Hatena::ブログ(Diary)

宮台真司の「日本の難点」

このサイトは4月18日発売される「宮台真司」初の新書『日本の難点』(幻冬舎新書)のキャンペーンブログです。このサイトでは、年5月10日ABC本店で行われる発売記念イベントで宮台さんにぶつける質問を広く募集しています。詳しくはこちらまで。また、書籍の詳細等もこのブログ内で随時紹介していきます。

2016-07-23 医療崩壊のススメ? このエントリーを含むブックマーク

D

病院がなくなったら市民が健康になった夕張から学ぶべきこと

森田洋之氏(内科医・南日本ヘルスリサーチラボ代表)

マル激トーク・オン・ディマンド 第798回(2016年7月23日)


財政が逼迫し、医療サービスを縮小せざるを得ないという宿命を抱える日本は、夕張市の実例に何を学ぶべきか。ゲストの森田洋之氏とともに、マル激初登場、ジャーナリストの迫田朋子と社会学者の宮台真司が議論した。


http://www.videonews.com/marugeki-talk/798/

医療現場取材ノート―健康であること

医療現場取材ノート―健康であること

2016-07-22 幸せよりカネ?シルバー世代の価値観とは このエントリーを含むブックマーク

幸せよりカネ?シルバー世代の価値観とは

博報堂生活総合研究所がこの30年間、60〜74歳を対象にほぼ同じ内容の調査を行っています。その中で今回、「今あなたが欲しいものは何ですか」の問いに、40%が「お金」と答え、「幸せ」の15%を大きく上回ったという結果。30年前は「幸せ」の方が多かったそうです。

この結果を見て「シニア世代があさましくなった」と即断するのは良くないこと と宮台さん。

20年前に「幸せ」と答えた人も、金があって、生存が脅かされていなかったから「幸せ」と答えていただけで、「生存」が金の部分で脅かされるようになり、いまや「幸せ」とは答えられなくなった。根幹の価値観は何も変わっていない!という見方ができるそうです。

とはいえ、金が満たされてから幸せを考えるというのもどうなんだ??

詳しくは、TBSラジオクラウドの「ニュースクリップ」コーナーをお聴き下さい。


http://www.tbsradio.jp/57116

1.「ポケモンGO」ついに日本上陸!アクセス集中でつながらず

2.辺野古問題、再び法廷闘争に。政府が沖縄・翁長知事を提訴

3.トランプ氏、指名受諾演説「移民対策で壁建設」「TPP拒否」強調

4.「あの報告書は素人向け」ロシア側、反ドーピング機関をバッサリ

5.フランス・ニースのテロ。数ヶ月前から複数で計画か

6.丑の日は、ウナギ味のナマズでどう?イオンが1枚1600円で販売

7.NBA、ノースカロライナのトイレ法に反発。オールスター地を変更

8.佐賀強豪・龍谷高校の野球部室で火事。タバコみつかり喫煙発覚

9.映画館で、場面を説明する音声ガイド。東映が初めて全国配給

10.J2岐阜、ラモス瑠偉監督を途中解任!毎年の成績不振で

7月22日(金)ニュースランキング音声|TBSラジオAM954+FM90.5?聞けば、見えてくる?

2016-07-19 ポピュリズムに翻弄される【米大統領選】 このエントリーを含むブックマーク

【第1特集京都タブージャーニー


"観光の街"は幻想だった?京都の知られざる【都市計画史】

【海外】からみたトンデモKYOTO実態

【ANARCHY】を生んだ“荒くれ団地”向島ニュータウンの真実

バンドのメンバーが赤軍派に!?【京都音楽】の危ない歴史

金と権力でエロ記事を強制排除!【グーグル帝国】の野望

海老蔵キムタクハッスル京都【芸能人お忍びMAP】

京都にとって天皇とは? 京都奈良天皇の【宗教的知見】

新宗教史から読み解く【伏見稲荷大社鞍馬寺】の功罪

行政デベロッパー】が群がる開発利権

Iターン新興で問題も!? 京都市以外からみた【京都の生活】

京都の伝統産業から見える【部落・在日問題】の裏面史

同和問題からヤクザ利権まで【京都の闇】を暴いた本


【第2特集サブカル化するテレビと芸人の命運


【第3特集】サメと現役JKのキケンな邂逅


http://www.cyzo.com/2016/07/post_28810_entry.html

2016-07-17 「アメリカン・デモクラシー」 このエントリーを含むブックマーク

対談 「アメリカン・デモクラシー」の現在

講師名 首都大東京教授・社会学者 宮台 真司

政治社会学者 堀内 進之介

講座内容


アメリカ大統領選挙の候補者選びが耳目を集めている。共和党の候補者であるトランプ氏の過激な発言ばかりが注目を集めているが、アメリカを第一に考える「アメリカ・ファースト」という政策は、米国の基本的なスタンスでもある。「弱い国家・強い社会」として知られる米国は、いまどのような段階を迎えているのか、そして、それは日本をはじめ関係諸国に、どのような影響があるのかを考えたい。 (堀内講師・記)

日時・期間 土曜 18:30-20:30 9/10 1回

日程 2016年 9/10

受講料(税込み)

9月(1回)

会員 3,456円

一般 4,104円

注意事項 ※講座冒頭に短いレクチャーを行った後で対話に入る予定です。


対談 「アメリカン・デモクラシー」の現在| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター

2016-07-16 参院選でわれわれが選んだもの このエントリーを含むブックマーク

D

参院選でわれわれが選んだもの


小林良彰氏(慶応義塾大学法学部教授)

マル激トーク・オン・ディマンド 第797回(2016年7月16日)

 この選挙で日本の有権者が選んだものは、ただの「現状維持」だったのか。

 今回の参院選でわれわれが選択したものは何だったのか。与党に勝利をもたらした有権者の投票行動は、われわれのどのような政治的意思を反映したのか。また、野党には何が欠けていたのか。今回の選挙における有権者の行動分析や各党の政策と選挙結果などを参照しながら、ゲストの小林良彰氏とともにジャーナリストの神保哲生と社会学者の宮台真司が議論した。


http://www.videonews.com/marugeki-talk/797/

D

なぜ天皇の生前退位がそれほど大問題なのか


ニュース・コメンタリー (2016年7月16日)

 今上天皇が、生前に天皇の位を皇太子に譲る意向を示していたことが報道され、大きな議論を呼んでいる。それは現在の象徴天皇制が、そのような事態を想定していなかったためだ。


 そもそも何が問題なのか。そして、この問題とわれわれはどう向き合えばいいのか。ジャーナリストの神保哲生と社会学者の宮台真司が議論した。


http://www.videonews.com/commentary/160716-02/