ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

 | 

2008-04-28 (Mon)

[]2008-04-25(Fri): 大阪府の公の施設問題ひとまとめリンク集

自分がほしい情報がまとまっていないかったので、てっとり早く自分でつくった。

題して、「大阪府の公の施設問題ひとまとめリンク集」(センスなし……)。

大阪府知事橋下徹さんが就任して以来、大阪府が関与する文化・スポーツ系の公の施設の存続問題が話題になっていた。

・「指定管理者制度の疑問」(編集日誌、2008-02-13)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20080217/1203253446

さて、4月11日大阪府

財政再建プログラム試案

http://www.pref.osaka.jp/zaisei/kaikaku-pt/shian/

を発表し、27の公の施設について改革の方向性の原案が示されている。ところで大阪府の試案のうち本編はPDF版とhtml版が公開されている。行政の資料は往々にPDF版のみで公開されるだけに大阪府情報公開姿勢はほめたいところだ。

閑話休題

財政再建プログラム試案 本編

http://www.pref.osaka.jp/zaisei/kaikaku-pt/shian/html/

・公の施設の方向性

http://www.pref.osaka.jp/zaisei/kaikaku-pt/shian/html/oyakeno-shisetsu.html

に27の公の施設の今後の方向性が示されているのだが、残念ながら各施設のサイトへのリンクがない。大阪府がまとめた資料を参考にしつつ、各施設のサイトで実際の活動状況を確認したい。できれば、府の方針への賛否を示している方々の意見あわせて読みたい。そうやって多角的に情報をつきあわせた上で、大阪府が進もうとしている方向性を検証したい。

というわけで、大阪府が示す「公の施設の方向性」の分類

  1. 「廃止」するもの(8施設)
  2. 「集約、多機能化」するもの(4施設)
  3. 「市との共同運営」「市町村・NPO等との協働」「市移管」するもの(3施設)
  4. 民営化」「民間管理」するもの(4施設)
  5. 移転」するもの(1施設)
  6. 「存続」するもの(7施設)

に則って、当該施設のサイト、賛否を示す活動のサイトをまとめてみた。

  1. 「廃止」するもの(8施設)
    1. 大阪府弥生文化博物館
    2. 大阪府立体育会館
    3. 大阪府立臨海スポーツセンター
    4. 大阪府青少年会館
    5. 大阪府現代美術センター
    6. 大阪府立文化情報センター
    7. 大阪府総合青少年野外活動センター
    8. 大阪府立国際児童文学館
  2. 「集約、多機能化」するもの(4施設)
    1. 大阪府立近つ飛鳥博物館
    2. 大阪府女性総合センタードーンセンター
    3. 大阪府立中央図書館
    4. 大阪府中之島図書館
  3. 「市との共同運営」「市町村・NPO等との協働」「市移管」するもの(3施設)
    1. 大阪府狭山博物館
    2. 大阪府花の文化園
    3. 大阪府泉北考古資料館
  4. 民営化」「民間管理」するもの(4施設)
    1. 大阪府立羽衣青少年センター
    2. 大阪府青少年海洋センターファミリー棟(マリンロッジ海風館)
    3. おおさか府民牧場
    4. 大阪府漕艇センター
  5. 移転」するもの(1施設)
    1. 上方演芸資料館ワッハ上方
  6. 「存続」するもの(7施設)
    1. 大阪府立近つ飛鳥風土記の丘
    2. 大阪府立門真スポーツセンターなみはやドーム
    3. 大阪府立国際会議場(グランキューブ大阪
    4. 大阪府労働センター(エル・おおさか)
    5. 大阪府青少年海洋センター
    6. 大阪府少年自然の家
    7. 大阪府立大型児童館ビッグバン

大阪府立近つ飛鳥風土記の丘についてはサイトがみつからなかった。なお、賛否を示す活動のサイトについては個人レベルでの意見は取り上げていない。また、取りこぼしもあるだろう。お気づきの点があればご指摘いただきたい。

欲をいえば、ここに各施設の設置根拠となっている条例へのリンクもつけたいところだが、そこまでは手が回らない。また、大阪府財政再建プログラム試案にある情報と組み合わせれば、より有用な資料となるはずだが、それも自分の手にはあまるので断念……。ということで、上記のリストに関してはどなたでも自由に加工していただいて構わない。ただし、単なる複製・転載はご遠慮いただきたい。

ところで、27施設のうち3施設はサイトで自らの存廃問題について情報を発信している。その施設とは、

上方演芸資料館ワッハ上方

http://www.wahha.or.jp/

大阪府立羽衣青少年センター

http://www12.ocn.ne.jp/~hagolomo/main.htm

大阪府立国際児童文学館

http://www.iiclo.or.jp/

の3つ。上方演芸資料館ワッハ上方)はこの問題に関するページを公開し、

上方演芸資料館ワッハ上方) - ワッハ上方移転、規模縮小、ホールの切り捨てに反対します

http://www.wahha.or.jp/message080417.html

大阪府立国際児童文学館は「アナウンス」のページで署名運動や要望活動の状況を伝えている。

大阪府立国際児童文学館 - アナウンス

http://www.iiclo.or.jp/announce/youbousho.htm

以前、

・「労働政策研究・研修機構(JILPT)、「有識者コラム労働政策研究とJILPTの役割」を公開」(新着・新発見リソース、2007-11-12)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20071112/1194793350

の中で、

独立行政法人がこのような企画を行うことには賛否両論あるだろうが、私は積極的に支持したい。自らの存否に関わる議論が続いているさなかだからこそ、当事者がこのような企画を通して自らの存在意義を問うことには意味がある。

と述べたが、大阪府の各施設についても同様に思う。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/arg/20080428/1209310289
 |