Hatena::ブログ(Diary)

びるとてぃるとのかけら

2017-01-17 予告の時点でオチてるのでは……

D


 これを英語女性教師に喋らせるという発想はなかったわ。

何故だ!?

富士通、フルWindows 10搭載の6型片手持ちタブレット「ARROWS Tab V567/P」


 機能を削って個人向けに出してくれ! というか、6型のタブレットとか普通に出せたのか。IntelMicrosoftから何か制限されてるのかと思ってたよ。

クライマックス舞台


 昨日に引き続き、N◎VAの話。昨日書いたとおり、今回のN◎VAの記事は、敵ゲストの紹介がクロガネで、武器に関するあれこれがメイントピックだった。

 ここを見ている私のセッション経験者(もしいらっしゃるのであれば)は多分お分かりいただけると思うが、私はクライマックス舞台(のセキュリティランク)をグリーン以上にすることはほとんどない。昔よく使っていたのが木更タタラ街で、レッドエリアの廃工場跡とか、レッドエリアの廃教会跡なんてのがクライマックス定番だった。

 理由はいくつかある。


邪魔が入らない

 私のシナリオだと(そしてたいていのシナリオはそうだと思うが)、クライマックスフェイズ、つまり既に真相が明らかになった段階では、敵ゲスト側がイリーガル立場に置かれていることが多いはずだ。レッガークグツを含まないシナリオだとそうなる傾向が強く、特にフェイトイヌがいれば言わずもがなだ。

 つまり、クライマックスで「敵ゲスト側が抵抗すること」はN◎VAの法制度等からすると「不法行為である可能性が高い。そうすると、クライマックスで敵ゲスト治安の良い場所ホワイトエリアグリーンエリアで暴れると「警察ブラックハウンドイヌだけでなく、企業警察なども含む)は何故来ないのか?」という話になる。もちろん、それに明確な理由が用意されたシナリオならばそれでいい。リプレイ「ヴァニティエンジェル」の「クライマックス舞台が飛空船だから誰も来れない」とかは典型的な例だ。あとは、普通にガチガチセキュリティで固められた場所で好き勝手に暴れようとするなら「神業(M&Aや完全偽装など)を使えよ」というのがプレイヤー本音だろう。

 反対にキャストの側から見ても、仮に隠匿レートを抜いて装備を持ち込めたとして、やりたい放題やって大丈夫なのかという不安に駆られる。それを「何とかする」には神業必要だ。要するに、敵も味方も安心するためには必要神業が一つ増えるのである


出ていく必要がない

 また、ホワイトエリアグリーンエリア根城にし、権力を味方につけ、M&Aなどを駆使するゲスト場合、そもそもPCと直接戦闘するためにわざわざ出て行くのか、という話が出てくる。N◎VA以外のゲームであれば、黒幕がPCを抹殺するために自らご出陣、なんてのも考えられなくはないが、N◎VAの場合はこれが成り立たない。社会戦を駆使し、ホワイトエリアに籠もったまま、相手の目の前に出なくても、いくらでも相手社会的抹殺に追い込めるのに、殴られに出て行くのは明らかにおかしい。

 逆説的に、キャストたちの目の前に姿を晒して戦おうとする悪役は、直接的な戦闘力を持つ存在であるホワイトエリアで振るうような力を持っていない、という図式が成り立つ。もちろん、一ひねりすればこれらの図式を崩すこともできなくはないが……。


 そして、最後にもう一つ──書き終わらなかった。以下また明日ということで。

 

 

2017-01-16 新シリーズスタート時特有の現象

D


 いやー、前シリーズで「ハンター10体放出ミッション」とかやった直後に「ハンター3体追加」とか言われても今ひとつ迫力が……(笑)。こればっかりはしょうがないけどね。

待ちに待ったサントラ

『ペルソナ5』オリジナル・サウンドトラック

『ペルソナ5』オリジナル・サウンドトラック


 ようやく届いた……。

 限定版特典についてた「Life Will Change(オタカラ強奪テーマ)」以外のお気に入りである「Rivers In the Desert」(双子戦)、「方舟」(シドウパレスのテーマ)は、あまりの聞きたさにゲーム起動しっぱなしにしてたことすらあったくらいだけど、これでいつでも聞けるようになって一安心

 反対に、マダラメパレスのBGMとか全然印象に残ってなくて、どの曲だったか一瞬思い出せなかった。マダラメパレスの曲名は「A Woman」。これ祐介のお母さんのことなんだろうな。

 あと「スターフォルネウス」から「プロゴルファー猿田彦」までの曲は、最初曲名で見たとき何これと思ったけど、自室でゲームやった時の曲なのね。豪血寺は自社だからともかく、はったれ五右衛門と、あとデスティニーランドは明らかにアレなんだが、これいいのか(笑)

 凄いお気に入りの曲がある代わりに、全体的にはむしろ前作の方が好きだったんだけど、それでも「The Sprit」(コープ成長のテーマ)とか「Sweatshop」(オクムラパレスのテーマ)とか、好きな曲が幾つもある。何しろ220時間も聞き続けた曲が、110曲も収録されているのだ。ゆっくり聞き直すとしよう。

クロガネの流儀


敵はヒトではなく……

 今回のN◎VAの記事武器の話で、敵ゲストはクロガネ(魔器)。

 好みにもよるけど、N◎VAで敵がクロガネっていうのは、敵ゲストの人数調整に使うには便利だ。

 何しろ「敵がそれを持ってる」という情報を用意するだけで、他の背後関係とかなにも考えずに人数を増やせるのだ。メインの敵を「フリーランスの一匹狼で友達がいなくて知り合いも伝手もない」なんていう設定にしてしまっても、クロガネは持っていてもおかしくない。プレイヤーから見ても、所有者であるゲストとクロガネは同一行動をとることが多いだろうから「どこかに別行動を取っている敵がもう一人いる」という心配が一つ減るのは心理的に楽だ。あと、クロガネは装備の種類を変えるだけで神業効果を変えられるので、敵ゲスト神業の残弾管理がしやすいというのもある。

 ただ、クロガネを出すには注意点がある。ブレカナディアボルスは「魔器使い」だが、N◎VAのクロガネは使い手ではなくて魔器そのものを指しているという点だ。ディアボルスでいうなら「常に主我持ち」ということになる。

 背後関係を選ばず出しやすい代わりに、本領を発揮させたいなら協調行動について考慮する必要があるので、ルール面での負荷は重くなる。そんなイメージだ。


 続きは明日以降に。 

2017-01-15 これはハードル高い

D


 幻想郷格付けチェックって、今までクオリティの高い予告だけあって本編なしとかいろいろあったからハードル上がってるよな……。

 そしていきなりチーム戦なのか。

これは要らなかった

【ドラクエ10】ジャンプして避ける要素はドラクエにいらなかったと思う


 要らない前提でエントリを書いたら、前に書いたのとほとんど被ってた……。


 なので、今回は別の視点から相撲を思わせる戦闘システムには賛否両論あるだろうけど、アクティブタイムバトルにすればよかったという意見には賛成しない。それってカジノにある双六のアレってことだよね? 双六は2Dで構築されたシステムから合うけど、DQXのシステムには合わないと思う。個人的には、戦闘がPCごとのレイヤーエリア扱いになるのも好きじゃない。その理由は、他のプレイヤーが介在できなくなるから。まぁ、今のDQXの現状からすると理想論かも知れないけど……。

心に引っかかった一点ずつだけ

【年末特別座談会 前編】後藤、笠原、山田のライター3氏に聞く、今年の重大ニュース

後藤:根源的な話をすると、どこまでハードウェア仮想化するし、どこから上のレイヤーOSが受け持つかという話なんですよね。理想的なのはハードウェアの上にあるレイヤーで全てをカバーして、OSからは同じように見えるようにする形です。ハードソフトと、もう1つ、省電力やなんやをサポートする中間レイヤーがあって、その上にOSが乗っていれば、こういう問題解決できます。


 今、これができてるのってコンシューマゲーム機とか、いわゆる用途ごとに特化されたマシンだけだろう。そこが、専用ゲーム機以外でゲームをしたくない理由でもある。

 いまや私にとって、PCはネットブラウザであり、音楽プレイヤーであり、動画再生機であり、ブックリーダーでもある。である以上、可能な限りリスクは避けたい。ゲームのために環境を整えようとして失敗したら、ネットも見れず音楽も聴けず本も読めなくなった……というのは非常に困る。だから後藤氏の言っているような環境がもし実現すれば万々歳だが、iOSAndroidぐらいカーネル保護されたOSですらそんな環境は実現できていないわけで、より多目的かつ拡張性を求められるPCでそれを実現するのはまだまだハードルが高いのではないだろうか。ユーザーレベルで仮想マシンを駆使して自衛してる人はいそうだが……。


【年末特別座談会 後編】後藤、笠原、山田のライター3氏に聞く、今年の買い物


笠原:タッチキーボード否定的な人もいるんですが、僕は将来的にタッチキーボードメインストリームになると思っています。今、キーボードトレンドを見ると、MacBookキーボードなんかはどんどん薄くなってきているんですよ。それに使ってみると「意外と使えるな」と思うはずなので、先入観を持たずにぜひ触って欲しいですね。


 タッチキーボードがいけるのならSony Tablet Pはもっと売れてよかったと思うんですけど(笑)

 冗談はさておき「薄い」のと「ない」のは天と地ほども差がある。わずかでもストロークがあるならともかく、まったくフラットなキーボードとか打てないんでマジで勘弁してほしい。しかレノボ製じゃ試す気も起きないし……。

2017-01-14 このお題はキツくないか

D


 MMD杯予選、もうそんな時期か〜と思ってふと見たら、この「おはこ」ってお題だけ、なんかハードル高いような……。

進化前の方が強そう

天道あかねの参戦や,無料ガチャの実施が明らかに。「パズドラ」×「週刊少年サンデー」コラボ第3弾の新情報を一挙掲載


 いやいやいやいや。コナンやこの間までアニメやってたうしとらはともかく、らんまはないだろ。何年前の作品だと思ってるんだ? 今の若い子なんて全然知らないだろうし興味もないと思うが。せめて犬夜叉じゃないのか。

この計算は頭おかしすぎる

新レッツノート未踏のチャレンジ


 山田氏は定期的に頭がおかしいことを言うなぁ、と思ってたら、そう感じていたのは私だけではないらしく、あちこちで突っ込まれていて笑ってしまった。という訳で新ネタ突っ込みを一つ。


 まず、日本国内には、約6,000万人の就業者がいるそうだ。その6割の3,600万人がオフィス以外の現場作業をするフィールドワーカーで、そのうちPCの利用台数は6分の1の600万台程度だという。引くと3,000万。さらに残りの2,400万人がオフィスワーカーだが、1人1台のPCを使っているにしても、その70%がPCを外に持ち出せない環境にいる。ということは、ここで1,680万。合計すると4,680万。

 つまり、軽くてもパワフルなモバイルPCは、4,680万台の潜在需要があるということだ。


 この数字に納得できる人がいるんだろうか。

 まず、オフィス以外の現場で働くフィールドワーカーが全員PCを必要としてる、っていう前提なのはなんでだ。農家やコックや演奏家も含んでる数字でしょ? 3000万人はPCが必要ないから持ってないとは考えられないわけ? とはいえ、ここはまだ100歩譲ってわからなくもない。PCを使ってない層の需要を掘り起こすのも一つのミッションだろうから

 問題はこっち。「残りの2400万人がオフィスワーカーだが、その70%がPCを外に持ち出せない環境にいる。ここで1680万」ん??? オフィスワーカーであると分類した就業者が、なんでPCを外に持ち出すという前提になるんだ? その70%は持ち出せないんじゃなくて持ち出す必要がないから持ち出してないんじゃないのか?

 外回り営業とかも考えられるって? いやいや。軽くてパワフルだろうがなんだろうが、セキュリティ上の理由でPCを持ち出せないユーザーだっているだろう。持ち出す前提なら前段の数字に参入しなきゃ、前段も後段もPCを持ち出す前提なら、わざわざ数字を分けた意味がない。っていうか、注意書きを見る限り、ツッコミを入れられて記述を直してこれなのか?

 いやー、この前提を元に理論を展開されたら、どんな素晴らしい理論だって破綻するわ。

任天堂許可は要らないのか

ファミコンソフトが80本収録!6,880円のゲーム機「レトロビット ジェネレーション」

 なお、JNNEXによると、日本版レトロビット ジェネレーションの内蔵ソフトは、アイレムエンジニアリング社(アイレムタイトル)、シティコネクション社(ジャレコタイトル)、データイースト社(米国)、PIKO社(米国)と版権使用許諾契約を交わしているとのこと。


 こういうの見るたび思うんだけど、任天堂許可って要らないのかね。ソフトウェアメーカーの許諾だけでいいんだろうか。

2017-01-13 年に一度の楽しみ

ハクメイとミコチ 5巻 (ビームコミックス)

ハクメイとミコチ 5巻 (ビームコミックス)


 今週は頭から終わりまで気の重いことが多かったけど、そんな憂鬱な一週間の疲れを癒してくれる1年ぶりの新刊

 今回は過去伏線が拾われたのが印象的だった。ハクメイを拾ってくれたという「緑尾老」がついに登場したし、司書エピソード過去ゲストの再登場回だったし。ただ、28話の女性まで前回出てきたミコチの姉と間違えてしまい「あれ? これ話どう繋がってるんだ?」と一瞬考えてしまったけど。

 ところで今回、舞台になるマキナタそのものへの言及がちらっとあった(国家とかについても)。こうなると、周辺の地図が知りたくなるな……。

 あ、あと付属のしおり(?)についてたあの漫画というか寸劇はいったいなんだったん(笑)

静画常連の宴


 安定のアンソロジー……と思って読み進めていたら、見覚えのある絵柄が2連続で登場して吹いた。


http://seiga.nicovideo.jp/seiga/im6389242

f:id:bit666:20170114190234j:image:w300

ちょっとした宣伝ですが、1月14日発売の『艦隊これくしょん アンソロジーコミック横須賀鎮守府編16巻』に、6ページほどの漫画寄稿させて頂きました。ムンムさん初めての書籍なので四苦八苦でしたが、読む人が楽しい気持ちになれるような作品になっているかと思います。きっと。


http://seiga.nicovideo.jp/seiga/im6386883

f:id:bit666:20170114190230p:image:w300

■1月14日発売の艦隊これくしょん横須賀アンソロジー(16)に漫画でいるそうです、おみかけしたらよろしくナス


 さすがにぺけこさんは○ィズ○ーネタではなかったけど、ムンムさんの顔芸は健在だった……(笑)