スマートフォン用の表示で見る

国民の祝日

社会

国民の祝日

こくみんのしゅくじつ

国民の祝日に関する法律昭和23年法律第178号:以下祝日法と記す)より定められる。

第1条
自由と平和を求めてやまない日本国民は、美しい風習を育てつつ、よりよき社会、より豊かな生活を築きあげるために、ここに国民こぞって祝い、感謝し、又は記念する日を定め、これを「国民の祝日」と名づける。

多くは明治節神嘗祭などそれまであった祭日に対応して定められている。

現在定められている国民の祝日は以下の16種類*1

祝日月日趣旨
元日1月1日年のはじめを祝う。
成人の日1月の第2月曜日おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます。
建国記念の日政令で定める日(2月11日)建国をしのび、国を愛する心を養う。
春分の日春分日(3月21日頃)自然をたたえ、生物をいつくしむ。
昭和の日4月29日激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす。
憲法記念日5月3日日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する。
みどりの日5月4日自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ。
こどもの日5月5日こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する。
海の日7月の第3月曜日海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う。
山の日8月11日山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する。
敬老の日9月の第3月曜日多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う。
秋分の日秋分日(9月23日頃)祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ。
体育の日10月の第2月曜日スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう。
文化の日11月3日自由と平和を愛し、文化をすすめる。
勤労感謝の日11月23日勤労をたっとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう。
天皇誕生日12月23日天皇の誕生日を祝う。

振替休日

以上の国民の祝日と日曜日が重なった場合、その直後でもっとも早い国民の祝日ではない日に振替休日がおかれ公式の休日となる*2

例えば、2007年9月23日(日)は秋分の日であるが、日曜日でもあるため、24日(月)が振替休日となる。

また2005年の祝日法改正によりこれまで必ず月曜日だった振替休日が火曜、水曜になることもある。

例えば、2008年5月4日(日)みどりの日振替休日は翌日5日(月)こどもの日を飛び越して6日(火)になる。

国民の休日

国民の祝日国民の祝日の間に1日だけはさまれてなおかつその日が日曜日か月曜日ではない場合、その日は休日(国民の休日)となる*3

2006年までは5月3日の憲法記念日と5月5日のこどもの日の間の日の5月4日が国民の休日であった。

2005年の法改正(2007年施行)からは、平均して7年に1回秋に国民の休日が現れる。

これは敬老の日が9月第3月曜日になったために起こりうる現象で、秋分の日が9月22日か23日でなおかつ水曜日になった場合のみ起こる。

例えば、2009年9月21日(月)の敬老の日と23日(水)の秋分の日の間の22日(火)は国民の休日となる。

*1祝日法第2条

*2祝日法第3条2項:「国民の祝日」が日曜日に当たるときは、その日後においてその日に最も近い「国民の祝日」でない日を休日とする。

*3祝日法第3条3項:その前日及び翌日が「国民の祝日」である日(「国民の祝日」でない日に限る。)は、休日とする。