さすらいの口笛な日々

2016-07-27

[][]TH eROCKERS

届いたー!

f:id:RYOJI:20160727205219j:image:w300

再発盤が出るって言われても

もうLPとCDとで持ってるし

まぁ通常盤とCD選書盤(廉価版)が

混ざってるのがいささか気になってたけど

まぁヴィジュアルではLPあるし

CDの中身は一緒だしってことで

あんまり興味なかったんです

なので

何年か前に1stだけ紙ジャケで出た時もスルー


で今回

再発がアナウンスされたときに

ボーナス・トラックが入るとのこと

「これは買いか!?」

と必死にボートラの情報を求めると

かなりの内容!

当時プロモーション・オンリーだったライブ音源に

初CD化のシングルの音源

「おお!」

と思ったところで

よく見ると

1stシングルのB面の「ショック・ゲーム」が

もれてるじゃん

アルバムとバージョン違うので

コレは入れて欲しかった!

再発あるある

あんまり分かってない人が

やっつけでやった仕事なのかなぁ〜

と思いつつもボートラにつられ

もちろんポチリ


そして届いたCDの封を開けてモーレツに感動!

なんとシングルやプロモ盤の復刻ジャケ入り

もちろんCDサイズにはなっていますが

アートワークもかなり

オリジナルのLP再現

素晴らしい仕上がりになってます

これは一家に1セットです(^^)


なので

「ショック・ゲーム」のシングルバージョンが

入ってればほぼ完璧だったのに惜しいッス!

それと4枚目(ラストアルバム)のカバーアルバム

「HANKY PANKY」が今回ハズされたのも残念!

当時の未収録曲とかバージョン違いとかが

ボートラに入ってたらサイコーだったんだけど

ディスコグラフィから

もう無かったことになってるのかなぁ〜?(笑)

権利関係のクリアが最近だと面倒臭いのかなぁ〜?


あらたな発見としては

「涙のモーターウェイ」に

シングル・バージョンが存在してたってこと

シングル持ってるけど

ぜんぜん気付いてませんでした(^_^;)


やっぱ好きだなぁTH eROCKERS


2016-07-25

[][]SPENCER DAVIS GROUP

作曲モード全開にするために

いろいろ引っ張りだして

研究中な今日このごろ

今回はこちら

f:id:RYOJI:20160725150122j:image:w260

SPENCER DAVIS GROUP

96年リリースの2枚組ベスト

国内盤です

分厚いブックレットがついてるのに

何故か歌詞も訳詞も載っていなくて

手に入れたときはなんじゃこりゃ?

て思いましたが

山名昇さんによる解説が今となっては

すげぇ〜ありがたいです!(^^)

カバー曲の元ネタや

作家さんの説明などなど

丁寧に書いてあります

それがオタクなオイラにピッタリ


今回気付いたことは

なんとオイラ的に主要だと思ってた曲が

ほぼカバーだったということが判明!

そーだったのか

スペンサーデイビス・グループ!

ちなみにスペンサーデイビスさんは

メイン・ヴォーカルじゃありません(笑)

ビックリですね

イチローが実は二男だったみたいなね


ブルース・ブラザーズの映画で取り上げられた曲

「Gimme Some Lovin'」

こちらはちゃんとメンバーのオリジナル


代表曲とも言える

「Keep On Running」

「Somebody Help Me」

こちらはなんと2曲とも

Jackie Edwards

という方の曲でした

解説文によるとレゲエ界の人だそうです

D

D

わりとイメージは近いですね

「Keep On Running」は

レゲエ・バージョンもありました

D


今回の研究でさらにわかったこと

なんとなんと

CLASHのカバーで有名な

Revolution Rock」

この曲の元ネタもこのJackieさんでしたー!!!

ビックリ!(@_@)

D


この曲をDanny Rayさんという方が

歌詞を変えて歌ったのが

Revolution Rock」

それをカバーしたのがCLASH

ということみたいです


いろいろとわかってスキッリしたー!

そしてルーツを掘るのってやっぱ楽しい〜(^^)



2016-07-19

[][]オレたち花のバブル組

読了!


半沢直樹シリーズの第2弾

いっちゃいました(^^)


実に面白かったッス

ヒットしてるだけあって間違いなし

アップテンポのまま

気持よくどんどん読めちゃう


ピンチピンチの連続で

最後にドーンと大逆転!

ほんの少しだけ「あ!」という終わり方だけど

爽快感は相変わらずです

次にまた繋がるんだろうなぁ〜

ということを期待させる終わり方とも言えるし


次も気になるじぇ〜(^^)

f:id:RYOJI:20160719212528j:image:w260

2016-07-16

[][]Love Story

レコード屋に行ったら

そこで流れていて

ちゃんと聴きたくなったので

久々に引っ張り出してきました


60年代後半にデビューした

アメリカのサイケ・ガレージのバンド

LOVE


でオイラが持ってるのが

2枚組ベスト盤で

バンドの歴史がほぼ分かるもの

そのタイトルが

「Love Story」

ネーミングセンスありすぎでしょう〜(^^)

f:id:RYOJI:20160716205150j:image:w250

久々に聴いてるけど

ズバリ難しいなぁ〜(^_^;)


オイラ的にひっかかる曲

少なかったです

だからあんまり聴いてなかったのか!

納得(^^)


オススメの曲はこのあたりかなぁ


7 And 7 Is

D

みんな大好きなあの曲です(^^)

ラモーンズもカバーしてるし

オイラの大好きなBARRACUDASも

ライブでやってました

ブート盤だったかな?


Alone Again Or

D

ダムドのカバーが有名ですね

LOVEの代表作と言われる

3rdアルバムの1曲目を飾る曲ですが

作曲はバンドの中心メンバーの

アーサー・リーではく

ギターのブライアン

ちょっと意外!


No Matter What You Do

D

個人的にはこの曲が1番好きかも(^^)

1stアルバム収録

2016-07-13

[][]Night of the Chicken Dead

ずっと気になってた

謎が解決

きっかけは忘れてしまいましたが

POTSHOTの曲が

どうやホラー映画のサントラとして使われてるらしい

というウワサをキャッチ!

もちろんオイラには何の連絡も無かったので

情報がゼロなワケです(^_^;)


そしてついに判明!

Poultrygeist - Night of the Chicken Dead

というホラー映画でした

PEACOCKSやMU330のダンさんのソロ曲も

使用されているので

おそらくASIAN MAN RECORDS経由だと思われます

過去にも海外で知らないうちに

いくつかのオムニバスに入ってましたしね(^_^;)

きっとそういうことでしょう


そしてそして

さらに調べると

この映画

一時期に話題になっていた

あの「悪魔の毒々モンスター」

シリーズを作っていたトロマ社の作品でした!

なんと光栄なことでしょう!

1回も見たことありませんが(^^)

邦題もついてました

「チキン・オブ・ザ・デッド 悪魔の毒々バリューセット」

サイコーのタイトルです!

でも見ませんが(^^)


日本語字幕なしでしたら

YouTubeにアップされています

POTSHOTの曲はわりとアタマの方で

ちゃんと分かるところで流れてました


f:id:RYOJI:20160713193329j:image:w300

f:id:RYOJI:20160713193714j:image:w300

Kさん

ご協力ありがとうございました!(^^)

2016-07-11

[]遠征終了!

レコ発ツアー

名古屋編と大阪編が

無事終了!

みなさんホントにアリガトでした(^^)


GELUGUGUと一緒だと楽しいなぁ〜

タワレコなんば店での

合同インストアイベントも

めっちゃ笑えたし

今回の同時リリース企画は

なかなか上手くいったし

楽しんでもらえたのではないでしょうか


フェイスブック

大阪編のライブ映像を少しアップしました


Eカンジに盛り上がりました

迷ってる方

是非、遊びに来てください

一緒にウォーウォーしましょう!(^^)


次回はライブは8/6

EAT THE ROCK 2016

こちら無料のイベントです


そんでもって

レコ発ツアーファイナルは8/28

TV-FREAK NIGHT 2016

詳細とチケット予約はこちらからどうぞ♪


f:id:RYOJI:20160713191430p:image:w300


f:id:RYOJI:20160713191428j:image:w300

2016-07-02

[][]オレたちバブル入行組

読了!

実に面白かったッス

やっぱヒットしてるだけあるッス

テレビシリーズも見ておけばよかった(^_^;)


一応説明しておくと

テレビシリーズ「半沢直樹」の原作小説です


テンポいいし

読みやすいし

もともと小説とか活字が苦手なオイラでも

スラスラといっちゃいました

本が苦手な人も入りやすいんじゃなかなぁ


あとがき(解説?)にも書いてありましたが

イジメられて

イビられて

もうネチネチネチネチと


それが


最後にドーンと大逆転!

サイコーにキモチイイー!(^^)

読み終えた後の爽快感ハンパないです

まだの方

オススメです

f:id:RYOJI:20160703000227j:image:w260

2016-06-30

[][]DANZIG

ユニクロのMISFITS Tシャツをキッカケに

マイブーム到来!

ちなみにこちらが

そのユニクロのTシャツ

f:id:RYOJI:20160630223756j:image:w250

いや〜悪くないんですよ

デザインも良いし


で時間を見つけては

MISFITS

その後の

SAMHAIN

その後の

DANZIG

も合わせて聴きまくってます♪


正直、DANZIGは昔はダメだったんですよ

MISFITSを後追いで知って

その曲のポップさやストレートな所に

やられたオイラとしては

いくらそのヴォーカルが

現行でやっているバンドだと言っても

その中にどうしてもMISFITS的なモノを

求めてしまうし

そして見つからないしで

ぜんぜんダメだった


だから1995年にジェリー(Ba)とドイル(Gu)の兄弟が中心となって

再開させたMISFITSの方が断然好きだった

ヴォーカルは違うけど

こちらが求めているMISFITS像だったし


ダンジグがMISFITSのあとに立ち上げたSAMHAIN

もちろん後追いでしたが

こちらはぜんぜんアリ!

MISFITSのセルフカバーも出てくるし

サウンドもまだホラーパンクだったし

ジャケも血まみれでサイコーだったしww

ただ今回あらためて聴いて思うのは

SAMHAINは難しい!(^_^;)

狙いが高すぎてこちらがついていけないのか?

はたまた演奏がヘタウマで理解ができないのか?

どっちだ?


歳をとって

いろんな音楽にも出会って

偏見的なフィルターもだいぶ無くなってきて

今回、DANZIGを聴いていると

あら不思議

SAMHAINよりもわかりやすいかも(^_^;)

ヘビーでダークでスローで

もはやホラーパンクではなく

完全にハードロックメタルだけど

どこかポップかもしれない

ということを発見しました!

実際にめっちゃメロディアスな曲もあるし!

SAMHAINは何がどうなってるのか分からない部分もあったけど

DANZIGはサウンドが明確というか

これプロデューサーのおかげだったりするのかなぁ〜?


まぁ今でもやっぱりダンジグのキャリアの中では

MISFITSが断然好きなワケですが

オイラもやっとDANZIGの良さがちょっぴりわかるようになりました!(^^)

ただMVになっているような代表曲にあまりピンこなかったり

5枚目の打ち込み路線はやっぱりダメだったり

アルバムの隅っこの曲の方が好きだったりというのはアリますがww


今年の9月に行われるという

ダンジグドイルが参加のMISFITS

とんでもないことになるんでしょう

きっと!

見たいなぁ〜

日本には来ないだろうなぁ〜

アメリカ行っちゃおうかなぁ〜

あ、パスポート切れてるわ



それでは最後に

今回のDANZIG研究で発見した

ビックリするくらいメロディアスなこの曲をどうぞ

D


2016-06-22

[][]民王

読了!

初・池井戸潤作品

ついに手を出してしまいました(^^)


TVシリーズの「民王」にたまたま出会って

下町ロケット」にドハマリして

半沢直樹」や「ルーズベルト・ゲーム」も

見ておけばよかったなぁ〜

こりゃ本も読んでみようかなぁ〜

などと思うようになって

最初に選んだのがコレ!


TVシリーズ見て親しみがあるし

ゆるめの内容なので入りやすいかなと(^^)


正解でした!

めちゃめちゃ面白いし読みやすい〜!

さっそくですが

本の方でも池井戸潤ワールドにハマってしまいそうです


大まかな流れはテレビ版と同じかなぁ

正論は

とくに政治的なことは

説教臭くなったりして

大切だとは分かっていても共感しにくかったり

無駄に反感を持ってしまったりするけど

ユーモアをからめると

あら不思議!

とてもスッと入ってきたりして

このカンジ

オイラのスカ・パンク師匠のマイク・パークに近いかも


まだ1冊しか読んでないけど(^_^;)

池井戸潤ワールドの入り口としては

かなりオススメだと思います


f:id:RYOJI:20160622222013j:image:w250


2016-06-15

[][]Return Of The Ska Punk

出たー!

f:id:RYOJI:20160615215118j:image:w200

まさか3rdアルバムが出るほど続くとは!

さらに年に1枚というハイペース

自分でもビックリです


今までもたくさん作品出しましたが

やっぱ発売日はドキドキします

と同時に

安心するというか開放されるというか

無事にここまでこれた〜っていうね

昔だと

ここから30〜40本くらいのツアーがあったので

この安心感とか開放感は無かったかな(^_^;)


せっかく作ったので

たくさんの人に聴いてもらいたいです

みなさんクチコミなどでお願いします(^^)


今回もオマケたっぷりになっています

まずはお店でゲットするときにオマケが付きます

オマケが付くお店はこちらをご覧ください


ご近所に特典が付くお店がない方は

WEB SHOPをご利用ください

こちらでも特典がつきます

なる早でお送りします!(^^)


そんで

ゲットしたCDの中に

引換券が入っていますので

こちらをライブ会場に持って来てください

するとさらにオマケをプレゼント!

f:id:RYOJI:20160526161704j:image:w200


あとゲルググと合同でインストアイベントもやります

詳しくはこちらをご覧ください

f:id:RYOJI:20160428174057j:image:w200

こちらは

インストアイベントでプレゼントする

着せ替えジャケット!



みなさんヨロシクです

ではではライブ会場で逢いましょう(^^)

ライブのスケジュールはこちら