Hatena::ブログ(Diary)

The Day in a Life Twitter

20170521(Sun)

Ugly Face

f:id:StudioSlowhand:20170521182107j:image:right:w200 ずいぶん昔に作って、クロックが音声信号に乗ってちゃってて、対処しなくちゃって思いつつほっぽっといたヤツ。試しに鳴らしてみたら大丈夫だった。ので、次回のセッションに持ち出してみる予定。

今となってはどこを参考にしてなんで作ってみようって気になったのかわかんないんだけど。元ネタ、探してみるかなぁ。

ボード

f:id:StudioSlowhand:20170522092746j:image:right:w200 ってなワケで、組んでみた。

  1. tc Polytune mini
  2. BOSS LS-2 - Thing Modulator
  3. Ugly Face
  4. EHX Soul Food
  5. BOSS BF-2
  6. tc Corona Chorus
  7. tc Flashback Delay

金属音を醸し出すエフェクターが三個も入ってる。これは変態呼ばわりされてもしょうがないと思う。うん。

来週のセッションはこれで行ってみるか。

20170520(Sat)

Thing Modulator 運用に向けて

f:id:StudioSlowhand:20170521182110j:image:right:h200 ちゃんとした音量で弾いてみたら、つなぐだけでぴーってかすかに鳴ることが判明。AC アダプタで電源を切り離してもダメ。ラインセレクターで切り離してみたら音漏れはなくなった。音声信号に何か乗ってる模様。配線イジるとなんとかなるのかな?うーむ。

まぁ、最初持ち出す時にはセレクターも組み込むか。

今夜はルージー4

f:id:StudioSlowhand:20170521182108j:image:right:h150 二三日前に Facebook の TL に主催者の投稿が流れてきて知った。突然だったけど、行くことに。

全然人がいない。ルージーの名の通り、ルーズ(笑)。もうちょっとちゃんと宣伝しようや(苦笑)。

歌ったのは

  • Hold on, I'm Coming
  • Wild Horses
  • Let's Get Together

の三曲。一曲目の途中から福田ユウイチがドラム叩いて併せてくれた。リズムが入って色々助かる。感謝。これまで何度も飛び入りはしたことあるけど、飛び入りされるのは初めてで。悪くないもんだな、と思う。

その後、ジャンピン正吉さんの後ろで弾く。

終わった後、正吉さん、福田、自分の三人で話し込む。なかなか興味深い話が聞けたし、なんかこっちも色々喋っちゃったなぁ。

20170517(Wed)

Thing Modulator できあがり

f:id:StudioSlowhand:20170518010131j:image:right:h200 ケース側面に穴をあけ、そこにスイッチを移動。しかし。穴位置が悪くて、それでも基板が入りきらない。穴を拡張し、スイッチ位置を微調整し、なんとか封入。ぎゅーぎゅーです、ぎゅーぎゅー。

いやぁ。なにかと見切りで動くもんじゃないね(苦笑)。面倒がらずにプリプロしなくちゃ。

ケースに封入したおかげで、ハムノイズも軽減され、ええ感じです。スイッチが出っ張るのが気になるけどなぁ。なんか打開策考えなきゃ。スライドスイッチとか考えてみるかなー。

名前の「The Thing」は、大塚さんの記事にもあったけど「遊星からの物体X」の原題から。

20170516(Tue)

Thing Modulator 詰め込み

f:id:StudioSlowhand:20170517113349j:image:right:h200 ケースに詰め込む。
塗装で小さくなった穴をリーマーでウリウリして、ジャックやらポットやら突っ込んで、さて基板と思ったら。三点スイッチの背が高くて基板が入らん。やっちまったよ(苦笑)。基板の長手方向の長さは見てたんだけど、短手方向の長さは甘く考えてたら DC ジャックにも音声ジャックと干渉しそう。こちらは DC ジャックの端子を折り曲げればなんとかなちそーだが。

スイッチ外すか?それとも横倒しにすることにして側面に穴開けるか?それとも一回り大きなケースに移植するか?
多分横倒しになると思うが、ちょっと考える。

20170514(Sun)

Thing Modulator のケース

f:id:StudioSlowhand:20170514231416j:image:right:h200 基板もできたことなので、ケース制作。Lovepedal Babyface Tremolo のリハウス品と同じ配置になって紛らわしそうなので、着色することを決意。
ダイソーでスプレー塗料を物色してみたら、アクリル塗料しかなく。ホームセンターでラッカーのちゃんとしたの買っても全部は使い切れないしもったいないしってコトで、アクリル塗料で行ってみることに。
穴あけ前に塗装だよなと思いつつも、パラメータ書き込みとかもしたかったんで、穴あけしてから着色。
蛍光オレンジと水色って組み合わせにしてみたんだけど。Ring Modulator の狂った雰囲気が出たかなぁ?うーん。どうだろ?

文字と外周は、マスキングしてペイントマーカーで着色。蛍光オレンジの色をちゃんと出すためにアルミの地の影響が出なくなるよう厚く塗っちゃったんだけど、テープ剥がす時にエッジが立っちゃうとゆーか、剥がれちゃうとゆーか、上手いコトいかず。なんか何度もこーゆー失敗してないか?反省しろ、反省(苦笑)。
発色をよくするために下地に白塗って、蛍光オレンジは薄くしないとあかんかった、とは思うんだが、早く仕上げたかったんでこれはこれでしょうがなかった、ってコトにする。
文字も、今思えば、抜くんじゃなくて、紙にでも書いて貼ればよかったかなぁ、と。どうせクリア吹くんだし。

あと、スプレー缶に「1時間で乾く」ようなことが書かれてたんだが。一晩おいてもまだ柔らかかったよ。おかげで指紋ついたり凹みが入ったり。聞くところによると、ラッカーより乾くの遅いとか。あかんがな。
次回があったら、もうちょっと余裕持った工程で進めるかなぁ?いや、せっかちさんなんで無理なよーな気がする。

二三回クリア吹いて、二三日乾かして組み込みかなぁ。次の土日に作業できますように。

20170512(Fri)

Thing Modulator

f:id:StudioSlowhand:20170514231415j:image:right:h200 一昨日、配線終了。

昨日、音を出してみたが出ず。LMC567 を逆挿ししてたので慌てて挿し直し。それでも音が出ない。壊したか?と不安になるも、かすかに発信音が聞こえるので原音のパスを見直す。4558 の GND ピンを接続してなかった。接続したら、音は出た。が。発信音だけで原音が出てない感じ。発信音を作ってる LMC567 を外してみると、原音は出る。ミックスもボリュームも機能する。

で、今日、デバグ。
まず、LMC567 が 4558 に悪影響を与えてないか?ってコトで、実験。同じ電源ループに別のエフェクタをつないでみた。が、問題なし。原音と発信音を可変抵抗でミックスしてるんだが、LMC567 を機能させたままエフェクト音の配線を外して切り離してみる。これまた問題なく原音が出る。ので、LMC567 のせいではない模様。
次に回路図とパターン図の比較。パターン図と現物の比較。これまた問題ない。
これはどう考えてもミックス部の問題だよな、と、音を聞きながら考えてフと思う。ミックスで発信音を絞ってもまだ発信音が出てるってことは、可変抵抗の値が小さいんじゃねぇの?と。ってコトで、100KB だったポットを、手元にあった 500KB に交換してみる。ちゃんと機能した。しかし、これでもまだ発振音を絞って原音側に倒してるのに発信音がけっこー残ってる。そこで 1Mの A と C が手元にあったので、そちらに再度交換。発信音は絞り切ってもかすかに残るけど、これならまぁいいかな。C より A がいい感じでミックスできるので、A を採用。

ってことで、試奏動画。
D
http://youtu.be/niVaI5ZOFL4

20170510(Wed)

Soul Food vs OD11

f:id:StudioSlowhand:20170511092207j:image:right:h200 巷では同じトランスペアレント系に分類される EHX Soul Food と Lovepedal OD11 を比べてみた。

ギターはストラト、アンプは Vibro Champ。
SF はスモーキーな感じ。なんか一枚膜がかかるとゆーか。で、中域にぐっと寄る。とゆーか、高域、低域がカットされてる感じ。
対して OD11 は明るい感じ。一枚膜が剥けるとゆーか。周波数レンジが広がってる。特に高域。
一括りにトランスペアレント系といっても狙ってる方向が違ってるなぁ、と。SF は TS、OD11 は SD-1 と、誤解されそうだけど喩えるならそんなか?

個人的には、バリンとした音が好きなので OD11 の方をよく使いそうな雰囲気。クランチペダルとしてではなくミッドブースター的に使いたい時は SF の方がいいかも。どちらかでどちらかに似せようとしても同じにはできなかったよ。

SF はバイパス方式が切り替え可能。バッファードバイパスにしてみたら、ちょっとギラっとしたような気がするくらいであんまり音色に変化はない。nano POG なんかと同じ感じ。

次回どっかでギター弾く時にでも持ち出してみますかね。

Thing Modulator

f:id:StudioSlowhand:20170511092206j:image:right:h200 ポットとかスイッチとか、配線を取り付けてみる。30分くらいで終わるだろ、と思ってたら、なんだかんだで 1時間くらいかかった。久々なので、作業時間見積もりがあやふやだ(苦笑)。

音だしは明日にしよう。一発で鳴るといいな。