Hatena::ブログ(Diary)

FULL MOON PRAYER このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

16/04/25

最前列の魔力にあてられて。

BanG Dream! First☆LIVE Sprin' PARTY 2016!

ドラムキャストが発表されて、これはなんとしてもへごがどんちきするのを見なければと思って足を運んだバンドリなんですが、これは明らかに新しい沼に片足突っ込んだなと思って帰ってきました。そういえば古くはWhiteberryから最近SCANDALやSirent Silenまで、ガールズバンド好きなんだよ私っていう。

開演前は声優バンドやるプロジェクトという先入観もあって若干引いたところがあったのも事実なのですが、とにもかくにも思っていたものの何倍もちゃんとバンドしててびっくりしました。最初の『Yes! BanG_Dream!』でおお? ってなって、後半の『ティアドロップスから先はただひたすら楽しかったです。やっぱりこういうストレートバンドサウンド好きだし盛り上がるし演奏してるの好きな声優だし何だそれ最高かよっていう。

はいえ当たり前のことながら演奏はまだまだだと思いますし、あの曲数でしかも5人揃っての演奏が半分くらいなのを考えると正直チケット高いんじゃないかと思ったりもするのですが、そういうことじゃなくて、ここから始まる何かのスタート地点としてはこれ以上に無いものだったんじゃないかなあと思います。賽は投げられたというか、たしか物語は始まったんだなと、始められるだけの素地がここにはあるんじゃないかなと。それぞれの声優としての活動もあるだろうし、これから色々難しい部分は当然あるとは思いますが、逆に声優キャラクターバンドをやるからこそ表現できるものが、きっとここから線になっていくんじゃないかと思ったライブでした。

それはまあともかく、推しの声優が目の前でバンドドラム叩いていて、推しが叩くドラムの音でノれるという全てを薙ぎ払うこの圧倒的な事実ですよ。どんちきさん、ふっつーにドラム上手くて特技だというのは伊達じゃないと思いました。合間合間の笑顔は流石の大橋彩香だったのですが、叩いている時の真顔がちょっと見たことなイケメンで、もう心中ヤバいしか言ってなかった感じ。いや、ほんと、良かった。

16/04/18

1日目にまさかの2階席トロッコでびっくりして、二日目は開演前にもちょと上しゃまが見たいと話していたら本当に通ったので、願いはやはり言葉にしなければいけないのだなと思いました。歌ってない時もずっと笑顔で手を振っているもちょは天使だった。

THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 3rdLIVE TOUR BELIEVE MY DRE@M!!@MAKUHARI0416&0417

ついに千秋楽を迎えたミリオン3rd、終わってみれば37人で繋いできたツアーだったのだなと感じる公演だったと思います。最終日の最後ブロックに、これまでに公演リーダーであるミリオンのコアメンバーとも呼べる10人のソロを詰め込んできて、それがまた一人一人このツアーでの成長を魂込めてぶつけてくるような気合の入り方で凄かった。今手が届く最高のもうひとつ上に手を伸ばすような、次のステージに上るための儀式めいた10曲だったように思いました。そして発表された次のライブ武道館しかも37人出演。『Thank You!』で「手作りの『ぶどーかん』」と歌った日からついにここまで来たというのが、凄くしっくりくるような3rdライブでした。

それからキーワードになっていた「765プロ未来」という言葉や、『アライブファクター』『ハルカミライ』をこのメンバーでやったことで、プラチナスターズでもう一度別のスタートを切る765ASに対して、「765プロの後輩」だったミリオン卒業公演というか独立公演的な色合いも合ったのかなあと。


あとは日別の感想を。

初日は何はともあれ『アイル』。愛美が『プラリネ』を終えてそのままステージに残った瞬間、みんなの期待が爆発したのを感じるくらい望まれてた曲で、ただその期待を悠々と上回っていった感じ。入りでジュリアと翼がタッチを交わすところからもうゲッサンミリオンを読んでいるとグッと来るわけですが、愛美ギターにあべりかさんのコーラス、そしてmachicoボーカルという、アイマスでは今までにない編成でこんなものを見せられたらもうねえ。今までの上手な歌い方とは違う、全力で叩きつけるような歌に、あのコミックを読んだ後だとすごく翼を感じました。個人的伊吹翼というキャラクターは本当によくわからなくて、それがあのマンガ輪郭が見えて、この『アイル』で色がついて、二日目の『Believe my change!』で初めてmachicoの向こうに翼がしっかり見えたなあと。

そしてその『アイル』でコーラスを務めたあべりかさん。大きなライブ初参加とは思えないパフォーマンスでした。『...In The Name Of。 ...LOVE?』、歌も振り付けちょっとびっくりするくらいで。

それから初登場組だと浜崎奈々『求ム VS マイ・フューチャー』。Pたちの「のーりー子! のーりー子!」のコールからセンターステージリング見立てダンスまでらしさをきっちり入れてきていたのですが、最後の「ヨンテンイチロク幕張」という言葉になんかもうプロレスだ!! ってなったのですよね。あれは完璧だった。

後は渡部恵子『MY STYLE! OUR STYLE!!!!』がとても好きな曲なのでライブで聞けたのと、小岩井ことり『鳥籠スクリプチュア』で七箇条できたのが良かったです。


2日目は先にも上げたソロ曲10連発。どれも凄かったですが、特に雨宮天絵本』が福岡に続いて素晴らしくって、完全に曲をモノにしたというか、上のレベルにあがった感じがありました。北沢志保というキャラクターのための曲で、志保であることをとても強く感じるというか。特に今回はカバーコナーで『虹色ミラクル』を一緒に歌った木戸衣吹オリジナル声になって』の後にそのまま続くように曲に入ったので、可奈と志保劇場版がいよいよ成仏したような、そんな気配を感じたり。

あとは念願の駒形友梨vivid color』が聞けて本当に良かった。駒形さんはここでも大阪でも抜群に良かった『Melody in scape』と言い、machicoと張り合っていたカバーの『マリオネットの心』といいやっぱりとても良いと思いますもっとたくさんの舞台に出て欲しいなと。そして素晴らしかった『vivid colorから完全に空気を持っていく高橋未奈美dear...』。たかみなさんもちょっとモノが違うなあと毎度思います

後は名古屋を逃しているので聞きたかったまつり姫。諏訪彩花カーニヴァルジャパネスク』の奇妙なノリの良さも、これも念願だったオリジナルメンバーの『Decided』、そしてカバーの『待ち受けプリンス』の「嘘つきーー!!」も、とってもまつり姫していてわんだほーでした。

あとは『アライブファクター』でのころあずとmachicoのこの曲はやっぱりこのイメージでしょという向い合っての歌唱、あの迫力。いやはやホリプロすげえなと。そして『ハルカミライ』はころあずを追いかけるぴょん吉の犬っぽさに、完全にゲッサン静香未来がダブって見えました。


それから、765カバー山崎はるかが『キラメキ進行形』、田所あずさが『Fate of the World』、machicoが『マリオネットの心』をこのツアー最後舞台で歌っていて、やっぱり信号機系譜なんだなあと思ったりとか。

16/04/09

うえしゃまのミラがとても可愛かったと思います。

Dimention W 1〜10 / 岩原裕二

アニメを見て面白かったので原作を読み始めたらやっぱり面白くて、最新10巻まで読みましたDimentionW。凄く真正から面白いエンターテインメント作品をしていてとても良かったです。

次元Wから無尽蔵にエネルギーを取り出すことができるコイル存在する世界舞台に、不正流通した違法コイルの回収屋を営むマブチ・キョーマ。コイルを異常なまでに嫌い、時代に逆らうかのようにコイルを使わず、それでも圧倒的な強さを見せるキョーマと、コイル管理するニューテスラから追われた天才博士が残したあまりにも人間的すぎるアンドロイド少女ミラ。過去に闇を抱えた凄腕のオッサンと、謎の多いアンドロイド少女のバディものという時点でもう勝利を確信する感じ。

コイルを嫌う彼は当然コイルで動くミラも毛嫌いするのですが、その理由が彼の過去にあったこと、彼がミラの向こう側に何を見ていたのか、そして頑なにポンコツ、ガラクタと呼び続けたミラをふと人間扱いする瞬間。それに対するミラの反応も含めて非常に良いものでした。

回収屋としての事件から大きな話となったキョーマの過去に迫るイースター島編まで、アクションあり謎解きありキャラクターも立っていてケレンも利いていて単純にワクワクするのですが、場面の派手さを求めてか、少し無理な展開になることがあるのは良し悪しという感じ。その辺りまで含めて、なんだかアクション大作映画! みたいなノリを感じる作品だと思います。

10巻のイースター島編完結でキョーマの過去にはひとつの決着がついて、まだ解決していない伏線とともにこの先はミラの物語へと入っていく模様。間違いなく普通アンドロイドではない彼女の行く先に何が待っているのか、この先もとても楽しみです。

あと、直近の話としてはエリーがどうなっちゃうのかとても心配なのですが!

16/04/06

声優ライブ感想ブログと化している感。

THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 3rdLIVE TOUR BELIEVE MY DRE@M!!@FUKUOKA0403

今回のミリオンは37人が出るツアーということで、各公演ごとにメンバーも違ければリーダーも違って、それはまあ当然雰囲気セトリも変わってくるのですが、その中でもこれは私得だろうと思っていた福岡、本当にピンポイントに狙われてるかのようなライブでした。LVだったのですが、頑張って現地に行けばよかったと思うくらいに。いや、良かった。

何はともあれ中村温姫さんですよ。ミリオンではロコが図抜けて好きなキャラクターなのですが、その中の人のあつひめさんはこれまであまり表に出てくることもなく、リリイベにも行っていない私は今回が初めて見る機会だったのです。なのに冒頭で全員で『Dreaming!』を歌ってる段階で「あ、この人がロコだ」と分かるあの感じ。公演が進んでどの曲を歌っても踊ってもMCで喋っても動いても、あのコロコロパタパタキャンキャンした感じと当然ながら声、そして笑顔がロコそのもので素晴らしかったです。いやもう完全にロコだった。楽しみにしていた『fruity love』も良かったし、ソロ曲の『STEREOPHONIC ISOTONIC』が始まった時には勝利を確信したのですが、勝利どころじゃなかったというかそうかこれが優勝ってやつかと。本当にあつひめさんがロコで良かった。

それから、上しゃまの最後MC。あの感受性全振りみたいな憑依系の役者さんが、訥々と語る自分の演じるキャラクター距離が近づいたという話ってそれはヤバいです。なんというか上田麗奈という人は見るたびに、巫女というか、シャーマンの類なのだろうなあと思います。

そして、今回の公演リーダー雨宮天麻倉ももというおよそリーダーっぽくない二人。あのふわふわしすぎているくらいふわふわしているもちょの、彼女なりに色々考えて、真剣に向き合って、それで今リーダーをやっているんだという姿が見られたのはとても良かったです。大きな舞台でも全く動じなかった彼女の、あんなに緊張した顔、真剣な顔、不安げな顔が見られるとは。MCでもライブのことより食べ物の話ばかりしてたのが今回は食べ物の話をほとんどしなかった辺りに、彼女なりの覚悟が見えたような気がして、まさに立場が人を成長させる数時間というものを見た気分になりました。

そして雨宮天ソロのトリだった『絵本』が圧巻でした。北沢志保という何でも独りでやろうとしていたキャラクターに、独りじゃ強くなれないと気づかせた出会い。その歌をこの立場で歌って、そこからもちょと二人の『星屑シンフォニア』。「さぁ行こう 最高の仲間で」と歌う中で、少しずつもちょが階段を降りて二人並んだ時に、アイマス映画で見た北沢志保物語が、ようやく私の中で完成したように感じました。SSA矢吹可奈物語の完成を見た時と同じような、もう大丈夫だと思える不思議な感じ。

そしてそれを踏まえて二人のブログを見るとあーっていう。

ミリオンツアー福岡?♪♪|麻倉ももオフィシャルブログ「もちょっとおしゃべり」Powered by Ameba

アイマスツアー福岡|雨宮天オフィシャルブログ「天模様」Powered by Ameba


その他にもとにかくセトリが殺しに来ていて、聞きたかった『サマ☆トリ〜Summer trip〜』、東京まれでも田舎に帰りたくなる『“Your”HOME TOWN』、こんなに格好良い曲だったのかと思った『Eternal Spiral』、カバーまさかの『inferno』、ただただ圧倒的だった『Shooting Stars』と好きな曲が並んでるのは単純に楽しいなと思ったライブでした。良かった。そして幕張が楽しみだ!

16/04/03

まりまとまっていないですがとりあえず。

ラブライブ!μ's Final LoveLive!〜μ’sic Forever♪♪♪♪♪♪♪♪♪〜 3/31、4/1@東京ドーム

ファイナルと銘打たれたライブで、ドーム5万人の観客の大合唱とともに「今が最高!」と叫んで終わりを迎えるって、そんなの美しすぎるじゃないかと。ただ、そんな奇跡をここまでも実現させてきたのがラブライブという作品であって、μ'sというグループだったのだと思ったファイナルライブでした。

私はアニメ1期から入っているのでそれ以前のことまではわからないのですが、アニメ以降のラブライブ! そしてμ'sが持っていた空気というかメッセージ性というか、そういうものが見事にこのライブ表現されていたなあと思います。コンセプトにブレがなかった、μ'sの物語を終わらせるためにあった劇場版が上げたトスを、今まさに最高の形で打ち下ろしたみたいなライブ

アニメ1期から加速した普通の子たちがスクールアイドルとして羽ばたいていく物語は、声優グループのμ'sとしても3rd以降一気に加速して、映画紅白、そして東京ドーム2dyasへと。やればできる、行けば分かるという勢い、熱気、怖いもの知らずながむしゃらさ。駆け抜ける高揚感とファンミーティングツアーで見せた修学旅行のようなハイテンションキャストも追いかけるファンも一緒になって何度だってやり直せる青春。そして常にカードとして切り続けていた見えている終わりは、劇場版で限られた時間の中で輝くスクールアイドルという言葉で固められて、この「Finalライブ昇華されたなあと思います。

劇場版ステージ再現した「僕たちはひとつの光」まで、キャラクターキャストの同一化は18人のステージという言葉と共に最後まで。これは、作中で伝説となったスクールアイドルμ'sがどうやって時代を駆け抜けたのか、それを体現するステージだったのと同時に、ダンスについて全くの素人から始まった彼女たちが、誰も想像できなかったようなところに来たという到達点でもありました。あの空間には作中のμ'sと声優9人のμ'sの線引なんて無くて、創りだされた空気は、これがラブライブなのだと堂々と見せつけられたような感じ。

半分くらいは新曲過去最大ボリューム楽曲数を歌って踊りきったのは、随所に感じられた余裕やお互いをフォローしあう姿に見えた経験と練習の積み重ねであること以上に、この作品自分の演じたキャラクターに対する愛と執念の賜物だったのではないかと思います。この作品で膝を悪くして長らく踊れない状況が続いた南條愛乃が、最後最後にあれだけの曲数を踊ったということも含めて、キャストスタッフ含めてここまで不可能を可能にしてきたものが結実して、誰も見たことのなかった場所までμ'sを連れて行ったのだなと。平日の16時に5万人を集めて、あの熱気、あのパフォーマンス、そしてあの観客の大合唱の中で最後円陣を組むメンバーたち。なんというか、まさに「僕たちの奇跡」を「みんなで叶える」物語をこれ以上なく体現した瞬間だったなあと思います。

ファイナルシングルであり、アンコール最後に歌われた「MOMENT RING」というまさにμ’sの終わりを歌うような曲で、『無謀な夢から始まって 奇跡のように全てが繋がって』と歌われるのですが、この奇跡キャスト含めた関係者がもぎとったものだったのかなと、このライブを見て改めて思いました。偉業というか、二度とはない何かというか、とにかくここ数年間の間、とんでもないものを見せてもらって、一緒に走らせてもらってきたのだなあとしみじみと。そして、この作品リアルタイムに追いかけることができたことは、幸せなことだったなあと。

それから、作中のμ'sとしてでも歌って踊るユニットとしてのμ'sとしてでもなく、おそらく4/1を過ぎた今でも、例えばスクフェスを起動すれば会うことができるμ'sとして、解散という言葉さよならという言葉も決して使わず、私たちはずっとμ'sだと宣言してこのライブを終えたこと。そこにあるキャラクターアイドルとしての不変性に、キャラクターキャストを重ね合わせて表現されてきたもの真骨頂を見たような気がしました。