Hatena::ブログ(Diary)

それいけ!青伸ホーム!! このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2016-09-30

夏の名残のある秋|左京区


9月30日、今日の京都市左京区
朝は晴れていたのに夕方から雨。
台風が近づいてきているので、
気持ちのよい晴れ間は長続きしません。

今日で9月はおしまいです。

9月は暦の上では秋ですが、
まだまだ「夏の名残のある秋」
だったように思います。

10月にはいると、まずは衣替え。

学生さん達の制服姿が、街を秋色に染めだします。

京都では、5月1日から始まった
鴨川納涼床」が、今日9月30日で仕舞われます。
京都の夏の風物詩であり、
夜には賑やかに鴨川を照らしていた納涼床が姿を消すと、
急に秋の気配が鴨川支配しだします。

貴船の川床も今日で終了しました。
宇治川の鵜飼も今日で終わりです。

夏の名残を感じさせる京都の行事がどんどん終わり、
そして
秋を感じさせる行事がどんどん開催されていきます。

人も街も
どんどん秋色に染まっていく中、
青山伸太郎社長は、
「明日も半袖のシャツがいいから半袖のシャツを着る!」
と言っていました。


ふふっ・・どうぞご自由に・・(笑)




京都市北区左京区上京区エリアの不動産のことなら→青伸ホームへ/下鴨にある不動産会社さんです。あだ名は、青伸です。



にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ お茶目サラリーマンへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム

2016年09月30日のツイート

時間の感覚|左京区



9月29日、今日の京都市左京区は曇り時々晴れ。
今日は外に出ていないので、この天気がわからなかった・・・(^_^;)

というか、もう29日なんですねー。
なんか、時が経つのが早いっ!

これってヤバイヤツなんじゃなかったですっけ?


確か、時間の感覚というものは、
脳が処理する情報量によるはず。

すなわち、新しい発見など、情報量が多ければ多いほど、
それを理解するためには、
より多くの時間が必要となるので、
時間の経過が遅く感じられるということです。


年を取ると、
あっという間に月日が流れていく、
なんて言いますが、
それは、
周りの世界が見慣れたものになってきて、
脳の取り込む情報が少なくてすむので、
時間がはやく過ぎ去っていくように感じるからなのです。


だから世間では、
「時が経つのが早く感じる」イコール「年寄り」
みたいに言われるのです!

や、でも、実際に「年をとっているほう」になるわけなので、
今更ヤバくもなんともないやん、って話なんですけど、
iPhoneに表示される「今日の歩数」が
225歩というのがイチバンヤバイ・・・ヽ(´Д`;)ノ





京都市北区左京区上京区エリアの不動産のことなら→青伸ホームへ/下鴨にある不動産会社さんです。あだ名は、青伸です。



にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ お茶目サラリーマンへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム

2016-09-28

2016年09月28日のツイート

2016-09-27

綺麗な字の書き方|左京区


9月27日、今日の京都市左京区は、晴れ。
暑かったですねー。
といっても私は事務仕事でずっと室内にいたので、これは受け売り

事務仕事で字を書いていると手が疲れてきます。

字のうまい人というのは、スラスラとりきむこともなく、
本当に軽く書きますよねー。

大きくなったら、うまく字が書けるようになるのだと思っていたら、大間違い。
ただ単に、大きくだけなりました。

今までも、
ペンが悪いのかも・・・と新しいペンを買ってみたり、
鉛筆の方が書きやすいかも・・・と、試行錯誤してみましたが、イマイチ。


挙句の果てには、「頭の回転に手がついていかないから、字が汚い」という言葉に深く頷き、
そういうことにしておこうと、心に決めたり。

しかし、字が下手というのは、
知識的に綺麗な字の書き方を知らない」
「技術的に頭の中で描いた通りに平行や垂直、曲線が描けない」のだそうです。

すなわち、「頭に描いた美しい文字を、手を使ってそのまま再現
さえ出来れば、綺麗な文字を書くことができるようになるらしい。

「ヒジは机に載せず」
「小指の付け根から手首にかけての手のひらの側面をぴたりと机に密着させて」
「背筋を伸ばし」
「書くものに対して中心を合わせて座り」
「足は自然に床につける」
「体は机から握りこぶし1個分離し」
「紙は机の縁から握りこぶし1個分開けて置く」

そしてひたすら、漫画に出てくる『おでんの串刺し』の絵を描けばいいらしい。

真ん中に線を引いて、その線を中心にして、上から三角、丸、四角を、
「肘をうまく使って」
「手首を固定して」
「小指にしっかりと力を入れて」
「先端から3cm位の場所を親指と人差し指で持ち」
「中指を添えて」
「余計な力を入れずに」
ひたすら描けば、上手くなるらしい。

出来そうな気がしてきた。やってみよヽ(*´∀`)ノ





京都市北区左京区上京区エリアの不動産のことなら→青伸ホームへ/下鴨にある不動産会社さんです。あだ名は、青伸です。



にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ お茶目サラリーマンへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム

2016年09月27日のツイート

2016-09-26

2016年09月26日のツイート

人間は地球人ではない??|左京区




9月26日、今日の京都市左京区は、晴れときどき曇りたまにパラパラっと雨。
結構晴れていたみたいだけど、
なんなんだ、この身体の「だるおもさ」は・・・・。
会う人会う人、「なんか今日しんどいですね〜」みたいな挨拶をしてこられるので、
どうやらだる重いのは、私だけではないようです。

青山社長は、相変わらず朝から大忙しで、
しんどいなんて感じていない、というか、
感じる暇もないのでしょう。


気圧に負けてしまう度に、
以前何かで読んだ、「人間は地球人ではない」説を思い出します。

「人間にとって、地球は、住みにくい惑星なんじゃないだろうか?」という説です。

例として

地球の重力が人間の骨格に大きな負担を与えているから、
腰痛や背骨の痛みが出ること。
日光に当たりすぎると、日焼けをしてしまうこと。
地球の自転が1日24時間なのに対して、人間の周期が25時間なこと。
難産になりやすい出産。
他の動物と比べて、生まれてすぐに何もできないこと。
地球には美しい自然がたくさんあるけれど、
人間が「自然」に溶け込んで生きているとは言えないこと。
むしろ昔から、「自然」との闘いだったこと。

などが書かれていたと記憶します。


今日みたいな「だる重い日」には、
そんなことを思い出し、考えたりしてしまいます。

ではではいったいどこから来たのでしょうか?????
こんなことを考えると
ちょっと不思議で、ワクワクします(´・ω・`)






京都市北区左京区上京区エリアの不動産のことなら→青伸ホームへ/下鴨にある不動産会社さんです。あだ名は、青伸です。



にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ お茶目サラリーマンへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム

2016-09-25

サルスベリの木|左京区




9月25日、今日の京都市左京区は、晴れ時々曇り夜には雨!でした。
朝の太陽は眩しく、あまり風もない暑い日差しでした。

そんな日差しに照らされて、
初夏に開花した北大路通りの緑地帯の「サルスベリ」が、
綺麗な赤色を差し色にして、まだまだ元気に咲いていました。

サルスベリ」が植わっているのは、
北大路通りの叡山電鉄の踏切あたりから東側。

赤色の花だけかと思いきや、紫色の花もあります。
白色もあります。

こんな小さな緑地帯なのに、元気に育っているなー、と、改めて感心。

青伸ホームの前の緑地帯の端っこには、
緑地帯のために植えられた低木を凌ぐ大きさに育った、
名前も知らない木がふさふさと育っています。
自分の指定席はココだ!と言わんばかりに、枝葉をのばしています。

こんなに主張してしまったら、交通の邪魔だと見切られて、
そろそろ剪定されるっていうか、コイツは抜かれてしまうんだろうなぁ…と
要らぬ心配をしています。


青伸ホームの裏の家の庭にもサルスベリが植わっていて、
なにやら茶色い丸いカスをポロポロと落としてきます。
花が終わったあとにつける果実が熟して、種を撒き散らしている?

や、このペースで種を蒔かれた日にゃ、
青伸ホームの庭はサルスベリだらけになりますやん。


そんな「サルスベリ」は、
幹が成長するに従い、古い樹皮のコルク層が剥がれ落ちて、
淡い黄褐色の滑らかな樹皮が現れ、
サルでも滑りそうなほどツルツルしていることから「猿滑」と呼ばれています。
7月頃から9月頃まで、美しい花が次々と咲き、その期間が100日と長いので、
漢字では「百日紅」と書くそうです。


京都市北区左京区上京区エリアの不動産のことなら→青伸ホームへ/下鴨にある不動産会社さんです。あだ名は、青伸です。



にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ お茶目サラリーマンへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム

2016年09月25日のツイート