Hatena::ブログ(Diary)

あしなが育英会 ニュース

2011-03-25

「あしなが学生募金」東日本大地震・津波遺児のため募金実施!!

阪神大震災遺児とインド洋大津波遺児が神戸からメッセージ−−NHK『てっぱん』ヒロイン瀧本美織さんらが参加−−

f:id:ashinagaikueikai:20110323132042j:image

 「あしなが育英会」(本部東京)から奨学金を受けている災害や病気、自死などで親を亡くした学生たちが中心となって組織する「第82回あしなが学生募金事務局」は、東日本大地震・津波遺児のため、3月23日、神戸・JR元町駅前で街頭募金を呼びかけました。東京などは、26日・27日、全国6都市で実施します=募金開催場所は下記=

f:id:ashinagaikueikai:20110323132839j:image

 23日午後1時、神戸・JR元町駅前で行われた“告知募金”には、NHK連続テレビ小説「てっぱん」のヒロイン・あかり役の瀧本美織さん、駅伝ランナー役の長田成哉さん、あかりの兄役の森田直幸さんが応援参加。玉井義臣・あしなが育英会会長も東京から駆けつけ、道行く方々へ協力支援を訴えました。

 海野佑介・学生募金事務局長(日本大学4年)が「第82回学生募金は全力をあげて東日本大地震・津波遺児を支援したい」と宣言した後、瀧本美織さんは「被災地の皆さんのお役に立ちたいと思っていたときに、このような機会に参加できたことを本当にうれしくありがたく思っています。小さなことでもみんなでやったら大きな力になること、そして、必ず朝は来ることを被災地の子どもたちに伝えていきましょう」と呼びかけました。

 1995年の阪神大震災で父親を亡くした小島汀さん(関西大学1年)は、「16年前被災したとき、私は3歳でしたが、救出された母の顔が血まみれだったこと、父が亡くなったことを知り、なんで自分だけがこんなつらい思いをしなければならないのかと一晩中泣き明かした日のことは、今でも鮮明に覚えています。今回の震災で一番心配なのは、私と同じようにお父さんやお母さんを失った子どもたちのことです。親がいない、帰る家もない、誰かに頼ることもできない、そんな中で、彼らは今、毎日を一生懸命生きています。すぐにでも被災地に行って何かしたいという思いでいっぱいです。震災の被害を受けた私たちだからこそできること、それは、これまで私たちが受けた多くの方々からの愛情を彼らに注ぐこと、一人じゃないよと彼らに寄り添ってあげること、そして、このようにして街頭で受け取ったたくさんの方々の思いや暖かさを届けることです。東北のみなさん、今、とてもつらい状況だと思いますが、世界中のみなさんがあなたたちのことを応援しています。笑顔だけは忘れないでください」と、涙ながらにメッセージを送りました。

 また、2004年のインド洋大津波で母親と兄をなくしたインドネシア共和国出身のラフマットさん(早稲田大学2年)は、「自分は学校にいたので助かった。2日後に自宅に戻り、母の亡骸と対面した。兄はいまだ見つかっていない。東北の地震津波遺児たちも自分と同じ辛い体験をしていると思う。皆様の支援を心からお願いしたい」と日本語で呼びかけました。

 遺児学生の中には、阪神淡路大震災を体験した者、今回の震災で家が半壊し家族が避難生活を送っている者、また、インド洋大津波で親を失い、あしなが育英会の支援で日本に留学中の海外遺児など、様々な境遇に立たされている学生がいます。そんな私たちだからこそ特に心配なのは、この震災で親を亡くす子どもたちが、また数多く生まれてしまうのではないかということです。被災した子どもたちは、一体どんな気持ちでこの寒空の下で震えているのでしょうか。想像すると、いたたまれません。

 あしなが学生募金事務局は、1995年の阪神淡路大震災で親を失った子どもたちの支援にも即座に立ちあがり、奨学金と神戸レインボーハウス建設募金に全力を注ぎました。彼らは今立派に成長し、今回の募金でも私たちと一緒に街頭で協力を呼びかけます。確かに今、被災地では食糧や燃料など生きるための最低限のものを必要としていますが、阪神大震災遺児救済16年の経験から、子どもたちの未来のためには教育支援と心のケアも非常に重要と考えます。

あしなが東日本大地震・津波遺児募金

1.日時 2011年3月26日(土)27日(日)10:00〜18:00

2.会場 JR札幌駅、新宿=小田急百貨店前、池袋=サンシャイン通り、有楽町=丸井前広場、名古屋=栄・三越前、JR明石駅、JR元町駅、JR三ノ宮駅、JR住吉駅、JR尼崎駅、阪急西宮駅北口、JR大阪駅、南海難波駅、四条河原、JR京都駅、西鉄久留米、天神=西鉄福岡、佐賀=セイユー佐賀店、熊本=鶴屋前、JR熊本駅、那覇=三越前

3.主催 第82回あしなが学生募金事務局

4.使途 東日本大地震による震災・津波遺児への給付一時金・奨学金や心のケア活動資金として

5.クレジットカード募金 本会ホームページからもクレジットカードでご寄付を受け付けています。

https://ashinaga.donation.fm/index2.html

6.郵便振替  口座番号00130−7−776732

        加入者名 あしなが東日本大地震・津波遺児募金

<あしなが学生募金事務局>電話03−3221−7788

<あしなが育英会> 東京本部 電話03−3221−0888