赤い薔薇のSoliloquy このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-04-13 Sunday 亭主の好きな・・・・。

akaibara2008-04-13

[] 『山椒の佃煮』  『山椒の佃煮』 - 赤い薔薇のSoliloquy を含むブックマーク  『山椒の佃煮』 - 赤い薔薇のSoliloquy のブックマークコメント




f:id:akaibara:20070804130716g:image

またこの季節がまいりました。。

亭主が好物で思いかえせば40数年毎年作り続けた「サンショウの佃煮」

花山椒の佃煮

f:id:akaibara:20080413153407j:image

♪雨上がりの朝〜♫ 庭の山椒摘みをしました。

二年前から相棒が助っ人になり、楽になりました(^_-)-☆

目が覚めると雨が上がった庭でサンショウの木の芽を摘んでいる早起き主人

遅れて参加、二人だと仕事がはかどります。

f:id:akaibara:20070816121656g:image

f:id:akaibara:20080422102321j:image

高いところは枝ごと

f:id:akaibara:20080422102320j:image

f:id:akaibara:20080422102319j:image


熱湯でさっと湯がいてざるに上げ、厚手の鍋に入れる。

ヒタヒタまで日本酒(料理用でないもの)と特選醤油、水少しを注ぎ、味の素少々、味醂砂糖は入れない。

はじめは蓋をして煮立ったら蓋をずらし煮汁が半分になったら蓋を開け目を離さず

時々味加減をみながらかき混ぜる、煮汁があと少しのところで蓋をして火を止める。(蒸らす)

しばらくしてから、しっとり加減まで煮詰める(ちりちりにしない事)。

※必ず目だった葉の芯を取り除く。

備忘録

f:id:akaibara:20070628153550g:image

f:id:akaibara:20070827100050j:image【日記の検索 結果】『山椒』【詳細

f:id:akaibara:20070827100050j:image【日記の検索 結果】 料理『タケノコ』【詳細

『山椒の佃煮』

f:id:akaibara:20070827100050j:image日記 花山椒の佃煮】2016・04・22

f:id:akaibara:20070827100050j:image日記 花山椒の佃煮】2015・04・21

f:id:akaibara:20070827100050j:image日記 花山椒の佃煮】2014・04・19

f:id:akaibara:20070827100050j:image日記 花山椒の佃煮】2013・04・08     

f:id:akaibara:20070827100050j:image日記 花山椒の佃煮】2012・04・18

f:id:akaibara:20070827100050j:image日記 山椒の佃煮】2011・04・25

f:id:akaibara:20070827100050j:image日記 亭主の好きな山椒の佃煮】2010・04・25

f:id:akaibara:20070827100050j:image日記 花山椒(サンショウ)】2009・04・12

f:id:akaibara:20070827100050j:image今年も山椒の佃煮】2008・4・13 

f:id:akaibara:20070827100050j:image日記 山椒・筍】2007・04・13

f:id:akaibara:20070827100050j:image日記 山椒の佃煮】2006・04・15

f:id:akaibara:20070827100050j:image赤い薔薇 山椒の事 】2005・04・26


f:id:akaibara:20070827100050j:image【日記 筍ご飯】2006-04-02

f:id:akaibara:20070827100050j:image【日記 たけのこご飯】私の作り方2006-04-09

f:id:akaibara:20070622133306g:image


f:id:akaibara:20070331180937j:image

[] 篤姫 15回  篤姫 15回 - 赤い薔薇のSoliloquy を含むブックマーク  篤姫 15回 - 赤い薔薇のSoliloquy のブックマークコメント

大河ドラマ「篤姫(あつひめ)」

原作は宮尾登美子の『天璋院篤姫

主人公は江戸幕府13代将軍・徳川家定の正室である篤姫(のちの天璋院

第十五回 「姫、出陣」

斉彬の息子虎寿丸が早世する。さらに

斉彬自身も重い病で寝込んでしまう。

篤姫や西郷は神仏に祈るが、一向に容態は回復しない。

藩内では、これらはすべて、自らの息子・忠教(山口祐一郎)を藩主にしようと画策しているお由羅(涼風真世)の呪詛調伏(じゅそちょうぶく)に違いないと信じられるようになる。


篤姫は、お由羅のもとに出向き、直接対決しようと意を決する。

西郷は警護役として付き従う。

初めて対面したお由羅に、篤姫は、率直にうわさの真偽を問いただし晴れ晴れした気持ちになる。

お蔭で斉彬の病も癒えていく・・・。

f:id:akaibara:20070816121656g:image

篤姫紀行目黒不動尊瀧泉寺

西郷吉之助(隆盛)ゆかりの寺

嘉永7(1854)年、薩摩藩は、斉彬の急病や五男・虎寿丸の急死など相次いで不幸に見舞われます。西郷は、目黒不動尊で斉彬の回復を祈願した、と親友に宛てた手紙につづっています。


f:id:akaibara:20061127134851j:image