アンクル・ミックのイッツ・ア・ビュ−ティフル・デイ!

2017-01-15 (Sun) うわさの男

bearsmick2017-01-15

今日は、ハリー・ニルソンの命日(1994年没)だそうなので、代表曲「うわさの男」の7インチシングルを聴きました。

映画「真夜中のカウボーイ」で使われたこの曲は、グリニッジ・ヴィレッジを代表するシンガー・ソングライター、フレッド・ニールの手によるものなのですが、映画共々名画名曲といっても良いでしょう。後年、テデスキ・トラックス・バンドもカヴァーしていました。

ハリー・ニルソンはジョン・レノンとも親交が深く、ジョンが飲んだくれて荒れていた時代の仲間としても有名でした。

f:id:bearsmick:20170116111336j:image

f:id:bearsmick:20170116111335j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/bearsmick/20170115

2017-01-14 (Sat) アラン・トゥーサンの誕生日

bearsmick2017-01-14

はい、今日も恒例の誕生日だからアナログ聴いて勝手に祝おう!やっています。

今日は、一昨年に突然他界してしまったアラン・トゥーサンの誕生日だそうです。賑やかで楽しい「ミスター・マルディグラ〜アイ・ラヴ・ア・カーニバル・ボール」を聴いています。

以前、ブルーノート東京で観たステージを思い出します。その音楽に負けないというか優っているミラーボールのようなスーツ姿が素敵でした。(^.^)

アラン・トゥーサンといえば、自身の作品はもとより、プロデューサー、アレンジャーとしてのたくさんの素晴らしい作品を世に出しています。R&Bやソウル、ファンクのみならず、ザ・バンドやロバート・パーマー、フランキー・ミラーなど1970年代初頭からのロック関係の仕事も特筆に値すると思います。ミーターズと組んでのニューオリンズ・ファンクは、今聴いてもカッコ良いし身体が勝手に反応してしまいます。

f:id:bearsmick:20170115215429j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/bearsmick/20170114

2017-01-13 (Fri) そらみみなおや うぉんたなーら

bearsmick2017-01-13

今夜のインディカで行われた、アフリカ(マリ)に旅立つミサキちゃんの壮行会を兼ねたウォンタナラのライヴ・イベント「そらみみなおや うぉんたなーら」は、楽しかったな。

観る度に進化しているウォンタナラ、いやホント良いです。人吉のような田舎町に存在していること自体素晴らしいことです。

南ショットとのコラボで現代アフリカのシティ・ポップ?をカヴァーしたのもメチャカッコ良かったし、基本パーカッションによるリズムだけの演奏に幅をもたせてくれていました。

女性ダンサーがいると華があるなぁ!やっぱり。スワンプ・ウォーカーズにも女性シンガー&ダンサーが欲しくなったぞ。(笑)

ミサキちゃん、元気で行って帰ってきてね。

f:id:bearsmick:20170114144400j:image

f:id:bearsmick:20170114144446j:image

f:id:bearsmick:20170114144547j:image

f:id:bearsmick:20170114144934j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/bearsmick/20170113

2017-01-12 (Thu) ムッシュ、お誕生日おめでとうございます。

bearsmick2017-01-12

はい、恒例のアナログを聴いて誕生日を祝おう!のコーナーです。

今日は、ムッシュことかまやつひろしさんの誕生日だそうです。

僕が小学生から中学生の頃、我が国を覆ったグループサウンズ・ブームを牽引したザ・スパイダーズのシンガー&ソングライター、ギタリストとして、その後はソロとして活躍なさったことは有名でしょう。

数あるGSグループの中でも実力的にも圧倒的な存在感を見せていたスパイダーズ、そのなかでもムッシュの存在感は僕にとってバツグンでした。

バタ臭い(洋楽っぽい)楽曲は、ほとんどムッシュの手によるものでした。後期の歌謡曲っぽいヒット曲は職業作家のよるものもありましたが。

後年、ムッシュのライブを観る機会もありましたが、そのロックな佇まいは、とてもカッコ良かったです。

残念ながら、持っているアナログは、このベスト・アルバム1枚だけですが、名曲揃いです。

f:id:bearsmick:20170113111156j:image

後年、我が国のレアグルーヴの名曲として脚光を浴びた「ゴロワーズを吸ったことがあるかい?」は、ちょうど来日していたオークランド・ファンクの雄「タワー・オブ・パワー」をバックに短時間で作られたものだそうです。

若手のいろんなミュージシャンとも共演していたムッシュ、78歳になられたそうですが、動ける限り僕らにそのロックな姿をしめしてもらいたいものです。

f:id:bearsmick:20170113112144j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/bearsmick/20170112

2017-01-11 (Wed) はっぴいえんどのポストカード

bearsmick2017-01-11

今日は鏡開き、そろそろお正月気分から抜け出して普段の生活に戻らなければならないのでしょうね。

年賀状もひと段落といったところで、年賀状でのお付き合いしか出来なくなった人や年賀状でお互いの情況が察せられる人など、それなりに年賀状の効能を楽しんでいます。

官製のお年玉付き年賀状もありがたいし楽しみなんですが、自身の作品をポストカードにしたアーティストの友人の年賀状は、毎年貯まっていくとそれは作品集になっていくので、これまた楽しいものです。

今年もたくさんのそんな年賀状を頂いたのですが、東京の友人から届いたものは、なんとはっぴいえんどのポストカード!長髪姿の細野さんの姿が凄いです。(^^;)

さて、美味しいぜんざいも頂いたし、張り切ってバイトに行くことにします。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/bearsmick/20170111