MATSUZAKIの日記 RSSフィード Twitter

Back to Peppermint.jp

2017-03-19

第10回UEC杯コンピュータ囲碁大会

Rayの作者の小林さんとチームでRay+Rn=Raynで出場して3位でした。

CGOSや内容から見るに4位〜8位引き離したというよりはコイントスして運よく勝てたに近い状況とはいえ暫定世界4位を名乗れる。

http://www.computer-go.jp/uec/public_html/result2.shtml

実行していた版のソースはraynブランチにpush済みなので興味があればどうぞ。

いつものcgosのRn.x.yy-4cはi7-2600K+GTX980Tiかたまにi7-6700K+TITAN Xで動かしているのを、せっかくなので56CPU+Tesla P100×1のGPU BOOSTタイプ Tesla P100で参加した。56スレッドで探索するとPolicyNetwork/ValueNetworkの評価キューが詰まって28スレッドで動かしていたけどそれでも結構CPUが遊んでいたのが若干残念。

このサービスはGPUの単体性能が高くてEC2でマルチGPU使うのと比べて何も考えなくても性能出しやすい反面、仮想化薄いらしくハードウェア障害でも別ホストに自動で移ったりしないのが面倒。


追記:

とりあえずCGOSでCGIに3連敗してる。

2016-12-07

2016-01-29

AlphaGo

各所で話題になってるGoogle の DeepMind 囲碁論文が面白い。

https://storage.googleapis.com/deepmind-data/assets/papers/deepmind-mastering-go.pdf

RAVEやProgressive wideningのようなUCT系の探索ノード決定ヒューリスティックを使わず、ニューラルネットが吐いた確率分布を使ってたりはするけど、rollout policyやtree policyはもろいままでの囲碁AIどおりだし、ニューラルネットへの入力にダメの数やシチョウ入れてるので、一部ニュースの汎用AI作ったら囲碁も強かったんだいって言うのは無理がある気が・・・

2015-10-12

Arduboy

ArduboyのDeveloper kitが届いたのでaobench移植したり日本語表示したり

2015-09-10

SVGコードゴルフ

圧縮アルゴリズムの気持ちになるですよ

推測するな計測せよに基づき最適化プログラムでっちあげる。

import java.io.{BufferedReader, ByteArrayInputStream, ByteArrayOutputStream, InputStreamReader}
import java.nio.charset.Charset
import java.util.zip._

object GZ {
  def compress(in: String, charset: String) = {
    val buf = new ByteArrayOutputStream()
	val out = new GZIPOutputStream(buf)
    val bytes = in.getBytes(charset)
	out.write(bytes, 0, bytes.length)
	out.close
    buf.toByteArray
  }
}

object Svg {
  def toString(data: List[(String, List[String])]) = {
    var s = """<svg xmlns="http://www.w3.org/2000/svg" width="600" height="250" stroke-width="16" fill="none" stroke="#4a87ee">"""
    for ((tag, elms) <- data) {
      s += "<" + tag
      for (e <- elms)
        s += " " + e
      s += "/>"
    }
    s += """</svg>"""
    s
  }

  var min = Int.MaxValue
  var minSvg: String = null

  def optOne(data: List[(String, List[String])], svg: List[(String, List[String])]): Unit = {
    data match {
      case e :: es =>
        val (tag, attrs) = e
        for (as <- attrs.permutations) {
          optOne(es, (tag, as) :: svg)
        }
      case Nil =>
        val s = toString(svg)
        val size = GZ.compress(s, "UTF-8").length
        if (size < min) {
          min = size
          minSvg = s
          println(minSvg + " --> " + min)
        }
    }
  }

  def opt(data: List[(String, List[String])]) = {
    for (per <- data.permutations) {
      optOne(per, Nil)
    }
  }

  def main(args: Array[String]): Unit = {
    val data = List(("path", List("""d="m173 102a51 51 0 1 1-13-30m20 37h-53"""")),
      ("circle", List("""cy="128"""", """r="32"""", """cx="227"""", """stroke="#d83038"""")),
      ("circle", List("""cy="128"""", """r="32"""", """cx="313"""", """stroke="#f4c022"""")),
      ("path", List("""d="m401 160a31 31 0 1 1 0-61m-4 0a24 29 0 1 1 0 61m26-67v79m-1-12a20 20 0 1 1-52 17"""")),
      ("path", List("""d="m449 51v115"""", """stroke="#4ab95a"""")),
      ("path", List("""d="m529 118a30 30 0 1 0-2 24m5-32-62 28"""", """stroke="#d83038"""")))
    val s = toString(data)
    println(s + " --> " + GZ.compress(s, "UTF-8").length)
    opt(data)
    println(minSvg + " --> " + min)
    // for (c <- GZ.compress(s, "UTF-8"))
    //   println(c)
    println(toString(data))
  }
}
<svg xmlns="http://www.w3.org/2000/svg" width="600" height="250" stroke-width="16" fill="none" stroke="#4a87ee">
<circle cx="313" r="32" stroke="#f4c022" cy="128"/>
<circle cx="227" r="32" stroke="#d83038" cy="128"/>
<path d="m449 51v115" stroke="#4ab95a"/>
<path d="m173 102a51 51 0 1 1-13-30m20 37h-53"/>
<path d="m529 118a30 30 0 1 0-2 24m5-32-62 28" stroke="#d83038"/>
<path d="m401 160a31 31 0 1 1 0-61m-4 0a24 29 0 1 1 0 61m26-67v79m-1-12a20 20 0 1 1-52 17"/>
</svg>

これによってgzip後のサイズを269バイトにまで削減できる