Hatena::ブログ(Diary)

東京のエプロン屋 チャーマース

2018-11-11

チャリティバザーのお知らせ[東京・渋谷]

16:55

当日はハート柄とボルベール柄を中心に長袖、袖無しタブリエを販売予定です。

日時:2018年11月22日(木)

   10時30分〜商品終了(14時30分頃)まで

場所:野村證券渋谷支店5階ホール

   JR渋谷駅東口、宮益坂下・東急イン前(明治通り沿い)

主催:日本国際婦人協会

タブリエの他にもメーカー各社協賛品や地方名産品などなど。

大変お得な価格で販売され、チャーマースからはタブリエ売上金から

生地代と縫製コスト(製造原価)を除いた差益分を寄付しています。

その他ご使用中のチャーマース製品の修理相談なども承りますので、

タブリエユーザー皆様のご来場をお待ちしています。

民間福祉活動にご協力の程、よろしくお願い申上げます。

2018-06-14 ラップで小さな裁断

| 16:13

毎朝放映されるNHK連続ドラマ小説、いつも気軽に流し見しているつもりが、

カーネーション」を観てミシンをはじめてみたり、

「おひさま」で興味をもった松本に作業所を構えることになったりと、

あとから考えてみるととても大きな影響を受けています。

私の思考が単純なのでしょうか、、、。

今は「半分、青い。」ですよね、これまた10年ほど前に患った聴覚の病気が重なって、

主人公すずめの跳ね上がる調子に共感しつつ、音を拾う工夫なども参考にしながら観ています。

お気に入りはオープニングで主題歌にのって飛び出ていくイラストたち。

ラップした上から描いた絵が音のように、いや音が絵になっていく様がとても楽しいですね。

平面におとした線画を切り取って、形にしていく服作りも演奏と本質的に共通するところが多く、

音の足跡には音符が残りますが、服づくりのそれは縫い目に糸調子として顕れます。

キツく叩けば丈夫でかるく、ゆるく繕えばあたたかく、、、、。

話がそれましたが、ご紹介したかったのはラップの絵を応用して裁断をする方法。

小さな人形服など、小物をつくるとき型紙から写して裁断するの難しいですよね。

そんなときは生地に絵型を載せてラッピング裁断がおすすめです。


生地に絵型をかさねてラップします。

写真とは逆になりますが敷いたラップに絵型、生地の順序で重ねるとシワが寄りづらいです。

f:id:charmeurs:20180614153806j:image

ぴったりとラップします。

空気がうまく抜けないときは角端を切り落としてください。

f:id:charmeurs:20180614153756j:image

絵型をのこして裁断します。

カッティングボードがあればロータリーカッターを使ってもいいですね。

f:id:charmeurs:20180614153746j:image

完成です!

f:id:charmeurs:20180614153735j:image


[番外編]

足踏みミシンで愛用のピアノ椅子。

良い音でます。

f:id:charmeurs:20180614160602j:image

2018-06-12

バラ咲く季節

| 14:44

今春は暑い日照りがつづき水不足の心配をしていましたが、

ようやく梅雨空がやってきました。

標高600mにちかい松本盆地でも朝晩に雨が降ることがおおく、

朝方はやくにご近所を散歩をしていると軒先にたくさんのバラが咲き、

車窓からは育ち始めた苗の並ぶ田んぼが水鏡になって北アルプスの絶景が楽しめます。

昨年からお手伝いにでている親類の果樹園でもりんごの摘果作業が始まりました。

バラ科のりんごも春に芽吹いて結実し、あっという間に梅ほどの実をつけます。

(4月上旬頃の蕾)

f:id:charmeurs:20180612142405j:image


美味しいりんごをつくるために手間のかかる作業ですが、初冬の収穫までには、

3度、4度と繰り返しこまめな摘果作業が欠かせません。

f:id:charmeurs:20180612142413j:image


今年も早朝から勇んで畑に向かいましたが、志半ば怪我をしてしまいました。

お手伝いのつもりが逆に迷惑をかけてしまい、やはり都会育ちはダメですね。

がっかりしつつ作業所の庭先に目をやるといつの間にかミニバラに可愛らしい花が満開に咲いていました。

まさに忙中有閑、しばらく安静にして本業に取り組みます。

持ち帰ってきた摘果枝と庭先のバラと一緒に湧き水を入れた花瓶に挿してみました。

f:id:charmeurs:20180612142419j:image