パティスリー・アカシエ・サロン・ド・テのブログです。

2016-09-21

夏苺の入荷しばらくの間休止!

お知らせでございます。

今は苺のトップシーズンではございませんが、全国各地より夏苺を取り寄せてなんとか切らさずに「フレジエ」用として苺を仕入れてきましたが、本日より、だいたい1週間から2週間(時期未定)は、苺の入荷が完全にストップすることになりました。

従って「フレジエ」は、しばらくの間お休みとさせていただきます。

どうぞご了承くださいませ。

Acacier staff

f:id:acacier2007:20121004105644j:image:w250

2016-09-09

ご好評にお応えして

先日の伊勢丹新宿店マパティスリー出店時に限定販売し大好評をいただきました『オキナワナナス』を夏季休業明けの9/10(土)から浦和のアカシエにおいても期間限定で販売することに致しました(*^^)v

食材に限りがあるため、各日ともに限定数量の販売とさせていただき、販売期間は約10日間(予定数量に到達次第早期終了の可能性もあり)とさせていただきます。

是非この機会をお見逃しなく!

f:id:acacier2007:20160714191738j:image:w280


Acacier staff

2016-09-02

9月の営業スケジュールです

おはようございます!

報告が遅くなりまして申し訳ございません。

9月の営業日は下の画像の通りでございます。

f:id:acacier2007:20160902091932j:image:w360

5日から9日は誠に勝手ながら、遅めの夏休みをいただきます。ご迷惑をおかけして申し訳ございません。なお、その関係上、休み明けの10日は食材の都合や下準備の都合等でパティスリーは11:30オープン、サロンドテはお休みをさせていただきます。

11日(日)より平常通りの営業となりますのでどうぞよろしくお願いいたします。

Acacier staff

2016-08-25

9周年記念商品を期間限定販売!

こんにちは!

毎日暑いなぁって思ってたら、もうすでに秋の気配を感じ始めるような時期になってきました。

本当に季節の移り変わりは早いもので、もうあっという間にクリスマスが来ちゃいますね(笑)

そんな中、全国的には夏休みも終わり、アカシエの店内も落ち着いてきた今週末の8/27(土)〜10/2(日)までの約1ヶ月間の期間限定で下記の商品を販売致します!!!


f:id:acacier2007:20160825181248j:image:w320

日頃のたくさんの皆様のご愛顧により、アカシエが浦和に誕生してから2016年8月で丸9年を迎えることが出来ました。本当にありがとうございます。振り返れば9年前、そもそも私どもの味が浦和の皆様をはじめとした多くの皆様方に受け入れられるのか、たくさんの不安の中、それでも胸を張って浦和の地でやっていこうと心に決めてからのこの9年間の思いを「9」という数字のかたちからロールケーキにして巻いてみました。

やわらかいけれどもアーモンドのコクと味わいを持った存在感のあるビスキュイ生地、今年の夏に訪れた岩手で衝撃的な美味しさに感動した乳脂肪47%にも関わらず驚くほど後味がすっきりとした、岩手県奥中山高原の極上生クリームとの一体感を是非皆様に味わっていただきたいと願っております。

☆9年巻     1本入 1,450円

     ハーフサイズ  780円   ※価格は税込です


f:id:acacier2007:20160825183247j:image:w200※こちらはハーフサイズ


f:id:acacier2007:20160825183755j:image:w320

Acacier staff

2016-08-10

おかげさまで9周年!!!

日頃よりアカシエを支えてくださっているたくさんの皆様、おかげさまで我々は2016.8.9で、丸9年を迎えることが出来ました!

2007年にアカシエを始めたころはこんなにもたくさんの人たちが来てくれるなんて思わなかったし、そもそも浦和の人々に受け入れてもらえるかも不安でした。

でも、どんなに考えても悩んでも作り手である自分は食べる人たちの味覚自体を感じることはできないから、ただ自分が美味しいと感じるものを作っていくしかない!それが受け入れられなかったら自分の味覚は人を喜ばせられるレベルになかったと思うしかない。

そう思い、ただひたすらにいろんなものを食べて食べて食べて・・・。

その中で美味しいと自分が感じたものに素直になれと言い聞かせてきました。

ただ、そんなことを言いつつ、始めた当初はどこかその中に絶対にフランス菓子と周りが認める要素がなければいけないとかなり意識していたかもしれません。しかし年を重ねるごとにそういう枠や形式にこだわることなくどんどん素直になってこれたような気がします。

もしかしたら初めのころは「楽しい」よりも「意地」みたいなものの方が強かったかもしれないけれど、でも今は「楽しい」気持ちで仕事ができるようになってきたと自分では感じています。

これからも「アカシエ」という空間の中で、皆様に伝えていきたいことはなんなのか、常に自問自答しながら前を向いていきたいと強く志して参ります。

今後ともどうぞアカシエをよろしくお願い申し上げます。

Akashi Kyono with Acacier staff

f:id:acacier2007:20160810082806j:image:w360