Hatena::ブログ(Diary)

びるとてぃるとのかけら

2017-04-30 その仕事頑張りたい


 私も「サーバルさん」のライオンみたいな仕事を頑張りたい……(註:寝るだけ)。

 ところで、アンソロ2冊で風邪を引く話と体調不良になる話が被りまくるのは何故(笑)。やっぱりパークの病気事情とか気になる作者が多いってことなのか。

2017-04-29 けものフレンズin東武動物公園

 というわけで、このイベントに行ってみました。


f:id:bit666:20170429222535j:image:w360


 事前には着くまでが遠いと思っていたけれど、実は着いてからの方が大変だったという(笑)ネットでも言及している人がいるが、なんと「東武動物公園駅から東武動物公園」までより、入り口ゲートから動物園エリアまでの方が長いのだ。

 パーク全体が2km(パンフレットより)らしいけど、幾度も幾度も往復してしまい(理由は後述)、結果的に何年かぶりの歩き疲れを体験する羽目になってしまった。


D


 缶バッジが売り切れていることは知っていたので、目当てはけもフレのパネルだ。前に書いたとおり、大きなお友達が小さな友達迷惑になっていないかと危惧していたが、実際には見る限りほぼ杞憂だった。というのも、普通家族連れの方が多すぎて、けもフレ民と思しき人たちはほぼアウェイだったからである。目立っていたのは飼育員の説明の時くらいだろうか。

 パネルについても、真ん中に配置されているフルルと、小型獣で檻が小さく、相対的にパネルの比重が大きいアライグマ、タヌキ、コツメカワウソ(この3匹はほぼ同じ場所)では存在感があったが、後はほぼ景色に溶け込んでいた。普段から園内にあると言われても違和感を覚えないくらいである。これは配置した人のセンスがよかったのだろう。


 パネルについては事前情報を集めずに現場に向かったので、どの動物がパネルになっているかすらチェックしていなかった。マップを見て作中に登場する動物がどこに配置されているかを大体把握してから動物園を周り始めたのだが──。


(以下、コラボイベントのパネル位置ネタバレあり)


続きを読む

2017-04-28 暇を持て余した神々の遊び

D


 「滑り台を繰り返し滑るその姿は太陽象徴」で耐え切れなかった(笑)

クラクラやってる場合じゃない

緩い駅造りゲー『えきっと!』楽しい、『アルスラーン戦記 戦士の資格』リリースなど - 新作ゲーム速報4月28日版


 アルスラーン……最新刊が物凄くアレという噂の……。

 この人、タイタニアもそうだけど、アニメタイアップとかメディアミックスでとか言われると、締め切りが厳しくなるせいか色々おざなりになる印象なんだよな……。

これひっどいな

スペック誤記載問題を問う。UPQは消費者とコミュニケーション不足ではないか?


 ディスプレイだけかと思ったらスマホでもバイクでもやらかしてるのか。特にバイクは酷い。命がかかってるのに。

 中国製製品をノーチェックで市場に流すメーカー名前、覚えておこう。

2017-04-27 ごくらくちほー連発

D


 随分増えたなぁおい……。このなかでは前に紹介したトキと、唯一道具を使ってるキンシコウが好きかな。


隔離されたんか……

【けものフレンズ】グレープ君が隔離される


 なんか他のペンギン攻撃でもしたんだろうか……。

意外にもやらしくない

【艦これ】bob氏の四周年イラストの衣装チェンジみんな似合いすぎじゃない!?


 祥鳳コス川内が意外にも普通。むしろ川内コスの祥鳳の方がなんかアブなそう。恥じらってるからだろうか。角度で見えないけど利根コス神通もヤバそげだな……。

マジで

【悲報】アベンジャーズが戦う新しい敵がとんでもない・・・・・・(※画像・動画あり)


 あんだけ引っ張っといてサノスじゃないのかよ(笑)シグマ? 知らない子ですね……。

 ウルトロンが復活するってのも、それだけ聞くとなんか興醒めなんだけど…大丈夫かMTU。

2017-04-26 ゲームのジャンルが変わってた

D


 前作3Dから今作2Dへ。こうして見ると悪魔城ドラキュラとかっぽいな……。

さすがにこれは(笑)


 先月、ハートフルアンソロジー2と同時に発売されていたらしい4コマ。全然気づいてなかった。地元の分かりやすい本屋がなくなってから、時折買い逃しが出てきて辛い。あとこれ、表紙も一見するとガルパン気づきにくいような。


 それはさておき、二次創作はいえ、アリスパスタコンテスト審査員やらせエピソードちょっと……(笑)アリス・ウォーみればわかるように、本編のアリストマトオリーブオイルアンチョビチーズが苦手(匂いを嗅ぐだけでダメなレベル)。パスタコンテストとか拷問に近いはずなんだけど……。

凄く期待してる


 イエローサブマリンの店内広告で初めて存在を知った本。未発売だけど凄く期待している。

 前に「サイバーパンクの憂鬱」で書いたとおり、今サイバーパンクというジャンルは厳しい状況にあると思っている。私たちのような、かつてのサイバーパンクを知る年配者はともかく、タイトルにあるとおり「本当にここで初めてサイバーパンクを遊ぼうという年若いプレイヤー」に対して、どう訴求していくかというのは非常に大きな課題だ。

 ただ、この本はサイバーパンクガイドではなくプレイングガイドなので、例えば「トーキョーN◎VAはサイバーパンクではない」という方向性提示してしまっても問題はないと思う。現に、N◎VAはかつて「アーバンアクションRPG」と呼称していたことがある。ただ、その場合は「じゃあアーバンアクションって何?」という疑問に答えなければならなくなるが……。