ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

湿地帯中毒

2016-11-27

日記

イキテマス・・。某図鑑の原稿は一応すべて終了し、順次校正作業中。発売日には間に合いそうです。そんな中、約9年一緒に各地を走り回ってきた愛車のスイフト君とお別れすることにしました。走行距離は約17万キロでだいぶ不具合が出てきていたのと、車検のタイミングが重なったためです。各地の湿地帯調査をともにしてきたのでさびしいですが、次の車と一緒にまたがんばりたいと思います。

f:id:OIKAWAMARU:20161127224639j:image

f:id:OIKAWAMARU:20161127224638j:image

f:id:OIKAWAMARU:20161127232037j:image

特にポスドク時代はもうほんとにこの車で九州を5周くらいしているので、思い出が色々。あとこの車はマニュアル車だったのですが、次のはオートマ車で、それもまたちょっとさびしいところであります。。大きな事故なくこれまで色々とありがとう。お疲れ様でした。

2016-11-14

日記

必死で色々しています。はい。

f:id:OIKAWAMARU:20161114143612j:image

f:id:OIKAWAMARU:20161114143611j:image

F岡県産のウスバカマキリ。生きたのをはじめてみました。超絶かっこいいのでしばらく飼育することにしました。子供の時から図鑑では見ていて、ちょっと探したりもして、それでも出会えなかった生き物は、出会ってみるとやはり感動します。

2016-11-01

日記

生きて・・ます・・ 図鑑の執筆に追われて死にそうですが、何とかゴールが見えてきました・・。そんな合間に湿地帯調査など。

f:id:OIKAWAMARU:20161101224130j:image

ドキドキする看板。

f:id:OIKAWAMARU:20161101224129j:image

死ぬほどいるハイイロチビミズムシ。ひょっとするとクロチビミズムシも混ざっているかもしれません。

f:id:OIKAWAMARU:20161101224128j:image

こちらの何気ない湿地が良かったです。チビゲンゴロウ、チャイロチビゲンゴロウ、ホソセスジゲンゴロウ、マメゲンゴロウ、ヒメゲンゴロウ、ウスイロシマゲンゴロウ、ハイイロゲンゴロウ、キイロヒラタガムシ、ルイスヒラタガムシ、チビヒラタガムシ、チビマルガムシ、マメガムシなど。とても多様です。

f:id:OIKAWAMARU:20161101224126j:image

チャイロチビゲンゴロウ(上)とチビゲンゴロウ(下)。

f:id:OIKAWAMARU:20161101224125j:image

チビマルガムシ。とっても小さいです。

もう少しがんばります。

2016-10-18

日記

今日は某業務のため川へ。ちょっと久しぶりの川だったので楽しかったです。絶滅してたらどうしようと心配していた某種も確認できたので良かったです。

f:id:OIKAWAMARU:20161018225757j:image

今日は良いカマツカがたくさんいました。これはもう理想の体形ですね。

f:id:OIKAWAMARU:20161018225754j:image

たくさんいすぎて、おかしくなってしまいそうです。

f:id:OIKAWAMARU:20161018225753j:image

ヤマトシマドジョウのオス(右)とメス(左)。胸鰭に注目して、尖っていて付け根に骨質盤があるのがオス、丸くて特に何もないのがメスです。これは基本的にシマドジョウ属に共通ですが、イシドジョウとヒナイシドジョウは特にそうでもないので要注意です。