REVの日記 @はてな このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-05-28-Sat

[]"“解凍”と呼ぶのはおっさんだけ? Twitterで“解凍”派と“展開”派の争いが勃発"

http://www.forest.impress.co.jp/docs/serial/yajiuma/20160527_759537.html


経緯はよくわからんけど、圧縮されたファイルを元の形式に復元するときに、対応したソフトウェアを実行する行為が、そのままでは食べられない冷凍食品を(電子レンジなどを用いて)解凍する行為に似ていたためについたスラングなのかも。小さな箱を幾つかまとめて紙で包んで紐で縛ったのを「展開」するのには特段機材は必要ないけれど。


最近では、いや、もうかなり経つのかな、ZIPの圧縮復元がWindowsの標準になり、ZIPの中身もエクスプローラーから覗けるようになると、凍っている感が減った感じに。

2016-05-27-Fri

[]"上司が必死に教えるのに、部下が学ばないのはなぜか?"

http://blog.tinect.jp/?p=25071


そりゃあ、机に座らせて、「た だ し い ウ サ ギ の 狩 り 方」の講義なんてやってれば、聞く方は居眠りしたり、スマホを弄ったりするだろう。


だからといって、弓と矢を渡して、「おまいら、これでウサギ狩ってこい」だと、ウサギを見つけられなかったり、崖から転落したり、オオカミやクマーに遭遇して狩られてしまったりする。



一つの解決策とすると、予めウサギを捕まえておいて、「よーし、狩りの時間や!」と解き放ち、ノービスに追いかけさせる。そんで、上手く獲物を捕まえたら、「ナイスショット!」と褒め、そんで肉はウサギ汁に。そうすると、ノービスも弓を射る練習をする意欲も湧くだろう。えっ? 捕まえたウサギをそのまま持ち帰って解体してウサギ汁作った方が早い?その通り。


また、ノービスを「よーし、狩りの時間や!」と解き放ち、彼らを少し後ろから追いかける。そんで、ウサギを見つけられなかったら「あっちだよ」と教えてやり、崖から転落しそうになったらロープを投げ、オオカミやクマーに遭遇したら間に割り込み倒す。そうすると、索敵の重要性や、地図の読み方、大型獣の気配の読み方を学ぶ意欲も湧くだろう。えっ? 最初からノービスに教室で自習させておいて、自分で全部やった方が早い?その通り。

2016-05-26-Thu

[]"プロのスポーツカメラマンもiPhoneのみで撮影する新時代"

http://jp.techcrunch.com/2016/05/24/20160523this-iphone-only-professional-photographer-is-the-future-of-sports-photography/

Bradは、まず自分の機材で撮ることのできる写真(すなわち機材の限界)を知ることが大事なのだと言っている。iPhoneに搭載されたカメラは素晴らしい性能を持っているが、しかしコンマ数秒を撮るのに適しているとは言えないだろう。そこでBradは、従来のスポーツ写真とは異なる表現方法を探り、iPhoneのコンパクトさによって得られるメリットを活かした写真を撮るようにしたのだとのこと。

たとえば大きな機材の持ち込みがはばかられる場所がある。さらに、大掛かりな機材を持ち込まないことにより、被写体の緊張感を和らげる機能もあるのだとのこと。より自然な写真が撮れるケースがあるのだそうだ。



サッカーとか野球とかフィギュアスケートとかF-1とか、競技の一瞬を大口径一眼レフの高感度センサと高速度シャッターでパキパキっと切り取る写真が、スポーツ写真の華だとは思うけど、機材の進歩で有り難みが薄れ、このような「スナップ写真」が好まれるってことなんだろうな。

2016-05-25-Wed

[]

某Web小説読んでる。

主人公が、怪力→まあ、転生チートだからね

主人公が、魔法使い放題→まあ、転生チートだからね

主人公が、NAISEI→まあ、転生チートだからね

主人公が、冒険者向け簡易武器を安価に製造販売し、買いに来た冒険者による各種波及効果 -- 街道の害獣退治とか、村へ金を落とすとか --を狙う → 「そんな安値で販売したって、転売ヤーに買い占められてヤフオクで捌かれるだけだろ!」

[]"まじで教育はタダだとでも思ってんの?教育は投資だろ。"

http://anond.hatelabo.jp/20160524045830


マクロ的に見れば、「我々は、どのように教育投資を行うべきか」って話になり、世界的にみると、

「必ずしも全ての事例でリターンは見込めなくても、広く公金を投入した方が(しないより)全体的なリターンは上である」

ってことになっている。


ただ、個々の事例において、

「実施された教育が活きない職業に就くことを倫理的にどう考えるか」

って命題は発生するわけで、でもまあ、それに対して特別の意見は持っていない。



特殊な事例として、

「消防学校や警察学校、防衛大学や防衛医大に入学し、公金の補助を受けて教育を受けながら所定の進路に進まない人を倫理的にどう考えるか」

っていうのはある。思考実験として、

「それらの学校の入学生の9割が専業主婦やニートになったら勿体ないと思わないのか」

っていうのも考えられる。

「それは、選考側の問題だよな」

って回答が政治的には正しいのかな。

2016-05-23-Mon

[]foltiaを導入してひと月ちょっと

PC録画体制は、以前はWindowsPC + PT3 + PtTimer を使っていた。利点とすると、本体でなんでも一応はできること、欠点は、本体を起動させないとなんもできないこと、かな。リモートデスクトップ機能で操作はできたが、しかし何故か録画予約は失敗。何か予約したいときには、モニタ入力を切り替え、そしてキーボードを繋ぎ変えて対応していた。寝起きは良好で、タイマー起動で終了後サスペンド。ファイルはメインPCに移してエンコしていた。


で、foltia。これは、インスコ後はリモート操作前提。さらに、電源は常時ONという鬼仕様。インスコも、順調にインストーラー通りに進めばいいけれど、デフォでインスコできないと莫大なUNIXの知識が必要になる(らしい)という鬼畜仕様ではあった。自宅では、foltia側が自宅ルータのDHCPからIPをうまく発行してもらえず、それで長い間インスコ不能状態になっていた。結論としては、モデム→ルータ→ハブ→余っていたルータ→foltia っていう変態設置でインスコできた*1

使用感は良好で、PTTIMERのような「番組表」でなく、アニメ放映リストが出るのでそこから選択。理想を言えば、「アニメ新番組」チェックリストが提示され、クリックしてチェックしていくなんていうUIなら。アニメ以外でも、キーワード録画は可能。

foltia用PCは、Core i3をACアダプタマザーで動かし、ストレージは2.5"っていう静音仕様。良くも悪くも常時起動だが、静音仕様のため音は殆ど気にならない。Windows録画PCも、2.5"ストレージにして静音化を図り、常時起動にしておけば寝起きの心配は不要だったかな。


そして、foltiaは録画ファイルをHD、SDのMP4に変換する機能がある。このため、直結PC以外で視聴する際の取り回しが便利になっている。モニタ機能があるのかないのか、どの程度時間が掛かっているのか不明ではある。

*1:なぜか、モデム→ルータ→foltia でインスコできなかった