Hatena::ブログ(Diary)

aoilab  明治大学 建築史・建築論研究室(青井研究室)blog

 

2009-11-25

第1回都市発生学研究会を開催します

f:id:aoi-lab:20091125223941j:image

都市発生学初回の研究会を、『帝都復興と生活空間 ー関東大震災後の市街地形成の論理ー』(東京大学出版、2006)の著者である田中傑さんをお招きして開催いたします。

日程:1210日(木)16:30〜
会場:明治大学生田キャンパス第2校舎A号館4階A401教室
明治大学生田キャンパス http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/ikuta/access.html


講演:田中傑(芝浦工業大学
「関東大震災後の復興プロセス --バラックから本建築へ--」

今から80数年前、関東大震災に罹災した東京の市街地にはバラックと称される23万棟もの仮設建築物が出現し、各種の復興事業が施行されるまでのあいだ、東京市民の日常生活の場となった。
本研究会では、政府特認の"合法的違法建築"たるバラックがいかなる経緯で、いかなる主体によって建設され、さらに合法的建築物たる"本建築"へといかに更新されていったのか、建築・都市計画関連法規や復興事業の施行との関係をふまえながら紹介する。また、この復興市街地が今日の東京都心部における土地利用現況におよぼした影響を 指摘し、その「遺産」、「負債」についても議論したい。

奮って御参加下さい。

お問い合わせは、青井研究室の小松陽介・石榑督和まで。
E-mail:masakazuishi.gure555@gmail.com



GURE