スマートフォン用の表示で見る

敬老の日

一般

敬老の日

けいろうのひ

日本の国民の祝日のひとつ。9月の第3月曜日のこと。日本を起源とした日本独自の祝日であると言われている。

長きに渡って社会に尽くしてきた老人を敬愛し、長寿を祝うとともに、若年者が高齢者の福祉に関心を深める機会になるようにとの願いが込められている。

変遷

1954年頃から兵庫県多可郡野間谷村で9月15日を「としよりの日」と定め、老人を敬う日として浸透していたことをきっかけに、村から兵庫県全域での実施を経て全国へと広まったと言われている。

  • 1964年、「としより」という表現が問題視されていたことから「敬老の日」と改称された後、9月15日が国民の休日として制定された。
  • 2001年、ハッピーマンデー制度の導入により、9月15日に定められていた「敬老の日」が9月の第3日曜日に変更されることが決定。これによって、元の敬老の日である9月15日を「老人の日」とし、以降の一週間を「老人週間」とした。
  • 2002年9月15日、固定日付での最後の「敬老の日」を迎える。

現行の第3日曜日の「敬老の日」運用は、2003年からはじまった。