ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ベル小児科の院長日誌

2018-05-11

麻疹(はしか)の流行

沖縄で、麻疹が流行しているのは、みなさんご存知の通りです。

5月9日に、2名のお子さんへの感染が確認されたようですが、

感染者増加のピークは過ぎ、終息に向かってはいるようです。

沖縄県では、感染者のリストを公開していますが(5月9日時点のもの:http://www.pref.okinawa.jp/site/hoken/chiikihoken/kekkaku/documents/300509.pdf)、

これをみると、お子さんの感染者は、麻疹・風疹ワクチンを接種されていないか、接種歴が不明のかたが多いです。

接種されているのに感染してしまったお子さんは、施設内や病院内で、感染者と接触があったかたが多いです。

麻疹は、感染力が非常に強く、しかも飛沫だけではなく、空気感染(感染者から出たウイルスが空気中に浮遊し、同じ空間内にいる別な人に感染する)ので、麻疹の免疫のない集団に、1人麻疹の感染者が出たとすると、周囲の12〜14人に感染するといわれています(インフルエンザは飛沫(核)感染だけなので1〜2人です)。

ということは、反対のみかたをすれば、感染者と接近遭遇した人は、施設内や病院内で(発症した人より)たくさんいたはずなので、ワクチンを接種済みで、免疫が充分ある人は、感染を免れているということがわかります。

いかに予防接種が重要であるかがよくわかります。

そこで、最近、診療中にときどき質問を受けることとして、

「麻疹(または麻疹風疹)ワクチンを、1歳前のお子さんに接種できませんか?」

というのがあります。

沖縄県では、現在の流行をかんがみて、特例的に、期間限定で、生後6ヶ月からのお子さんに、接種を行なっているようですが、接種の安全性・有効性が評価されていないため、普通は接種しません。

当院でも、1歳前のお子さんへの、麻疹風疹ワクチンの接種は行なっていません。

流行地への訪問や、ターミナル都市の人混みなどをできるだけ避けるようにお願いしています。

次に、「麻疹の抗体があるかどうか、調べられませんか?」

という質問もあります。

これには、麻疹風疹ワクチンを2回接種済みであれば、抗体は充分あるものと判断してよいとお答えしています。

採血して調べることはできますが、当院は小児科なので、大人の方には、内科受診をおすすめしています。

また、こういった検査は、原則的に自費診療となります。

ともあれ、当院周辺ではもちろん、現在、麻疹の発生はありませんので、

大慌てする必要はありません。

なお、麻疹については、群馬県からも注意喚起が出ています。
http://www.pref.gunma.jp/02/p07110047.html

2018-04-18

花と緑のぐんまづくり

近くの吉岡町で、開催されています。

http://hanatomidori.net

f:id:arushounikai:20180418080146j:image:w360

たくさん、きれいな花がさいています。

町民のみなさんが、お手入れをしているそうです。素晴らしい!

f:id:arushounikai:20180418080316j:image:w360
f:id:arushounikai:20180418080312j:image:w360

鯉のぼりもあるし、お子さんたちのお散歩には、最適ですね。

ゴールデンウィークあたりには、いろいろなイベントもあるようです。

f:id:arushounikai:20180418080653j:image:w360
f:id:arushounikai:20180418080649j:image:w360

奥さんが参加して、「ちりめん細工」を作ってきました。

ほっこりしますね。

2018-04-09

新学期

入学や、入園の季節ですね。

本当は、桜にもっと咲いていてほしかったところですが。

それになんだか今朝は肌寒くて・・・。

でも、みなさん元気に、初登校・初登園されていることと思います。

新入生のみなさん、おめでとうございます!

2018-04-07

ワクチン流通

4月になって、昨年度中、さんざん混乱してきた、ワクチンの流通が、

やっと正常化してきたようです。

とくに、日本脳炎のワクチンは、昨年度中、流通量が激減し、

予約したくてもワクチンが無いのでできない、という状態がかなり続きました。

「日本脳炎なんて、かかった人聞いたことない」と

お思いの方もいらっしゃるでしょうけれど・・・

まだ、1年に10人くらい、日本でもかかっている方がいるのです。

(国立感染症研究所のHP)

https://www.niid.go.jp/niid/ja/jeqa.html

予防に越したことはありません。

予防接種全般に言えることですが・・・

できるものは、積極的に接種したほうがよいでしょう。

新年度になり、次の年度に1年生になる、年長組のみなさんは、
「麻疹・風疹ワクチンの第2期接種」。

忘れないうちに、接種をお願いします!

2018-04-02

玄関のお花

だいぶ暖かくなってきて、

クリニックの玄関のお花も、だいぶ元気が出て来ました。

f:id:arushounikai:20180402080205j:image:w360

いつもいつも、義理の父母がお手入れをして下さっています。

ありがとうございます。

2018-03-31

前橋市のワクチン助成額が増えます。

4月から、前橋市のワクチン助成額が増額になります。

以下のワクチンです。

おたふくかぜワクチン:満1歳〜4歳未満、1回のみ、4000円助成

ロタリックス(2回接種のロタウイルスワクチン):
生後6週〜24週0日、1回につき7500円助成

ロタテック(3回接種のロタウイルスワクチン):
生後6週〜32週0日、1回につき5000円助成

となります。

4月1日版の前橋市の広報にも載っていますので、ご覧ください。

これでまた、接種に積極的になってくださるご家族が増えれば、流行が防げる可能性が高くなり、ありがたく思いますね。

2018-03-15

花粉が・・・

ご覧ください。

f:id:arushounikai:20180315193419j:image:w360

ものすごい量の花粉が飛び交っています。(赤い線が今年のグラフです)

3歳くらいでも、明らかな花粉症症状のお子さんがいらっしゃいます。

「去年まではなんともなかったんですけど・・・」という、今年、花粉症デビューのお子さんも。

それに、みなさん症状が強くて、例年は(お子さんなので)あまり処方しない、ステロイドの点眼薬を、やむを得ず処方するケースが増えています。

花粉症用のメガネ。もう装着されているお子さんも多いようですが、これは有効です。

目の症状がつよい場合、ぜひお勧めします。

鼻症状には、点鼻薬が有効のようです。2歳から使用できる点鼻薬があります。でも、小さいお子さんは、嫌がって、あまり上手にできない場合が多いのですが・・・。

症状が強いかたのいらっしゃるお家では、布団や、洗濯物を外に干さないようにしたり、せっかくいい天気ですが、窓を開けてバッチリ換気などは避けたほうがよいでしょう。

目がかゆい・・・

2018-03-06

院外業務など・・・

今月は、夜の院外業務が多いです。

看護学校の行事・会議や、市の乳児健診委員会など・・・。

なので、診療時間を過ぎての急患対応ができない場合があります。

(昨日は、夜間急病センターに出仕のため、ご迷惑をおかけしました)

受付終了時間が早くなったり、診療時間に変更がある場合は、随時、ホームページや予約システムにお知らせを載せていきますので、ご確認のうえ、受診をお願い致します。

ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

2018-03-05

花粉が・・・

昨日は、暖かかったので、部屋の窓を開けて換気していました。

すると、鼻づまり、目のかゆみが止まらなくなりました。

もともと、初夏の花粉症があるのはわかっているのですが、このスギの時期は、それほどでもないだろうと、甘くみていました。

f:id:arushounikai:20180305075953j:image:w360

昨日あたり、かなりすごいです。どおりで。

僕は、抗アレルギーののみぐすりをのむと、劇的に眠くなってしまうほうなので、のめません。

点鼻薬と点眼薬でなんとか対処しようと思います。

2018-02-01

当院駐車場内でのお願い

当院駐車場内で、ゴミやタバコの吸い殻を捨てる方がいらっしゃるらしく、

近隣の方からご注意がありました。

捨てられたゴミ・吸い殻などが、風で隣接地に飛んでしまい、ご迷惑をかけています。

当院駐車場内で、ゴミを捨てたり、喫煙や、吸い殻の投げ捨てをすることはご遠慮下さいますようお願いいたします。

もちろん、隣接地に捨てることは、絶対におやめください!

吸い殻は、ともすると、火災にもつながります!

どうぞご配慮をお願いいたします。

2018-01-12

インフルエンザの迅速検査

例年通り、3学期に入って、インフルエンザが急増中です。

いまのところ、当院周辺では、B型のほうが多いようです。7:3くらいでしょう。

そんななか、1月28日(日)が、当院の休日当番医です。

きっとインフルエンザのお子さんが多いんだろうなあ。

そういえば、よく言われることでご存知の方も多いようですが・・・

インフルエンザの迅速検査は、発熱して「すぐ」検査しても、陽性にならないことが多いです。

半日くらい経ってから、ようやくハッキリします。

だから、たとえば、その日の朝に熱が出た場合は、夕方に受診(検査)したほうがはっきりします。

お子さんが熱でつらそう・・・な場合は、なにも半日我慢しなくても、解熱剤のお手持ちがあれば使用していただいて構いません(そのせいで検査結果が変わることはありませんので)。

あまり慌てずに、受診のタイミングを考えていただくご参考に・・・。

2018-01-04

新年です

あけましておめでとうございます。

明日から、診療再開いたします。

また、明日以降の予約が可能となりました。

本年も、ベル小児科クリニックをよろしくお願いいたします。

2017-12-26

Web予約が満員の場合。

今年もあと1.5日で仕事納めです。

Web予約は、すでにかなり埋まっています。

「受診したいけど、ネットで予約が取れない!」という場合は、

お電話いただければ、診察可能な時間帯をご案内します。

予約済みの方の直前キャンセルが、結構ありますので・・・。




・・・なので、予約されていて、体調が改善したなど、受診されない方は、

早めにキャンセル操作をお願いしたいと思います。

2017-12-20

あっという間に

もうすぐ今年も、終わります。

いつも思いますが、あっという間ですね。

f:id:arushounikai:20171220080829j:image:w360

クリスマス仕様のアレンジメントです。

2017-11-28

インフルエンザ

当クリニック周辺でも、インフルエンザのお子さんが増えてきました。

最近までは、プール熱(アデノウイルス感染症(咽頭結膜熱))が多かったのですが、今週に入って、だんだん、インフルエンザのお子さんが・・・。

f:id:arushounikai:20171128081718j:image:w360

いつも通り、手洗い・うがい・マスク、が大事です。

そして、自分もかからないように、気をつけないと・・・。

2017-11-04

明日は、当番医です。

明日の日曜日は、当院が休日当番医です。

久々に更新したと思ったら、業務連絡なのですが。

当番医ですので、予防接種、乳児健診、長期処方(喘息や湿疹など・・・)、治癒証明記載、アレルギー相談などは行いません。急患対応のかたちになります。

予約システムは稼働しません。来院順での診察となります。

翌月曜日(6日)は、代休のため休診です。

よろしくお願いします。

2017-10-20

解熱剤が足りない!?

どうやら、解熱剤の原料を作っているメーカーの問題のようですが。

当院でも処方している、解熱剤。座薬、粉薬、シロップ。

かなり流通量が減ってきているようです。

近々、処方しても「薬局に在庫が無い」ということが起こる可能性が・・・。

シロップは、冷蔵保存しても、2週間程度が使用期限の限界のようですが、

座薬や粉薬や錠剤は、一般的には半年くらいはもつようなので(使用期限は、必ず調剤された時に薬局で聞いてください!)、すぐに破棄せずに、とっておいたほうが良いかもしれません。

とても困った事態ですねこれは・・・。

2017-09-22

10月〜12月の土曜日は

10月14日(土)〜12月16日(土)の土曜日午後は、

インフルエンザワクチン接種専用時間となります。

このため、一般診療は行いません。

ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

2017-09-20

インフルエンザワクチンについて(2)

昨日夕方より、ウェブ予約を開始しましたが、

今朝の時点でほぼ満員となりました。

申し訳ございませんが、この後の予約はキャンセル待ちとなります。

なるべく多くの方に接種していただけるように時間をとったつもりなのですが、

いかんせん、接種する医師がひとりですので、接種可能数には限界があります・・・

ご了承くださいますようお願い申し上げます。

2017-09-06

そういえば

今日は、9月6日です。

当院の、開院の日でした。ベル小児科の、お誕生日。

スタッフに、「開院記念日ですね」と教えてもらって、思い出しました。

6年過ぎたことになります。

開院した頃、生まれてすぐの予防接種をしていたお子さんが、もうすぐ1年生、っていうことですね。

毎日バタバタと過ごしていて、時間が過ぎるのがあっという間なのですが。

初心に還って、また診療に臨みたいと思います。

2017-09-02

インフルエンザワクチンについて(1)

はやいもので、もう9月です。

空も、なんだかだんだん高くなってきたような・・・

雨ばっかりの夏だったので、「もう終わり?!」という感じですが・・・秋ですね。

さて、ところで。

今年のインフルエンザワクチンの予約について、HPに記載しました。

ご興味ある方は、ぜひご覧ください。

f:id:arushounikai:20170902174450j:image:w360
               当院のHPのここのところから入れます。

ちなみに、今年も、ウェブ予約だけにしました。ご了承ください。

2017-08-29

夏なのに

夏だから、「夏カゼ」は、いろいろあります。

手足口病は、かなり流行っているし、プール熱や、ヘルパンギーナなどもみられています。

そういえば、今年の手足口病は、お父さんやお母さんにうつるケースが少ないように思います。数年前の大流行のときは、お子さんからうつってしまって、口が痛いし、足の裏も痛いし、もう大変!というお父さん・お母さんが多かったように記憶していますが・・・。

それから、今年の手足口病は、熱と、口の症状(口内炎やのどの痛み=食欲不振)が先に出て、手や足の発疹が遅れて出てくるようです。診断に悩みます・・・。

胃腸炎(嘔吐下痢症)は、少ないです。

で、夏なのに、猛威を振るっているのが、「RSウイルス」です。

高熱と、咳、鼻。

ゼイゼイするお子さんが多いですが、あまり呼吸音に問題なく、「RSじゃないよなあ」と思って検査すると、すぐ「陽性」に出たりして・・・。

冬場のように、肺炎になったり、症状がダラダラと長引いたりすることは少ないようですが、1歳前の赤ちゃんでは、重症化が急に進むことがあるカゼなので、要注意で経過観察する必要があります。

RSといえば、「冬場の乳児の細気管支炎」と習ってきたのに、ぜんぜん季節関係なし・・・。

そのうち、インフルエンザも、夏場に流行ったりするのでしょうか。

困ったもんです。

2017-08-19

腰痛

今朝、起きたら、左側の腰が激痛・・・

これといって心当たりも・・・

あ。そうだ。おととい、お米の精米の際に、重たい米袋を、

「これぐらい余裕だろ」と持ち上げて運んだ、くらいしか、心当たりはないのですが。

お盆休み中も、雨ばっかりで(今年はどうしてこうなんでしょう)、テニスもせずにいたのに。

今日の診療中は、時々、「いでっ!」となって、顔をしかめていたかもしれません。

夕方になってまだ、痛いです。湿布貼っておこう。

ともあれ、夏も終わりに近づき、忙しい秋〜冬がやってきます。

体調に気をつけて、頑張ります。

まだ、そんなに歳じゃないんだけどなあ。

2017-07-31

電子カルテを

夏休み第1弾終了・・・

特に旅行などはせず、終了しました。

お盆のお休みでは、実家に帰省しようと目論んでいます。

それはさておき。

わけあって、7年弱、使い慣れた電子カルテを、総入れ替えすることにしました。

7月に入って、仮設置をしてもらい、使う練習をちびちびしてきたのですが、明日からが本稼働です。

まあ、7年も、ほぼ毎日使ってきたカルテは、使い慣れるという感覚を超えて、直感的に、どこを押すとどうなるというのがしみついていました。

新しくなると、ほぼ1からやり直しなので、明日から、スムーズに使いこなせるかどうか?不安ではあります。

きっと2〜3日は、もたつくだろうなあ。

頑張って早く使い慣れないと・・・。

2017-07-22

夏季休診 その1

毎日、暑いです。

といいつつ、診察室にこもっているので、あまり実感はありませんが。

今日の昼休み、病院の郵便ポストを修理するので、外に出たら、「もわーっ」としていました・・・。

日曜日は、外でテニスをするのですが、まあ、外で活動するのは、体に良くない季節ですね。テニスしているときは、そう実感します。それでも、テニスしますが。一応、健康のためということで・・・。

さて、来週後半(木曜日〜土曜日)は、夏季休診となります。

お盆の時期も休診なのですが、例年通り、夏休みは2回に分けています。

ご了承くださいますよう、お願いいたします。

海にでも行ってこようかなと。

2017-06-30

流行りもの

なかなか、いろいろと、流行りものが落ち着かないようすです。

溶連菌感染症、プール熱(アデノウイルス感染症)、嘔吐下痢症(ロタウイルスやノロウイルス)、そしてRSウイルスの気管支炎・・・。

ある地域では、おたふくかぜも流行しているようです。

例年は、この時期は、少し感染症が落ち着いて、もう少しすると、夏カゼが流行りだす、
というのがパターンなのですが。

なんだか今年は、いろいろが長びいているようです。

そして、もちろん、夏カゼ(手足口病や、ヘルパンギーナなど)も、ちらほら出て来ています。

ロタやRSといえば、冬場の代表選手だったのに、近年、この時期にも小流行があるんですね・・・。

そういえば、先々週の、看護学校の講義では、ちょうどウイルス感染症のところをお話したのですが、

「RSといえば、冬場ですからね! ・・・でも今年は今も流行ってるけど」

などと言って、学生さんたちを、不要な混乱に陥れてしまったりして・・・

ともあれ毎日、迅速検査やら点滴やら吸入やらで、当院の看護師さんたちも、大忙しです。

やっぱり、「手洗い・うがい」がまず一番なんでしょうけど・・・。

夏休みに入るまでは、ひと段落しないかもしれない予感がしています。

2017-06-14

院外業務いろいろ

毎年恒例ではありますが。

5〜6月は、院外業務が集中します。

学校・保育園の健康診断。前橋市の委員会。学校保健委員会や、アレルギー学会、などなど。

周期的に当番になる、市の健診も、この時期に回ってくることが多いような気がします。

さらに、これまた恒例の、看護学校の講義も始まりました。

そして今日は、小学校の学校健診(低学年の部)でした。

おおむね、みなさん元気でした。1年生は、まだちっちゃいのに、「〇〇です! お願いします!」って、ちゃんとご挨拶できるお子さんが多く、微笑ましい。

ちょっと気になるお子さんたちについては、受診をおすすめしました。

そのあと、医師会事務局で、秋に催される、県医師会のテニス大会の打ち合わせ・・・。

今年は、これも順番で、当番幹事になっているのです。

ともあれ、臨時休診や、診療時間の短縮が多くなってしまい、ご迷惑をおけかします。

なにとぞご了承ください・・・。

2017-06-05

「のどかぜ」に悩む

最近、溶連菌感染症やアデノウイルスによる「のどかぜ」のお子さんが多いです。

のどを診察すると、真っ赤・・・。

熱も、39度〜40度もあるお子さん。

『アデノかなあ』と思いながら検査すると、『陰性』。

でも、扁桃腺も真っ赤だから、「のどかぜ」で熱が出ているのは、確実なんだけどなあ・・・。

と、悩んでしまう。

「今朝から、『喉が痛い』って言うんです」という、37度ちょっとのお子さん。

『これは溶連菌だな』と思いながら、検査してみると、『陰性』。

自分の目に自信をなくしながら、

「でも、のどは、ずいぶん赤いから、のどかぜなんだけど、溶連菌ではないです」と。

歯切れがわるい説明・・・・・。

「でも、仲の良いお友達が、溶連菌だったみたいなんですけど」などという話が出ると、「う〜ん」と悩んでしまう。

でも、大半は、細菌性のものではないようです。

「抗生剤が処方になっていましたが、マズくてのめませんでした」というお子さんも、2〜3日で解熱して、のどの赤みもとれていますので・・・。

そういうわけで、抗生剤は、乱発しないよう、毎回、気にしながら処方を考えるのですが・・・。

「のどかぜ」ひとつとっても、一筋縄ではいかないです。悩ましい。

2017-06-01

新しくなった

ホームページを、新しくしました。

本当は、4月に新しくなる予定だった・・・のですが、

僕が、校正作業をずっとサボっていたため、2ヶ月遅れてしまいました。

作成会社の方は、さぞかし、やきもきしたことでしょう。ごめんなさい。

ともあれ、綺麗なのができて、嬉しいです。

次の目標は、もっとこまめに、ブログを更新することです。毎回言ってるけど・・・。

2017-04-14

重たい

今日は、午前中の診療が、時間通りに終わったので、昼休み、いつもより少し時間がとれました。

そこで、昼食後、かねてからの懸案であった、仕事をこなそうと決めました。

それは、院長室の書類の整理です。

各方面から送られてくるダイレクトメール、医師会で配布される各種資料、学会誌、雑誌・・・など。

まあ放置しておくと、たまる、たまる。

院長室の床、机のうえ、本棚・・・3ヶ月もほおって置くと、本や封筒だらけになります。

もとより、「捨てられない」たちなのですが、今日は、心を鬼にして、荷造りヒモでまとめてみた。

まとめながら、パラパラっと書類をみて、

「あー、これって、あとで参考にみるかもなぁ」とか、「あ、これ、とっといたほうがいいかも」などと思ってしまうわけですが、これだとキリがない。

パッと見て、3ヶ月以上前に、この部屋に到来したとおぼしき書類は、一律、まとめました。

終わってみると、予想通りスッキリしましたが、今日は暖かいので、結構汗だくになってしまいました・・・。

ではお口直しに・・・

f:id:arushounikai:20170407212800j:image:w360

数日前の夜桜です。いまはもう、ピンクから、少しづつ、緑色になってきましたな。