ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

artなfoodsのDiary RSSフィード

2007-12-02

和食の隠れ家「花遊膳」   12:18

信州八ヶ岳の山麓にこんな素敵な時空があると誰が想像するだろうか。

革工房メリーマックの石原夫妻にお招きいただいたその『花遊膳』さんは

「もてなしの心」の真髄というものを改めて知らしめてくれた。


f:id:artfoods:20071202095314j:image:left

 清里に到着したのは丁度午後5時、辺りはすでに陽も落ちて気温は5℃を下回っていたが、メリーマックさんはいつものように温かいコーヒーでボクらを迎えてドライブの疲れを癒してくれる。

制作いただいた作品の確認もこの日のメイン・イベントが控えているためか気もそぞろだ。打ち合わせもソコソコに宿のチェックインと花遊膳さんに向かう。

   ■□■□■

 石原夫妻が宿までボクらを迎えに来てくれたが、そこからの道のりはすでに暗くなった別荘地の中を曲っては進んでゆくのでドコをどう走っているのか皆目見当がつかない。ほどなく目の前に現れた楚々とした構えのお店が花遊膳さんだった。

ちょっと隠れ家テキ雰囲気もあって思わず立ち止まって来るべき愉しみの想像にときめく。

   ■□■□■

f:id:artfoods:20071202103555j:image:right

 笑顔でお迎えしてくれたのは店主で女将の白鳥ユリ子さんだ。銀座のクラブを長きに亘って経営していた彼女がこの八ヶ岳の山麓を気に入ってとうとう移住してしまったという経緯を石原氏からうかがってはいたが、実際にお会いするとその柔らかな笑顔にサスガと思わせる一流の気配を感じる。

 ビールで乾杯突入のころ合いに先ずは鴨ロースのライトスモークが運ばれる。お料理をテーブルに運びながらちょっと気の利いた会話や冗談をさりげなく…のっけから客人をもてなすエッセンスに圧倒される。

献立の選定はもとより仕込みから調理までお1人で行い、なおかつ提供と接待までこなす彼女の素養はなんと素晴らしいものであるのだろう。

f:id:artfoods:20071202104437j:image:left

ズワイ蟹のシュウマイと爪付しんじょ。

出来上がった料理そのものも申し分のない仕上がりだが、添えられているポン酢醤油に感心する。辛子醤油などではなくカニの香りと身肉の淡白な甘さを引き立てるために選ばれたこの調味料は、彼女の食に対する思いからの手造りであることにスグ気づかなければならないだろう。

   ■□■□■

根菜や生紅葉麩の煮物には信田巻もカオをのぞかせる。

派手な演出はないがしっかりとダシの染みた一皿に箸を休める気などまったく起こらない。石原夫妻との楽しい会話と料理の素晴らしさに右往左往するボクに女将のジャブがタイミングよく効いてくる。

f:id:artfoods:20071202112032j:image:right

味噌田楽は三種の素材でコンニャク,大根,厚揚げ…柔和な味の煮物の次に八丁味噌の個性をぶつける手腕は勇気が必要だ。酒杯を持つ左手がますます忙しくなるのは、こうしたメリハリがきちんと整理されているからに他ならない。

   ■□■□■

 お酒でちょっと冷えたオナカにナルホドと唸らせる一品が運ばれる。冒頭の写真の蕎麦だが、コレがタダモノではない旨さだった訳は忍ばせてある魚にある。

f:id:artfoods:20071202113109j:image:left

蕎麦といえばフツー動物性蛋白質を合わせるならば鶏肉、せいぜい特殊なところでサバかニシンなのだろうが、これはなんとサワラを用いてある。

柔らかな身と淡白な脂、まさに茶蕎麦の風味を生かしきる卓越した演出に脱帽なのである。そしてトッピングの白髪葱と唐辛子が泣きにトドメを刺す。

f:id:artfoods:20071202113311j:image:right

 フィニッシュは鮪のヅケ丼…飲み介のココロに抜けないクギを打ち込むこの一品は、同席した女性のハートも見事に捉える力強さも持っている。

黒米を加えたゴハンは酢飯に仕立て上げられ、それまでの料理の余韻を払拭するかのように胃に納まってゆく。

自然薯の旨みが加わったのど越しの良さは、当家の小食な奥サマにもまるで騙されたかのように完食という喜びを満喫させてくれるのだろう。

   ■□■□■

f:id:artfoods:20071202114551j:image

左より石原夫妻、白鳥さん、ウチの奥サマ

f:id:artfoods:20071202114742j:image:right


落ち着いた風情を醸し出す玄関

移築したワケではなく

元々あった建築をそのまま用いている








f:id:artfoods:20071202114816j:image:left


別室には囲炉裏もある

食後のデザートはココで

時間の許す限り

こんな場所で酌み交わす酒も素晴らしいではないか
















f:id:artfoods:20071202114846j:image:right


照明は料理と会話が楽しめる限度まで落とされ

落ち着いた室内空間と

ゆったりした時間を創り上げている

また来たい…

そんな気にさせてくれる隠れ家か

f:id:artfoods:20071202114455j:image:left


白鳥ユリ子さん

気品と素晴しい笑顔

もてなしの心

料理の技

センシティブな会話

全てに長けたまさに才色兼備の女性経営者

彼女にお会いする方は

必ずその素晴らしさに

心打たれるだろう






f:id:artfoods:20071202115036j:image:right


そしてこの場所で

もう一人の彼女に会えるとは思わなかった

ダイアナ・クラール

白鳥さんが何気なくかけてくれたBGMに愕き振り返ったボク

聞けば石原氏もファンなのだという

JAZZの流れる和食のお店

なんてステキなんでしょう



























■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


花 遊 膳

山梨県北杜市高根町東井出155

TEL : 0551-47-6388

◎必ずご予約の上お伺い下さい。

  お昼の御弁当…¥1200

  夜のお食事は…¥3500より


f:id:artfoods:20071202171935j:image

今まで受けた最高のおもてなし教えてください!

革工房メリーマック(6)   16:31

 間もなく雪の世界へ入ってゆく清里には今回が今年最後の訪問になるのだろうか。母君へのクリスマス・プレゼントをオーダーしたのは前々回の訪問、10月末のことだからまる一月で完成したワケだ。


f:id:artfoods:20071202153315j:image:right

 優雅なワインレッドに染められたバックスキンをボディーにし、クロコの型押し革をアクセントにあしらったリュックサック。

随所にポケットやスペースを配置し、見た目だけでなく実用的にも素晴らしい作品に仕上げてくれた。

非常に軽量にできているのも年配者の持ち歩くアイテムとして重要なポイントだ。

早く渡してあげたい気もするが、クリスマスはまだまだ先…母君の喜ぶ顔を思い浮かべてヨシとしようではないか。


f:id:artfoods:20071202154339j:image:left

毎年石原氏が制作するという作品

木の枝に着色や革細工を施し

命を吹き込んでゆく

かわいいのは言うまでもないが

自然に対する尊敬や愛着が表現されているようで

氏の懐の深さを感ずる












f:id:artfoods:20071202154922j:image:right

ご子息のオリジナル・ブランド「タミイラ」

前回の11月17日に訪問時にお願いしたシガレットケースも出来上がった。

ノーマルな色使いの作品もあるが、ちょっとアソビゴコロのあるこのグリーンもなかなか素敵ではないか。

あり得ないコトではあるが、万一タバコを止めるコトになったとしてもこのケースならコンパクト・デジカメやケータイのケースとしても転用できそうである。

試しにボクのケータイを入れてみたが、なかなかのフィット感が得られ

「もしかして…」

なのである。


f:id:artfoods:20071202160013j:image:left

今回お願いしたのはカメラのキャリーバッグだ。

カメラの実機を前に寸法や取扱いのしやすさを考慮して煮詰めて行く。

過去の様々な作品や経験、現在工房にある試作品とストックを基に新たな作品が検討される。

ボクのオーダーにもちょっと実験テキなテイストが盛り込まれ、またまたお楽しみなコトが増えてしまった。

教えてあげたいけど、やっぱりお披露目は完成してから…にしましょう。


   ◆◇◆◇◆


革工房 Merrimack(メリーマック)

http://www.eps4.comlink.ne.jp/~merimack/

〒407-0301

山梨県北杜市高根町清里3545-1

TEL : 0551-48-5455

定休日 : 毎週 火・水曜

E-mail : merimack@eps4.comlink.ne.jp


革工房メリーマックに関する日記↓

11月18日の日記

http://d.hatena.ne.jp/artfoods/20071118#1195351676


10月29日の日記

http://d.hatena.ne.jp/artfoods/20071029#1193626630


10/15の日記

http://d.hatena.ne.jp/artfoods/20071015#1192425522


9/3の日記

http://d.hatena.ne.jp/artfoods/20070903#1188777893


8/6の日記

http://d.hatena.ne.jp/artfoods/20070806#1186354115


   ◆◇◆◇◆


さて、ご子息の工房も紹介しよう。



革工房tamiira(タミイラ) 

バッグや財布・小物・アクセサリーなどレザーアイテムを制作

http://www.smallsealine.com/tamiira/index.html

〒120-0036

東京都足立区 千住仲町28-2

北村作業所

TEL/FAX: 03-5888-4645

営業時間 : 8:00 〜 20:00

※水金曜 :13:30 〜 20:00

休日:無し

f:id:artfoods:20071202162847g:image

携帯電話用地図

yukk16yukk16 2007/12/02 15:41 素敵な時間を奥様と過ごされたようですね。
そういう時間がなかなか作れない私は、ガバイ羨ましかですよ。

かぶちゃんかぶちゃん 2007/12/02 16:02 こんにちわ、全部のお料理は女将さんがお一人で作られたとはすごいですね!一品一品の御もてなしの心がこめられてるのが伝わってきます。
女将さんとてもお綺麗な方ですね〜

お〜っと!石原氏、Artさんの奥様もかわいい(^o^)V

元ルー元ルー 2007/12/02 16:51 おかえりなさい。
古民家を使ったお店なんでしょうか?
一人で切り盛りしてるとなると一日に何組も受けれないですね。
やはり自分の目が届かないと気がすまないんでしょうね。

artfoodsartfoods 2007/12/02 16:56
★yukk16さん
こんにちは。コメントありがとうございます。
ボクもこれから来春までシゴトが忙しくなりますので、宿泊を伴う酒宴はしばらくお預けになりそうです。
この花遊膳さんを出たアトに行ったお店の御夫婦が、ものすご〜いクルマ好きで…
また明日にでもそのお話しを…。

artfoodsartfoods 2007/12/02 17:01
★かぶちゃん
もうコンバンハの時間になってしまいました。
ほんとうにもてなして頂いた…と感じる時間でした。料理も含めてお1人でこなすその手腕、素晴しいの一言に尽きますね。
いつまでもお話を続けていたくなるような、そんな女将でした。
もっと近ければトキドキお伺いしたいんですけど…

artfoodsartfoods 2007/12/02 17:06
★元ルーさん
おばんでした。ただいま〜です。
そうですね、妙な改造を加えていない古民家。
そのまんま使っているという感じです。大正か昭和初期のテイストがぷんぷんしているんですが、女将のお人柄も手伝ってかイヤミな感じの全くないお店ですね。
お客様に心をつくす姿勢で営業されてますので、どうしても予約中心になってしまうようです。

ムー吉ムー吉 2007/12/02 18:43 わんばんこ
いよいよカメラバッグをオーダーですね
どんなのが出来上がってくるんでしょ
カメラバッグ、既製品でもいい値段しますが
帯に短したすきに長し、なかなかコレっていうのがありません
撮影タイプごとにバッグがあればいいのでしょうけど、そんな〜

まこたくまこたく 2007/12/02 19:20 今晩は〜♪

どの写真もため息が漏れてしまいます〜
こんな場所が似合うオヤヂになりたいものです・・・^^ゞ

シガレットケースの色合いは良いですね^^v
オイラの携帯にも合いそう(笑)

う〜う〜 2007/12/02 20:17 こんばんは、
いい時間がながれてそうでね。。。。
最近、旅行というとドタバタが多いので、このような癒し時間欲しいです。

As time goes by.....時の過ぎ行くままに

artfoodsartfoods 2007/12/02 21:43
★ムー吉どん
こんばんは!
お察しの通りです、前から欲しいな〜と思っていたんですが、なかなか勇気が出ませんでした。
やっとジブンにもその許可が下りたような気がして頼んでしまいました。
撮影タイプごと…というのはオーダーの打ち合わせの最中にも出てきたキーワードですよ!
結局今回は一番シンプルなスタイル用にしましたけどね。

元ルー元ルー 2007/12/02 21:44 カメラバッグ、オーダーですか?
使い方にあったものを作れていいですね。
ボディ2台とレンズ3〜4本ですか。全部入れたら結構な重さがありますよね。(^^;)
楽しみですね。

artfoodsartfoods 2007/12/02 21:52
★まこたくさん
こんばんは!
ウワサではボクが一番似合う場所だ、って誰も言ってない!(笑)
でも写真の出来は別として、まこたくさんが感じた通りの時間だったと思います。
一つ一つを慈しむように口に運ぶ料理というのもたまにはいいですね。
そんなに遠い場所でもありませんし、正直お値段もボクの手の届く範囲で収めて頂いてますので、携帯のケースなど身近な日用品などオーダーされるコトをお勧めしたいです!

artfoodsartfoods 2007/12/02 21:57
★う〜様
こんばんは。
神戸サミットのような旅行はもうコリゴリです(爆)
いや〜冗談ですよ!
ソレはソレとして、やはりこうした時間も我々には必要なものですね。
ボク自身もこんな落ち着いた旅は久しぶりでした。
静かな時間の良さを改めて感じてきましたよ。
相変わらず行く前と帰ってきてからはドタバタですが…

artfoodsartfoods 2007/12/02 22:05
★元ルーさん
オバンデ〜ス!
もうヨッパですねボク。
まさかカメラバッグをオーダーするとはボク自身夢にも思いませんでした。
最初は元ルーさんのおっしゃる通りの仕様で打ち合わせしてたんですが、結局標準系ズームレンズ付ボディー&望遠系ズームレンズの二つが収まるコンパクトなモノにしよう!とゆーコトになりました。
様子を見てまたオールインのものも検討いただこうかな〜なんて思ってますよ。
先ずは今回の出来を見てから…ってな感じで楽しみです。

Tom-ZTom-Z 2007/12/02 23:20
やっぱり、どれも素敵な革細工ですね。
ワタクシも来年あたりお願いしてみようかなぁ…

artfoodsartfoods 2007/12/03 05:15
★Tom-Zさん
中村牧場の親子丼&焼鳥は今回もオアズケでした。
なかなか思うようになりませんね…。
メリーマックさんは絶対覗いてみて下さい!
Tom-Zさんなら持つべきものがたくさんありますよ〜。

Tom-ZTom-Z 2007/12/03 22:38
中村牧場はお預けでしたか。
来年はメリーマック&中村牧場の組み合わせで行こうかと思います。

artfoodsartfoods 2007/12/04 06:13
そーなんです(T-T)
奥サマからのリクエストでもあったんですが、なかなか時間とタイミングが合わなくて…
これからは路面が凍結したり雪が降るので、あのあたりにはカンタンに行けなくなってしまいますね。
でも冬の景色も楽しんできたいので、今スタッドレスという選択にグラッときてます(´Å`)

Tom-ZTom-Z 2007/12/04 07:24
スタッドレス、買っちまいましょう!

ワタクシ、スタッドレス持ってます。
いつ履き替えようかなぁ〜?
年内には付け替えよう。

artfoodsartfoods 2007/12/04 07:37
迷ってたんだけどTom-Zさんに背中を押された、とゆー言い訳で(笑)
ほとんど「買い」モード…今日、黄色帽子の友人に電話ね♪