Hatena::ブログ(Diary)

映画評論家町山智浩アメリカ日記


音声ファイルの有料ダウンロード「町山智浩の映画ムダ話」。
ヴィム・ヴェンダース監督『パリ,テキサス』について。

上記は、STORES.jpのオンラインストアを借りて運営しています。
メールが届かない、表示されない、ダウンロードできない等すべての技術的なトラブルは
「お問い合わせフォーム」ではなく、STORES.jpにメールhello@stores.jpか、
直接電話03-6455-1391(受付時間 平日10:00〜18:00)にお問い合わせください。
告知やリクエストの受け付けはツイッターhttp://twitter.com/@info_tomomachiで。




映画秘宝連載中の「男の子映画道場」が単行本になりました。
「狼たちは天使の匂い 我が偏愛のアクション映画」です。


町山智浩の映画解説リストです。
現在約800本の映画が50音順に整理され、解説へのリンクが貼られています。
お探しの映画解説はたいていここで見つかると思います。


週刊文春の連載「言霊USA」はオンラインで読めます。

もうじき連載100回になるサイゾーのコラム『映画がわかるアメリカがわかる』はここで読めます。


町山智浩のWOWOW映画塾がスマホのアプリになりました!
iPhone版 Android版


町山智浩のWOWOW映画塾、YouTubeで観られます!

町山智浩の映画塾2(101〜200)

町山智浩の映画塾3(201〜)


集英社WEB連載「町山智浩の深読みシネガイド」



TBSラジオ『たまむすび』に毎週火曜日午後3時から出演中です。


過去のたまむすび

「キラ☆キラ」はYouTubeに残ってます

ポッドキャスト「町山智浩のアメリカ映画特電」は復活しました!
特電ポッドキャストVol.1〜67
Vol.68〜80
Vol.81〜95

ロフトプラスワンでタランティーノと公開飲み会(無修正)

2008-10-05 唐沢俊一の知ったかぶりには堪忍袋の緒が切れた

TomoMachi2008-10-05

http://d.hatena.ne.jp/kensyouhan/20081004/1223091287

またしても唐沢俊一検証blogからです。


唐沢俊一の最新刊『トンデモ事件簿』P.164より

 話をIRAに戻すと、この団体は女王陛下のイングランドに楯突く凶悪なテロ組織なのだが、しかしイングランドに長年虐げられてきたアイルランドの独立を目指す組織なので賛同者も多く、あの“女王陛下の007”ことショーン・コネリーも、この団体には多額の寄付をしている(だからコネリーはいまだにサーの称号がもらえないでいる)。

これっぽちの短い文章がもう間違いだらけだ。というか、正しい部分がほとんどない。


1 IRAはアイルランド独立を目指す組織ではない

 かつてはそうだったけど、アイルランドはすでに1921年に連合王国いわゆるイギリスから独立しちゃってるから、もう、「目指し」たくても目指せないんだよね!

もし、アイルランドが既に独立国家であることを知っていたら、上記のような文章は書けないだろう。

 現在のIRAは、イギリス領であるアイルランドをアイルランドと統合しようとしている組織である。


雑学はいい加減なところも面白さだと唐沢は自己弁護しているが、これに関しては雑学ではなく一般常識の問題だ。

 

2 ショーン・コネリーが支援していたのはアイルランドではなく、スコットランド独立運動だった。

 そして、スコットランドはすでに1999年に独自の議会を持ち、完全な分離独立ではないもののかなりの自治権を勝ち取った。つまり独立運動は9年も前にとりあえずの勝利を得たのだ。映画『ブレイブハート』公開でスコットランド独立が世界の注目を集めていたこともあり、日本のマスコミでも大きく報道された。

 

 ショーン・コネリーは8年も前にナイトの称号を与えられ、それ以来ずっと「サー」と呼ばれ続けている。 コネリーが「敵」である女王から称号を受けることにはスコットランド独立派が反発し、これもまた日本でも報道された。

 コネリーは、2000年に女王からナイトを授けられる式にスコットランドの正装で現れた(上の写真)。背後の旗はスコットランドの国旗だ。

 

 唐沢の本は99年以前に出版されたものではない。コネリーがナイトの称号を受けてから8年も後の今年9月20日発売の本なのだ。



その他

・もし、唐沢がIRAを「アイルランド独立を目指す組織」だと思っているなら、同時にそれを「凶悪なテロ組織」と呼ぶのはあまりにも雑駁である。それならアメリカ独立戦争を戦ったジョージ・ワシントンたちも凶悪なテロ組織か?

・ショーン・コネリーは「女王陛下の007」とは呼ばれていない。

 「女王陛下の007」はジョージ・レーゼンビー主演である。

・「女王陛下のイングランド」と書かれているが、北アイルランドを領有しているのはイングランドではなくグレートブリテン連合王国である(イングランドはその一部)。

また、現実に北アイルランドでアイルランド系住民と敵対しているのはスコットランド系住民である。

・「サー」は称号ではなく、ナイトの称号を持つ者への敬称。

 などの間違いがあるが、トップの3つだけでも、もう出版物として許されない致命的な間違いである。

 しかも、どう読んでも「うっかり」の書き間違いではない。

 唐沢の文章を読む限り、彼はショーン・コネリーはアイルランド独立を支援していると信じているうえに、どう考えてもUKの歴史的経緯をまるで知らないとしか思えない。


 もちろん、普通の人なら別にこんなこと知らなくてもかまわない。

 いや、タレントや物書きや学校の先生でも、この程度の間違いはするだろう。オイラもよくやる。

 しかし、博学だの物知りを自称して商売し、他人をやたらとバカ呼ばわりしている唐沢が、こんな間違いを偉そうに講釈垂れているのだから、みっともないことこの上ない。

 

 唐沢はどうしていつものようにネットからパクらなかったのか?

 そうすれば盗作かもしれないがマヌケをさらさずにすんだのに。


 もう一度言うけど、山本弘さん、と学会たるものが、こんなトンデモ知ったかぶりをいつまでも飼っていることの倫理的正当性はどこにあるんでしょうか?

 他のグループならまだしも、と学会は他の出版物の間違いを指摘してきた団体であり、しかも、山本さんご自身も、他の本の間違いを指摘し続けているわけでしょう?

 ほんと、きちんと回答して欲しいもんですよ、山本さん。


 オイラはバカだが、バカであることを知っているし、公言もしている。自分が利口だと思って他人をバカにしまくるバカよりよっぽどマシだと思うよ。