Hatena::ブログ(Diary)

FULL MOON PRAYER このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

14/04/13

14-4-13

先週の日曜は舞浜に「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 1stLIVE WONDERFUL M@GIC!!」の夜公演を見に行きました。デレマスはかなり初めの頃から触っていたのと課金もしていたこともあって、「一緒に育ててきた」感がすごく強い、思い入れのあるコンテンツで、その単独1stライブをこうやって見ることができたのはとてもありがたいことだなあと思います。開幕おねシンでうるっとくるよ。

ライブとしてはまだ拙いところも多くて、でも歌に踊りに全力のパフォーマンスで、それがラストMCの涙の連鎖に繋がっていく辺りがなんだかもう、ね。そしてライブ後の五十嵐さんと麗ちゃまのブログが涙腺直撃でやばかったです。ラブライブと言い、べらぼうに完成度が高いものを見る楽しみとは別に、育っていくコンテンツと一緒に走って行けることの幸せ、みたいなもの最近すごく強く感じます。

ライブ的にはクールラスト3人、洲崎綾内田真礼早見沙織が凄かったです。伊達売れっ子売れっ子じゃないというか、あやっぺ歌うまかったんだなって。そして内田真礼は袖にひらひらのついた衣装でなんか本当に蘭子でした。すげえ、中二病だ、みたいな。早見沙織ソロコーナーのラストに相応しい圧巻の歌唱力

あとは総選挙中間発表でちゃんみおが4位に入ってたりとか、みんなで日菜子の誕生日祝い(!)があったりとか、何だかいちいち泣きそうになるというか、うん。それから、あの泣き泣きのMCから最後にいつもの笑顔空気を変えたトリのはっしーはいつもながら動じないなあと思いました。でもそのはっしーが最後ちょっと涙目だったのが、あーやーもーみたいな。

アニメ化が決まって、今月はCD第6段とまだまだ止まらずに進んでいきそうな感じなので、これからも楽しみにしていきたいなあと!

艦隊これくしょん-艦これ- いつか静かな海で 1 / 田中謙介・さいとー栄

艦これの生みの親である田中謙介が原作ということで、数多く出ている公式作品の中でも一番最初に想定された形に近いだろう艦これコミカライズ

艦の美少女である艦娘の設定はそれだけでいくとかなり飛んだもので、だからこそいろいろな解釈のもとに公式から二次創作まで色々と作られてきているのだと思うのですが、この作品を読んでなんだか凄くそ存在が生み出された理由が腑に落ちたなあという感じがします。

過去にあった戦争とそこで戦い護れなかったもの。そして艦娘としてもう一度護るために深海凄艦と戦う日常。その世界は激しく戦いながらもどこか静かで、艦娘同士の柔らかい日常があって、どこか叶えられなかった世界の向こう側というか、彼岸的な空気を感じます。そして、その艦娘たちの世界を通じて帰ってくるのは、今の自衛隊の同じ名前を持つ艦たちの姿。

艦これという世界が生み出されたのは、記憶を無くさないため、想いを柔らかく繋いでいくためのものなのなと、そんな風に思った一冊でした。これはすごく好き。

千年万年りんごの子 3 / 田中相

千年万年りんごの子(3)<完> (KCx ITAN)

千年万年りんごの子(3)<完> (KCx ITAN)

りんごの村、おぼすな様、メタテ。非科学的だからどうとかそういう話ではなく、村を取り巻く伝統伝統としてあり、それはその世界がそのようになっているから。それは神であって、あるいは自然のものの姿であって。その中心にいて、妻である朝日を奪われようとしている雪之丞が何をするのか、という最終巻。

すごく上質で、けれど簡単ではない物語を読んだような気がします。このなめらかな話は単純に分解して理解に落とし込めるものでもないというような。ただ、大きなもの、大いなるものはただそのようにしてそこにあって、だからそのようになる。それでもそこに個の想いで抗うのが人なのだろうと思うお話でした。

最後朝日と雪之丞が選んだ結末は、そうなるのかもしれないとぼんやり思っていたような、ハッピーとかバッドとかではなく、なるべくしてなるべくものになったような感じで読み終えたのですが、その後に読んだ番外で思わず号泣していました。自分は一人だからと超えてはならない線の向こう側へ手をのばそうとした雪之丞、それを日常へと反した朝日。その二人の物語を踏まえた上で描かれるのは、捨て子であった雪之丞を拾い育てた両親の、血が繋がらないこその苦悩と、それを越えていく親子の情。これを読んでようやくしっかりと、それでも二人の選んだものは決して間違ってなどいなかったのだと、そう信じられるような一編でした。本当に素晴らしかったです。

14/04/06

14-4-6

昨日は鬼束ちひろ&BILLY SANDWITCHESのコンサート中野サンプラザへ。

いやもう何というか、一時間半、終わった後しばし呆然として、帰りに携帯を落としたり逆向きの電車に間違って乗ってしまうような衝撃でした。あの衝撃を指し示す一番正しい表現を探すと、決して悪い意味ではなくて、『呪われた』が一番近いような気がするという。

鬼束ちひろが今声が出ないのは知っていたし、それは歌だけで考えれば休んで治した方がいいんじゃないかというような相当厳しい状態なのですが、そういう問題じゃない何か。ただごとではない存在感というか魂掴みに来るような声で。これまでのこの人の経緯があって、気狂いなのか気狂いのように振舞っているのかもうわからないところまで含めて、鬼束ちひろという存在がここにいてまだ歌っているというそのことがとにかく強烈でした。この人多分、全く声が出なくなったとしても、死ぬまでここに立って歌い続けてるんだって直感させられるような。

アンコールで何かに憑かれたように歌われた『This silent is mine』、そして全てが終わった後、アカペラで歌い始めた『月光』最後のサビで観客にマイクを向けられて、そしてそれを歌った時に呪いが完成したというか、地獄まで一緒に連れて行かれるような気分になりました。あれはきっと魔女儀式だった。

そんな魂掴まれるコンサート、こんなもの危なすぎて近づいちゃいけないという思いが残りつつも、いつかもう一度この経験がしてみたいと感じさせるような時間でした。

My Humanity / 長谷敏司

My Humanity (ハヤカワ文庫JA)

My Humanity (ハヤカワ文庫JA)

あなたのための物語』と『BEATLESS』のスピンオフを含む短篇集。これはもう『My Humanity』というタイトルがまさに全てを表しているというか、それ以外の何物でもないという作品でした。

人の脳という部分に切り込むITPや人を超えたものとして存在する超高度AI、人とモノの関係を変えるアンドロイドであるhiEといったSF的な技術存在する舞台。それの存在は人の有り様を変え、社会の有り様を変え、より効率的で整理された世界を導くように思えるもの。けれど4篇通じて描かれていくのは、そこまで、ある意味極端なほどに振りきれた技術を持った世界で問われる、人が人であるということでした。

『地には豊穣』はITPによって最適化される人と文化的背景というITPを前にした時に効率的ではないもの、『allo, toi, toi』は小児性愛矯正のために使われるITPと人の好き嫌いというもの、『Hollow Vision』は超高度AIに多くのものがアウトソースされ宇宙に進出した時代テロリズム、『父たちの時間』はナノマシン暴走による危機と父親であるということ。技術が進み可能なことが増えて、それは正しさを導き出すように思えて、そこに人がある以上それは決してシンプルものではなくて、正しさと正しくなさがどこにあるのかわからない極限に直面するようなイメージは、確かに作者の作品に通ずるもので、それが凝縮されたような作品集だと思います。

植え付けられたITPが頭の中の好きと嫌いを整理していく『allo, toi, toi』は再読ですが、複雑化していく好きと嫌いというブラックボックスが目の前に起きていることへのプラスとマイナスに意味を与えて誤謬を産んでいくというのを、逆引きに解体していく様子。そして解体されていく小児性愛性犯罪者の在り方と彼を取り巻く収容所環境が、あらすじにも書かれているのですが本当にグロテスクしか呼べないようなもので、思わず何かとんでもないものを見て、背中がゾワゾワとするようなものがあります。

そして書き下ろしの『父たちの時間』は、放射能対策で作られたナノマシンがそれを餌にコントロールを外れて増えていくという脅威と化す物語大丈夫だろうと思われていた先端技術が突然恐怖の対象となること、それに対する科学者の反応と民衆の反応、為政者の反応。それはどうしても福島を思い出させるものですが、ただ放射能を糧に育っていき、形を成していくナノマシンは、どちらかというとこれ「ゴジラ」だよねとワクワクしてしまいました。湾岸からね、上陸されたらそれはね。

そして科学者としての姿と父親としての姿。そこで見えるものの違い、蔓延するわからないものへの恐怖。それはやっぱり正しさを計算できなくなるものであり、何がどうしたってそこに確かに存在し続けるものが『My Humanity』なのだろうと思いました。

14/04/05

14-4-5

てさ部に心を惹かれている間に4月になっていました。終わってしまった……。

とりあえず4月からへご分をどうやって補給しようか考えてanimeloliveのニコ生を見たのですが、いったいへごにインタビュアーをさせようと考えた人はどこの誰なんだこれ……。


先々週は梶浦ライブ、そして先週はリスアニCircuitに行ってきました。梶浦ライブはホームに帰ってきた的安心感梶浦由記といえば先週から始まったNHK朝ドラの「花子とアン」を見て、思ったよりずっと梶浦音楽をしていてひえーと思いました。凄いところに来たもので。

リスアニは聞きたかったGARNiDELiAの「ambiguous」、ChouChoの「starlog」、ZAQの「Alteration」、そして鈴木このみを網羅できたので個人的には完璧でございました。思ったより客が入っていて、後ろブロックの人が溢れてたのはちょっと辛かったですが。ライブ的にはZAQパフォーマンス的にもライブでここという盛り上がりどころがある楽曲も凄く良くて、これはちょっと単独公演も見たいなあと思ったり。


そして今週からはいよいよラブライブの二期。番宣PVを見ても何をするのだか全くわかりませんが、とにかくめっちゃ楽しみにしています。

博多豚骨ラーメンズ / 木崎ちあき

メディアワークス文庫から電撃小説大賞 大賞受賞作ということで、主要キャラクターほぼ全員男というのが確かに今の電撃文庫でこれは出ないのかなあという一冊ですが、ちゃんとメディアワークス文庫があって良かったという感じでした。面白かった!

人口の3%が殺し屋の街・博多というかなりかっ飛ばした設定で始まる物語ですが、描かれるのかこの物騒な街を舞台に繰り広げられる群像劇。大量の殺し屋マフィア公権力に正解の大物と用心棒探偵スリ拷問屋に復讐屋と、これでもかと物騒なキャラクターたちが投入されて走り回ったり殺しあったりする殺伐とした話のようでいて、読んでみれば中身は軽いタッチテンポよく軽快。サクサクと人は死んで負の感情が入り乱れたりしつつも重たくなることはなく、視点を切り替えながら次はどうなるのだろうと先の展開に興味を引っ張っていくような感じ。思わず先へ先へとページを捲ってしまうようなスピード感がありました。

ラストまでどこに着地するのかわからなかった物語は意外な展開というか、結局誰が誰の掌の上で踊ってたのかというところになってくるのですが、そんなことよりとにかく後味悪い結末に漂う謎の爽やかさみたいなものが素晴らしかったです。作者が野球が好きなのだろうということはさんざん差し込まれる野球の話で分かっていたのですが、それがそうなってまさかタイトルがねえ! みたいな。

キャラクター的には美貌の女装癖でクソ生意気殺し屋少年林が組織に逆らって殺されかけたところを拾った形になる、飄々としながら実は超人っぽい探偵馬場コンビがいい感じでした。放任主義なようで手厚い飼い主と言うことを聞かない野生の猫というか、男ツンデレっぷりが良い感じです。

14/03/15

14-3-15

洲崎西→てさぐれ→デレラジと最初の方だけ聞いていたデレラジに帰ってきたら、きれいなはっしーなんていなかった、みたいなことになっていて私は満足気な笑みを浮かべました。おっぴろげーしょん。あとへごちん繋がりでGO! GO! 575ととくばん575をみて不可解なものを見た顔をしていました。


あと575の抹茶キャラソンである『コトバ・ラ・パティスリエ』が熊本弁(蘭子的な意味で)でホットケーキを焼いている歌だったので、思い切ってホットケーキ作成に挑戦したら、一回目思いっきり焦がしてその歌詞再現はいらなかった……みたいな感じに。あと一人暮らしで粉200グラム分は普通に多い。あ、曲は珍しいかっこいい方面へごちんが聞けるので良いと思います!!

桜Trick 4 / タチ

桜Trick (4) (まんがタイムKRコミックス)

桜Trick (4) (まんがタイムKRコミックス)

美月会長卒業して新しい学年へ。と同時に春香と優の関係の新しいステージへ、みたいな感じで友情の延長線上にあったキス意味ちょっと別の次元へと飛びつつあって変な声が出そうになる4巻でした。あと卒業した美月会長方面でも百合香りが、主に里奈の辺りから

それにしてもなんでもない(?)日常4コマの中で、こういうちょっとした感情関係性の変化をやられるとおおうとなるものがあります特にこの作品は読んでる間ずっと脳が溶けているので不意打ち感が。そしてアニメ以降に読むと戸松遥井口裕香の声で二人が喋って破壊力プラスアルファが……。

マホロミ 3 / 冬目景

このシリーズはどちらかと言うと幻影や羊のような乾いた作風冬目景なのだと思っていたのですが、ここに来てぐっと柔らかい感じになって、そしてそれが凄くハマっている感じです。

お坊ちゃまな石蕗くんがおんぼろ男子寮に放り込まれる「漸の桜」も、そこで暮らす人々を見て少し考えを変えているようで、最後まで変わらないものは変わらなかった石蕗くんが良かったですし、「彼女名画座」の大人たちの恋愛模様と解体された名画座の話も素敵な感じでした。特に事務所から独立した男とそれについていかなかった女の10年越しの咲かなかった恋の話が、非常に良くて! 名画座を中心にした再会とお互いへ残る想い、それでももう交わらない、あの時に決定的に分かたれた道、みたいなのがとても好みでした。

そして土神周りの恋愛模様も、一人作品の中でも別の閉じた世界にいるような真百合彼女に色濃く残る亡き祖父の影というものがはっきりと見えてきて、これからどうなっていくのか俄然楽しみです。

ビリオネアガール 3 / 支倉凍砂・桂明日香

完結、ということで高遠と紫の関係に決着をつける一冊。

凄腕のデイトレーダー大富豪、その反面家庭環境に問題を抱えてコミュ不全というヒロインと、普通学生である主人公出会いから始まった物語として、一番わかりやすくすっきりとする結末にしっかりと落ち着いた、という最終巻ではあるのですが、でもちょっと物足りない感じが。

金融関連の知識あれこれ、そして破壊力抜群のヒロインそれから彼女とその周りの人間を描く中で避ける事のできない人とお金というテーマ。それを全部織り込んで一番コンパクトにまとめましたという結末は、それはそれで綺麗なのですが、でもこの話ならばもっと色々描けただろうしそれはきっと面白かっただろうと思うのです。そんな感じの消化不良感を残しつつ、いつか小説か何かでこのお話をまた読める機会を願っています。今なら!! メディアワークス文庫的なポジションで行ける気がする!!

14/03/12

14-3-12

またしばらく間が空きましたが、その間にBABYMETALライブを見に行ったり、ラブライブを全曲歌うカラオケをやってきたり、もちょブログという新種のエンターテイメントにハマったりしていました。そしてミリマスを初めてみたりあらためてアイマスLTPを聞き直して『フェスタイルミネーション』が頭から離れなくなったり。あと相変わらず洲崎西とてさぐれに染められた毎日。まあ要するに凄い駄目な感じです。


BABYMETALライブは『アイドルメタルの融合』と言いつつも、融合しているというか『アイドル』と『メタル』が別々のまま同じ場所で成立しているという謎のステージを見せつけられているような感じ。ひたすらアグレッシブな神バンド爆音とこれが若さかと思わせる圧倒的運動量ダンスで駆け抜けるアンコールまで含めても2時間に満たない公演は、密度がひたすらに高くて凄いものを見せつけられてるような気分になりました。SU-METALの美少女っぷりと視線と佇まいからあふれるカリスマ感にすげーなアイドルだなあと。次のライブヨーロッパということですが、これはやっぱり日本しか生まれない何かだと思いますし、このスタイルを見せつけてきて欲しいなあと思います

Wizard's Soul 1 / 秋★枝

カードゲーム世界的に人気のスポーツであり、その強さが人気やお金、そしてモテることにもつながってくるような世界で、今一人の少女が立ち上がる!! であらすじは間違っていないのですが、王道のようでちょっと外れているのがこの作品。

秋★枝作品らしくもどかしくにやにやさせるような恋愛もあって、でも話の中心にはTCGがあって、そして少女がその大会を目指す理由はどシリアスというか、父親がカード詐欺で作った借金返済のため、そして彼女の強さは死の淵にある母親に叩きこまれたものという、若干引くレベルに壮絶なものであって。そんな感じに恋愛モノのような少年マンガのようなシリアスのような闇鍋感に溢れた作品なのですが、これはこれでしっかりバランスがとれているので面白いです。

そしてこの主人公であるまなかが素晴らしくて。母親の不在、妹達の存在、父親の作った借金と重たすぎるものを背負って歩み出す道は、TCGテーマの作品なのでもちろんカードなのですが、そこでの戦い方のえげつなさ、容赦のなさっぷりがマジまなか様。恋した男の子から嫌われること覚悟ポイントを巻き上げ、大事ものを切り捨て背を向け泣きながら進む修羅の道とか、何この子かっこ良すぎるんですけどという。そしてその戦い方がパーミッションやコントロールという、相手の行動を縛ったりカウンターをとったりする嫌われるようなやりかたで、しかもそこに一切の容赦はないというのが素敵すぎます。私はTCG系はよく知らないのですが、こういう戦法があるのかと。

カードの腕一つで飛びこんだ世界。でもこんな身を切るようなやり方で進んでいく道の先にはきっと破滅しかなくって、それでも進むしか無いと決めてしまった以上止まることはできないだろうことも想像がついて。だからこそ、この先櫻井くんには是非頑張ってほしいなあと思います。この思いつめたまなかもすごく好きですが、それ以上に幸せになってほしいとも思うキャラクターなので。