講談社フェーマススクールズ フェーマス売り込み隊が行く!

2005-06-28 フェーマス売込み隊が行く!

artcenter2005-06-28

第4回 ○月×日 16:30〜

(先週のつづき)さて、本日のアポイントは終了したが、普段お世話になっている編集部にも挨拶しに行きがてら、売込み活動してイラストックを置いてこようということに。ここからはアポは取っていないが、いざ突撃。まずは、絵本関係でいつもお世話になっている編集部へ。顔を出すと、ほとんどの編集者の方は出払っていて、いらっしゃいませんでした。編集者のお仕事は本当に忙しい。みなさんが売込みに行く時には必ずアポイントを取ってくださいね。それでも、知っている方がいらっしゃったので、まずはお話を。趣旨を話すと、後日、編集者を集めてくれるということで、その時、しっかりプレゼンしてくださいとのこと。とりあえず、イラストックを5冊ばかり置いていってくれということでしたので、喜んで置いてきました。各編集部に置いてもらえるようです。よかった〜。その後、3部署ほど挨拶がてら、イラストックを置いてきて、ここで今日、持参したイラストック全てがなくなりました。(拍手)14:00過ぎから始まり、終わったのは17:30頃でした。最後にA社の社員食堂にいってお茶で一服してから、40代と30代の2人だけの売込み隊は気分も軽やかに帰途につきました。次回もA社の編集部回りの模様をお伝えします。お楽しみに!


イラストレーション:笹乃 まどか

2005-06-21 フェーマス売込み隊が行く!

artcenter2005-06-21

第3回  ○月×日 16:00〜


(前回のつづき)さて、次の訪問編集部は主にノベルスなどを扱っています。カバーイラストや挿絵などイラストを使う余地は色々とあるところです。張り切っていってみよ〜。まず、編集部の方に訪問の趣旨を伝えると、編集部内にイラストファイルなどを置いておく棚がちゃんとあるので、そこにならべて、各編集者には積極的にみるように伝えておくとのこと。ここもなかなか好感触!ここで、本日、アポイントを取ったところの編集部訪問は終了。ただ、これまでにお付き合いのある編集部にちょっと顔を出して、挨拶だけでもしておこうということで、ここからはアポなし突撃隊といった感じで回れるところを回って、持ってきたイラストックを全て置いてこようということに。その模様については次週に。ここで、後日談。1週間ほどして、ここの編集部の方から連絡があり、文芸雑誌の中表紙に、去年の11月に行なわれたコミックイラストグランプリの大賞受賞者にイラストを依頼することにしましたとの連絡がありました。やったー!うれしいお知らせではありませんか。こうしたことが、次への活力となるもんなんです。少しでも多く、こうした知らせが聞けるようにがんばるぞ!(次回につづく・・・)


イラストレーション:笹乃 まどか

2005-06-14 フェーマス売込み隊が行く!

artcenter2005-06-14

第2回  ○月×日 15:00〜



(前回のつづき)さて、最初の編集部では1冊もイラストックを置いてこられませんでしたが、それにめげずに、いざ、次の編集部へ。ここは、幼児向けの雑誌の編集部で、こちらとしても気持ちとして話はしやすそうだ。何せ、フェーマス出身者で幼児向けイラストを描く人は多いし、すでに、何人かはここの編集部で仕事をいただいている実績もあるし、「先行きは明るいぞ!」と、もうさっきのきつい洗礼のことは忘れて、お話を開始。なんとここでは、来週の編集会議(ここには複数の編集部があります)の時にプレゼンする時間を取ってくださるとおっしゃるではないか!なんていい人なんだろう!イラストックを見てもらうと、「皆さん上手ですよね」とのこと。好感触。イラストックも各編集部に1冊づつ、置いてもらえることになり、まずはホッと一息。この後、以前KFSにいらしたB氏(同じフロアにいらっしゃるものですから)のところにご挨拶に行くことに。もちろんイラストックを差し上げてきましたよ。話の中で「A社以外の出版社もどんどん回ったほうがよい」と檄を飛ばされました。やるぞお〜。今日はまだ編集部回りが残っています。いざ、次の編集部へ。(次回につづく・・・)


イラストレーション:笹乃 まどか

2005-06-06 フェーマス売込み隊が行く!

artcenter2005-06-06

不定期連載だけど・・・第1回


みなさん、いよいよフェーマスにイラストレーターの売込み隊が発足しました!これまでも、毎年イラストックを作成し、多くのクライアントに配布することでみなさんのバックアップをしてきましたが、これからは、ただ配付するだけではなく、より多くの受講生が仕事を獲得できるように、フェーマスがクライアントへ直接、イラストックを持って売込みに行きます。一人でも多くの人を売り込んで活躍してもらいたい!それが、我々の願いです。また、地方の受講生にとっては地理的にまわりきれないという思いもあるでしょう。もちろん、みなさんがたも仕事を獲得するために、できるだけの努力をしてもらいたいと思います。それとともにより良い作品も作り上げてもらいたい。これから一緒にがんばっていきましょう!今後、売込み隊の活動記を随時、ホームページで紹介していきます。お楽しみに!



○月×日 14:30〜


本日、A社訪問。複数の編集部をまわるということで、2人で15冊のイラストックをかついで行くことに。みなさん、イラストックを15冊も持ち歩いたことがありますか?もちろんそんな経験はないでしょうけど、これがとにかく重い。こんなに重いものだとは・・・。「とにかく、1冊でも多くイラストックを置いてこよう!」と心に決めて、いざ、最初の編集部へ。ここの編集部が扱っている出版物はテーマが生活全般にわたっているため、どのような話をしようか考えてみたが、とにかく「あたってくだけろ!」で今回の訪問の意図を伝えることに。「フェーマスの受講生のイラストを一人でも多く使ってもらいたい!」その思いを真正面からぶつけたのですが、本当にくだけてしました・・・。なんとイラストックを受け取ってもらえず!ショック!何がショックかというと、「こんな重いものをまた持ち歩かなければならないのか」ということ。編集部をまわるごとに、どんどん身軽になっていく予定でいたのに・・・。いきなりきつい洗礼を受けることに。けれど、これぐらいでめげてはいられない。みなさんも、売り込みに行って断られてもめげずにがんばって次へ次へと気持ちを切りかえましょう。そう簡単に仕事にありつけるはずはないのですから。さて、気を取り直して次の編集部へ。(次回につづく・・・)


イラストレーション:笹乃 まどか