスブルグの天使たち (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

ヨハネスブルグの天使たち (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

ヨハネスブルグ戦災孤児たち、やり直される9・11アフガニスタン放浪する日本人内戦状態のイエメンエアポケットとなった団地子どもたち。世界の五つの都市舞台に描かれる五つの物語は、たぶん戦争だとか、テロだとか、宗教だとか、子どもたちだとか、そういうものが描かれていて、そして横糸を通すように日本製の歌うホビーロボットDX9の姿が、それぞれの場所で均質化された同じなのに、別のものとして存在している。

このお話、私には読んでも何だか全然からなくて、何かのヒントになるかと思って帯を見たら『伊藤計劃幻視したヴィジョンJ・G・バラード手法で描く』と書かれていてやっぱり全然からなかったのですが、意味不明から投げ捨てる! という感じではなくて、今まさに私は何か特別ものを見てると感じさせてくれるような不思議読書体験でした。

そういう意味ではやっぱりここにあるのは何かのヴィジョンで、だから読んでいるというよりも観ている、作者の眼を通して作者が観ている何か大きなヴィジョンのおこぼれに預かっている、そんな風に感じます。そしてそのヴィジョンは多分、今ここでこの瞬間に私が見て聞いて感じているものから、大きく乖離してはいないだろうという直感だけはある、というか。とても高い塔が目の前にあって、途中雲がかかっていてどうやってこんなに高くなったのか全くわからないのだけど、各日に今立っているここから生えているのはわかる、みたいな感じ。

私にはこれを解釈できるだけのスペックは無くて、だからここに描かれる景色には何が欠けていて何があるのかも判然とはしないのですが、それでも断片的にみえる風景は決して捨て置けるようなものではない何かで、分からないなりに現在だとか、リアルだとか、未来だとか、何かそんな言葉をあてて呼んでしまっても良いんじゃないかと、そんな様に思うのです。

14/08/02

14-8-2

例によって余っている年休をぼちぼちと使いつつ、わちゃわちゃとイベントだの映画だのに行ったり。

先週の水曜はvs氷帝、vs四天宝寺に続いてvs立海テニミュへ。まさかの4時間弱という長丁場だったのですが、今までで一番面白かったです。真田がすごく真田だった。あと強引な展開で記憶を失ったリョーマ過去記憶を追いかけながら復活する展開は笑っちゃうくらいベタだけど熱くて良かったです。うむ、少年マンガ、うむ。そして手塚が非常に格好よかった。あのしなやかでちょっと線の細い感じが素晴らしいと思います


そして今週の水曜は思い立ったかのようにモバマスの『We're the friends!』のリリースイベントへ。朝も早くからお台場炎天下20分並んで同じ抽選券のためCDを3枚買って、そしてハイタッチ回&優先エリア抽選は外れて若干良く見えない位置からリリイベを見るという書いてみるとひどい目にあってる感じ満載なイベントでしたが、なんか妙にテンションが上って非常に満足感というか、達成感にあふれて帰宅の途に付きました。なんか同じ趣味の人たちと一緒にわーきゃーするお祭り感? みたいなものイベント醍醐味かなーって。しかし平日だよね? と疑問を抱く人の数でした。怖い。あとあどりぶを聞くたびにへごさすがにそれはないわーと思いつつ、生で見るたびにはっしー!! と叫んでいる自分がいる。怖い。

そして11/30のイベントは2ndライブであることが発表。代々木第一体育館なのでチケットは取れるでしょう多分。メンバー的にはともよ姫やぺ、真礼がいなくて残念に思いつつも、牧野由依を見るのがとても楽しみです。


それからハリウッドゴジラを観に行ってきました。これがもう、ゴジラ映画だ、私今ゴジラ映画を見てるっていうくらいにゴジラでびっくり。家族愛を軸にしたストーリーハリウッドぽいのですが、展開のさせ方とか、見せ方とか、怪獣の暴れ方とか、すごくいつものゴジラという安心感と懐かしさ。ゴジラ映画らしさと愛に満ちた作品であるなあと思いました。視点の置き方の部分で仕方ないのですが、ちょっとゴジラを出し惜しみ過ぎかなあと思いましたが!

作品としてはムートーがいわゆる人間に害為す怪獣ゴジラもっと上位の存在、ただひたすら恐れ多い何かとして描かれていて、そのためか全てのシーンが徹底して人間目線で作られている分、もっと派手に暴れてミニチュアの街をガンガン破壊して欲しかった! みたいなもやもやも。でも背びれが光って放射熱戦を吐いたらなんかもうそれだけで感動モノではありますゴジラだ!! っていう。

あとフォードさんが上条さんもびっくりなくらいに巻き込まれ系不幸体質であったのと、芹沢博士が途中からゴジラを崇め奉るシャーマンみたいな扱いになっていたのが面白かったというかなんというか。

オリンライジング! 2 / 広沢サカキ・風華チルヲ

リンちゃんの生き様を見せつけるようなスピンオフの第2巻。相変わらず公式スピンオフというか二次創作ギリギリのようなところを駆け抜けていく作品なのですが、とにかく作者の考える最高にかっこいいオリンをこれでもかとぶつけてくるような熱量があって素晴らしいです。

何もないところからでも、ギャグヒールとしてでも、誰かの引き立て役であったとしても。泣き虫不安がないはずなんて無くて、それでもぶつかって倒れたって貫き通し、大きなステージで観客に見せつけるのは彼女生き様。これぞアイドル、これがアイドルみたいな気分になる、勢いと熱さに溢れた一冊でした。

恋は光 1 / 秋★枝

恋は光 1 (ヤングジャンプコミックス)

恋は光 1 (ヤングジャンプコミックス)

恋している女性が光って見えるという理屈っぽくて変人青年が、ちょっと世間ずれした変わり者の女性東雲さんに恋をしてという作品なのですが、さすが秋★枝というこの悶え苦しむような感じ。というか、東雲さんはまあいいのですよ、それより北代さんがですね。青年と昔から仲良くって割といつも二人でいてでも彼から見ると光ってないという、あかんこれはあかんやつだという立ち位置で登場するのですが、案の定というかなんというか彼に矢印は向いているけれど彼からしたら「光ってないからあり得ない」になってしまう訳でうわあああっていう。

いや北代さん良い子だし可愛いじゃん! 気付けよなんでだよ! というか北代さんもその居心地のいい距離感で引いちゃうのかよ! あああああ!! みたいな気分をぜひ皆様に味わって欲しい一冊でした。私はこの先も北代さんを応援し続ける所存でございます

NEW GAME! 1 / 得能正太郎

NEW GAME! (1) (まんがタイムKRコミックス)

NEW GAME! (1) (まんがタイムKRコミックス)

「今日一日がんばるぞい」がやたらとTwitterのTLに散見されて購入しようと思ったらどこも売り切れで、そしてついに1巻を手に入れて読んだのですが、これが予想外にちゃんと面白かったのでびっくり。

高卒ゲーム会社グラフィッカーとして就職した主人公の青葉を中心に仕事会社の人々を描いた4コママンガで、きららから仕事と言いつつもお茶ばっかり飲んでいるんじゃないか的先入観があったのですが、思った以上にちゃんと仕事をしていて驚きました。全体的には緩いようでもその中に大変な職場なんだろうというのが醸しだされつつ、女性ばかりのキャラクター可愛いし青葉の素直で前向きなところもあって辛いものに見えないというのが良い感じです。読むと何だかちょっとだけ頑張ろうかなと思えるマンガでした。

月刊少女野崎くん 5 / 椿いづみ

アニメも始まった野崎くんは今回もギャグがキレキレで爆笑間違いなし、私イチオシの若とローレライのところは相変わらず謎のツンデレ感に満ち溢れていて早くくっつけいやくっつくな面白いから、な感じでいうことも特に無いのですが。ですが!

みんなで行った合宿話のこの学生リア充感というか、修学旅行空気というか、知ってるそれ二度と帰らない学生時代特権的な何かだ! 爆発しろ!! という気持ちだけは皆に伝えたいのです。爆発しろ

14/07/21

14-7-21

先週は関西方面LiSAライブ聖地巡礼ツアーに行ってきました。兵庫から滋賀までを移動しまくる二日間という強行スケジュールでしたが、普段なら行かないようなところに色々と行けて面白かったです。

中でも再建されたハルヒ時計塔が見れたのと作中で散々に言われていた長い坂道が本気でこんなの毎日歩けないという代物で暑い中歩いたら死にそうになったこと、それからけいおん!モデルである豊郷小学校旧校舎が本当にアニメで見たそのまんまだったのが印象的。あとたまこ商店街モデルとなった出町桝形商店街も見れて良かったです。なんというか大体京アニ聖地巡礼ツアーでした。

LiSAライブは若くて勢いがあって可愛くてロックみたいなイメージそのままでしかったです。この人はカッコいい系の曲がやっぱり映えるなあと思います。そして客層も若めな感じで人気を感じるというか。GRANRODEOLiSAアニソン系でも屈指の人気の人たちがこれだけ直球でロック系のノリでライブをやっていると、アニソンって変なジャンルよねと思います。サイリウム振ってコール入れてっていうのも今の主流で間違いないのですが、こういうロック系もかなり強くて、ただアニサマみたいなフェスをやると客がどちらにもついてくるというのが不思議な感じ。

映画『ALL YOU NEED IS KILL』

原作ラノベを読んだのはもうずっと前で、その時は一部界隈で話題になったけど売れなかった作品であって、それがハリウッド映画化らしいとびっくりしたのだって相当前で、それがこうやって形になって目の前に現れただけでもほえーと間抜けな顔をしてしまいそうなのに、それがワーナートム・クルーズ主演の超大作ってあんたそれはもういったいどういうことなのさ、という作品

そんな感じでどう受け止めるべきものなのかイマイチわからないままに観に行ったところはあったのですが、そんな細かいことはどうでもいいとばかりに2時間圧倒される誇張なしの超大作でございました。脚本凄い、映像凄い、トム・クルーズ凄い、ハリウッドパないany questions? みたいな。

とにもかくにも圧倒されるギタイとの戦闘シーン。戦場空気、音、飛び交い堕ちるヘリ、バトルスーツを着た兵士たち、常識外の動きで襲い来るギタイ。初回からとんでもない展開とスピード感ものが、ループを繰り返して圧縮高速化されていく迫力が半端ないです。後半にかけて少し落ち着いてのストーリー展開、リタとの関係、そしてラストバトルへという流れも、それまでのループで散りばめた要素をしっかり拾って、ハリウッドらしく盛り上げに盛り上げて、無駄くそつなく面白くで原作と違うからどうこうという隙すら無い感じでした。

そしてトム・クルーズ。圧倒的にヘタレ広報担当軍人命令違反新人兵士として放り込まれる戦場、ということで年齢と原作に豪快に折り合いをつけてからは、ダメダメなおじさんがループを繰り返していくにつれて、これこそトム・クルーズみたいな超人に成長していくのがもうすごいトム・クルーズ原作を読んだ時にはそんなことさっぱり感じなかったのですが、映画を見るとまさかこれはトム・クルーズのためのストーリーなのでは……? みたいな気分にすらさせるものがありました。

そんな感じで原作をかなりアレンジしてトムの映画になっているのですが、それは決して原作適当に扱ってる感じはしなくて、骨子であるゲーム的なループという部分はしっかりメインに据えられてブレない感じ。この辺の脚本センスは凄いと思います。この原作からトムが引き立ったし、トムだからこの原作が引き立って、全く新しい映画版の『ALL YOU NEED IS KILL』ができたという感じ。

トムが繰り返して死ぬたびに情報を集め攻略方法を考え見つけて強くなっていくあたりはまさにゲーム攻略感満載。序盤の1-1クリボーに激突している感じから無限の残機を活かして超難易度クソゲーに挑戦していく展開、メタルギアもびっくりな覚えゲーでの潜入に、残機ゼロになってからの驚異的な粘りと、凄い映像でおくるゲームセンターCX的な楽しみ方もできる作品になっていました。

ただ、トム・クルーズが主演ということで当然ではあるのですが、原作の持っていたボーイ・ミーツ・ガール感だとかきみとぼく的な青さと狭さと世界みたいな、あの空気というのはほとんど無くなっているので、そのへんも好きだった身としてはちょっと残念な感じも。そしてそれが最終的に外に向かっていくか、内に向かっていくかという終盤の展開の決定的な違いであり、結末の違いにつながっているところだとも思います。まあ、これはそういう映画じゃないと言われればその通りで、そこをすっぱりと切り捨てることでこれだけのものを見せられちゃえば、そういうものはやっぱり別の方面に求めるべきなのかなあとか思ったり。でも、これだったら邦題もそのまま『Edge of tommorow』だったんじゃないかという気がしなくも、ないような……。

終わってみればそんなもにょもにょ感も若干ありつつ、見ている間は圧倒されっぱなしのハリウッドの本気凄いとしか言えないようなSF大作でした。細かいことは考えずに、凄かった! 面白かった! トム・クルーズかっこいい! というのが一番の感想なんじゃないかと!

14/07/11

14-7-11

アニメですが、予想外すぎるダークホースとして幕末Rockが面白くてヤバいです。

とにもかくにもパッションロックで何かを語るより見たほうが早いと思われるので、ニコ動で配信が始まったら皆見てみればいいと思いますうたプリのぶっ飛んだライブシーンが煮染められて続くようなこの頭のおかしアニメを。

青春離婚 / 紅玉いづき

青春離婚 (星海社FICTIONS)

青春離婚 (星海社FICTIONS)

新しい時代私たちは、指先から恋をする――。

スマホアプリbotTwitterソシャゲブログ。今まさにこの時代の指先から始まって、その関係性に恋をする、恋愛ちょっと届かないそんな青春物語が3編。切ないとか可愛いとか言ってる場合じゃなくなる、声にならない声が出るような、破壊力抜群の3篇でした。

既読の『青春離婚』も改めて読んでも「夫婦」という居心地のいい関係性に留まってしまう気持ちと、留まれない気持ちに身悶えするものがあったのですが、それ以上に2編目の『非公式恋愛』が読みだした途端にこれあかんやつだと思うような話。『青春離婚』で出てきたヤギアプリ非公式botを作った青年とそこに絡んできた少女物語で、これもやっぱり身悶えするような物語ではあるのです。ただ、そこに要素としてあるのが人のキャラクターを借りて満たす承認欲求だとか、Twitterを通じてあけすけに見えてくる人の気持ちや行動だとか、そのやりとりから生まれる関係だとか、ネットストーキングの話だとか、色々と分かる世界の話が多すぎてちょっとこれがもうねという。

ネット上で生まれた自分、築いた都合の良い関係。その現実ネットの壁を壊すのが女の子の強さで、それが素敵だなと思うのですが、これ一歩間違えたらドロドロで泥沼で大変なことになっているギリギリラインな気もして、身近なテーマからこそ作家って凄いなと普段以上に感じるのでした。

3編目の『家族レシピ』もソシャゲ料理ブログとそれに載せる写真に手を借りる、やっぱりこれもそこで生まれた関係性に恋をするような話。この作品集は全体通してそういう『恋に恋する』だとか『友達以上恋人未満』だとかくすぐったい普遍的なそれこそ青春まっただ中なものを描いていると思うのですが、それにこんなにも身近で今時なテーマが乗っかるだけでこうまでに破壊力が上がるとは、的な。

遠くで見てニヤニヤする青春模様じゃなくて、もの凄い近場で発生している出来事のような感覚は、これが同時代性と呼ばれるものなんだろうと思いつつ、でもそれをこんなに綺麗で繊細で本当にどうにかなる未満の今まさにキラキラと輝き始めるものとして描かれちゃったら、それはやられましたとしか言えません。ぎゃーと叫んでひっくり返りながらも、だってもう憧れるじゃんこれ、みたいな。

そんな感じでネット上のコミュニケーションネットを介したコミュニケーション依存してきた自覚がある人ほど読んでひっくり返ればいいじゃないと思う一冊。

あ、あとやっぱりパスタ燃えますよね!

14/07/09

14-7-9

日曜日は川崎CLUB CHITTA'にZAQの1stライブ追加公演を見に行ってきました。これが楽しかったー。

リスアニサーキットで何曲か演ったのでライブいいなと思って、それからアルバムの「NOISY Lab.」を聞いてライブでこんなの楽しくないわけがないじゃんと思って取ったチケットだったのですが期待以上な感じでした。

ZAQという人はやたらと幅広いジャンルの曲を作るのですが、どれもとびきりキャッチーというかアニソン的なノリの良さがあって、ライブで演ると曲のここで飛ぶ! みたいなポイントがそこら中にあるのが大変良いです。この辺りはアニソンライブの熱気を見てこの世界を目指した人だというのが理由なのかなと思ったり。ひたすらアッパーチューンで攻めるセトリは体力の限界に挑むような感もありましたが、それでも「Sparkling Daydream」が来たら飛ぶでしょ! みたいな。サビで。

そんなことをしつつもアニソンらしくないジャンルの曲を演ってみたり、セルフカバーもあったりと良い意味で粗くてわちゃわちゃしたところのある、1stライブらしいライブでした。これは次のライブも行きたいです。

東池袋ストレイキャッツ / 杉井光

いつもの能力はあるのにヘタレな杉井主人公で、凄い才能があってツンデレな杉井ヒロインで、怖そうだけど面倒見のいい杉井兄貴キャラで、そして音楽もの。どこで切ってもそれとわかる杉井光作品であって、それはつまり結構な冊数を読んできた人からすればもういい加減いいかなと思ってしまう要因になりかねないものなのですが、でもやっぱり素晴らしいものは素晴らしい訳で。本当、良い物語でした。

4編の話で描かれる東池袋ストリートミュージシャン達の物語は、不投稿引きこもり主人公が、拾ったギターに憑いていた事故で死んだあこがれのギタリストの霊と出会うところからまります。滅茶苦茶なそいつに蹴っ飛ばされるように家を出て、池袋で歌い始めて。そしてそこで出会った少女と、ストリートミュージシャンたち。不器用で、心に傷を持った人々を繋ぐ音楽東池袋路上という場。

全てにおいて都合が良すぎる物語ではあると思います。ミウの正体もハルの才能も、彼女が彼に惹かれた理由も、優しすぎるくらい優しい街と人々も。それでも、どうしようもなく行き止まっていた迷い猫たちを受け入れた場所と人。慣れ合うわけではないけれど、しっかりと共有されたもの。ロクでもない引きこもりだったハルにも、音楽があった、ロックがあった、そして出会った。自分の手にはとても収まらない大きすぎるものに振り回されていたミウも、ここで出会った。このとびきりに不器用で優しい物語にはずっと音楽が流れていて、触れたら壊れそうなくせに色々なものを救えそうな気分になる、そんな一冊でした。すごく良かったです。