スマートフォン用の表示で見る

水墨画

アート

水墨画

すいぼくが

墨一色を用い、その濃淡の調子によって描く絵。中国山水画を中心に唐代に成立。鎌倉中期日本へ禅宗とともに入り、禅の精神を表すものとして盛んに描かれた。水墨。

三省堂提供「大辞林 第二版」より