Hatena::ブログ(Diary)

寝屋川社協職員の日記 RSSフィード

ブログTOP 校区福祉委員会活動 ボランティア活動 福祉教育 福祉有償運送 CSW まちかど福祉相談
寝屋川ふくし発見プラン 社会福祉協議会の取組み 事務局の動き ボランティアセンター 地域の話題 社協ワーカーの雑感 社協地域包括

2016-08-22 地域貢献委員会・生活困窮者支援説明会開催

clicknet2016-08-22

[][][][]地域貢献委員会の取組み「生活困窮者支援説明会」開催 18:30 地域貢献委員会の取組み「生活困窮者支援説明会」開催を含むブックマーク

2016年8月19日(金)

地域貢献委員会による生活困窮者支援説明会がありました。

午後1時〜2時30分 食品・給食支援説明会

午後3時〜4時30分 就労(準備)支援説明会

昨年度、生活困窮者支援策検討の一環かとして、地域貢献委員会46法人75施設に対して、アンケート実施し、その結果に基づき、また寝屋川市より委託を受けて社会福祉協議会が事業展開をしています「生活困窮者自立支援事業就労準備支援事業」と連携した取組みとして整理、調整してきました。

今回、地域貢献委員会として、社会福祉協議会と協力・連携した支援についての説明会を開催しました。

食品・給食説明会には26施設から参加がありました。

就労(準備)支援説明会には24施設から参加がありました。

地域貢献委員会の代表者、役員の方々も出席もありました。

食品・給食支援説明会では、主任相談支援員が司会を務め、支援策の概要説明を生活支援課長が行い、詳細説明と実施に向けた聞取りシートなどの説明を相談支援員が行いました。

保存ができる食品を施設から提供を受け、社協で保管して必要な方へ支援を行う内容説明の後、参加者から質問を受付、回答させていただきました。

f:id:clicknet:20160819162852j:image

休憩をはさんで

午後3時からの就労(準備)支援説明会援(職場見学体験、実習)の説明をしました。司会は引き続き、主任相談支援員が行い、概要説明も生活支援課長が行い、詳細説明は就労支援員が行いました。

就労準備支援事業のプログラムの一貫として、福祉施設での職場見学、体験、実習について受入施設、作業内容などについて説明をしました。

質問では、就労準備支援事業の支援プログラムを通じて就労につながった流れ等についての質問をいただきました。

具体的な一歩を踏み出しました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/clicknet/20160822

2016-08-04 第八中学校区地域包括主催・介護予防教室開催 このエントリーを含むブックマーク

地域で取り組む介護予防教室「笑顔いきいき元気アップ教室」第2回〜近くで楽しく運動しましょう〜

日 時:2016年8月18日(木) 午後1時30分〜午後3時まで (※受付:午後1時)

会 場:寝屋川市立西コミュニティセンター 1階 体育館

内 容:初心者向けの太極拳

講 師:太極拳後続倶楽部 講師

対 象:65歳以上の寝屋川市内にお住いの市民

定 員:30名(先着順) 参加申込み 2016年8月1日〜

    第八中学校区地域包括支援センターにて受付(来所・電話

    電話:072−839−5500

参加費:無料

持ち物:上履きタオル、飲み物、動きやすい服装

その他:寝屋川市がすすめています「ワガヤネヤガワ健康ポイント事業」の対象事業です。

みなさまの申込みをお待ちしています。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/clicknet/20160804

2016-07-14 健康&福祉なんでも相談会開催

clicknet2016-07-14

[][][][][]第八中学校区エリア:健康&福祉なんでも相談会開催 17:29 第八中学校区エリア:健康&福祉なんでも相談会開催を含むブックマーク

2016年7月14日 午後1時〜3時まで 第八中学校区健康&福祉なんでも相談会を開催しました

この相談会は、第八中学校区地域包括支援センターに地域住民の方から「地域包括支援センターは高齢者の方の相談窓口、まちかど福祉相談所はなんでも相談に応じてくれる。でも八中地域包括のある点野小学校区は、まちかど福祉相談所を開催している池の里地域交流センターへは交通量の多い道路を越えないといけない。近くでなんでも相談を聞ける場所があるといいのに」という事を担当エリアのCSWに伝え、包括職員とCSWと検討しながら、まちかど福祉相談所の運営委員会校区福祉委員会等への説明を行ってきました。

今日2016年7月14日第1回目の相談会をまちかど福祉相談員と寝屋川社協西圏域担当CSWと地域包括支援センター職員とで相談会を開きました。

この取り組みは7月8月9月と毎月1回、まちかど福祉相談所の出張相談と地域包括支援センター機能紹介を兼ねた地域包括職員による健康相談会を一緒に開きます。

第1回目の今回は、2件の相談がありました。

f:id:clicknet:20160714135004j:image

次回、2回目は、8月18日(木)午後1時〜3時

   3回目は、9月8日(木)午後1時〜3時

です。お近くにお住いの方等からの相談をお待ちしています。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/clicknet/20160714

2016-07-07 地域包括支援センター・社会福祉士1名募集しています。

[][]地域包括支援センター社会福祉士職員募集中 10:55 地域包括支援センター・社会福祉士職員募集中を含むブックマーク

寝屋川市社協運営しています。地域包括支援センター(第三中学校区地域包括支援センター・第八中学校区地域包括支援センター)において、社会福祉士1名を募集することになりました。

よろしくお願いします

詳しくは、本会ホームページでご確認ください。寝屋川市社会福祉協議会 |大阪府寝屋川市

2016-07-04 第八中学校区地域包括主催・介護予防教室開催

[][]地域で取組む介護予防教室(第八中学校区地域包括支援センター主催)開催案内 12:00 地域で取組む介護予防教室(第八中学校区地域包括支援センター主催)開催案内を含むブックマーク

地域で取り組む介護予防教室「笑顔いきいき元気アップ教室」〜みんなで学び運動しましょう〜

日 時:2016年7月21日(木) 午後1時30分〜午後3時まで (※受付:午後1時)

会 場:寝屋川市立西コミュニティセンター 2階 多目的

内 容:閉じこもり予防と元気アップ教室

講 師:元気アップ体操サポーター 2名

    第八中学校区地域包括支援センター職員看護師

対 象:65歳以上の寝屋川市にお住いの市民

定 員:25名(先着順) 参加申込み 2016年7月1日〜

    第八中学校区地域包括支援センターにて受付(来所・電話

    電話:072−839−5500

参加費:無料

持ち物:上履きタオル、飲み物、動きやすい服装

その他:寝屋川市がすすめています「ワガヤネヤガワ健康ポイント事業」の対象事業です。

みなさまの申込みをお待ちしています。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/clicknet/20160704

2016-07-01 熊本地震 社会福祉協議会募金箱設置状況

[][]熊本地震義援金募金箱設置状況:募金額報告 10:50 熊本地震義援金募金箱設置状況:募金額報告を含むブックマーク

2016年4月14日に発生しました。熊本地震において被災されました方々への支援の一環として設置しています。熊本地震義援金募金箱を寝屋川市社会福祉協議会事務局社協運営しています第三中学校区地域包括支援センター・第八中学校区地域包括支援センターに設置しています。

集まった募金状況にいて報告させていただきます。

○社会福祉協議会事務局

平成28年5月30日時点:50,648円

○第三中学校区地域包括支援センター・第八中学校区地域包括支援センター

平成28年6月30日時点:合計:2,986円

ありがとうございます

集まって義援金は寝屋川市を通じて日本赤十字社の義援金として送られます。

引き続き、義援金募金箱を設置しています。

みなさまのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/clicknet/20160701

2016-06-28 かぎ預かり事業・市内21協力施設合同会議

[][][][]かぎ預かり事業・21協力施設合同会議 20:00 かぎ預かり事業・21協力施設合同会議を含むブックマーク

2016年6月28日(火)午後から寝屋川市社会福祉協議会が市内21施設と校区福祉委員会の協力を得て実施しています緊急時安否確認事業「かぎ預かり事業」に関する市内の協力の1施設との合同会議を開催しました。

当日は、16施設から22名の参加者とCSWが出席しての会議でした。

冒頭、市内の第一中学校区エリア内の協力施設とCSWが取り組んでいる、かぎ預かり事業のPRとしての「寸劇」の紹介があり、その後、参加施設とCSWと事業の取り組みについて意見交換等が行われました。

f:id:clicknet:20160628142811j:image

緊急時安否確認事業「かぎ預かり事業」の利用登録者は、平成27年度末現在543人の登録あり、各校区福祉委員会等の見守り活動介護サービス利用時などで緊急事態と思われる時に協力施設で預かっている鍵を使用して家屋内に入り安否確認を行う取組みです。平成27年度は17件の緊急対応を行いました。

一方、緊急時安否確認に関する状況報告では、平成27年度内に37件の報告があり、死後に発見28件、生前に発見が9件となっています。安否確認を迅速に行うことで救われる命はあります。今回のような会議を通じて支援ネットワークづくりを強めていきたいと考えています。

職員T職員T 2016/07/07 10:44 ブログに関係ないコメントの投稿がありましたので、削除させていただきました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/clicknet/20160628

2016-06-24 ボランティア体験プログラム 参加者募集中

[][][]2016 夏の「ボランティア体験プログラム参加者募集中 11:25 2016 夏の「ボランティア体験プログラム」参加者募集中を含むブックマーク

ボランティア体験プログラムは、大阪府社会福祉協議会、市町村社会福祉協議会(寝屋川市社会福祉協議会)の共催で、大阪府内の社会福祉施設やボランティアグループ、NPO団体等の協力により、ボランティアを身近に体験していただくプログラムです。

申込み期間 :2016年6月20日(月)〜9月16日(金)

        ※活動希望される日の10日前までには、申込み手続きをお願いします。

        ※申込み方法、用紙は、大阪府社会福祉協議会のホームページ

         より確認することができます。

活動期間  :2016年7月1日(金)〜9月30日(金)

参加対象者 :中学生以上でボランティア活動に関心、興味のある方

        ※プログラムによっては、参加対象者が異なります

         高校生以下の方は、保護者同意書が必要です。

費用負担  :交通費、食費などは原則、参加者負担をお願いします。(詳細は、各プログラムを参照)

       参加者の活動先への往復の道中、プログラム中の事故等に対する補償をする保険

       への加入をお願いしています。保険料は、大阪府社会福祉協議会が負担します。

プログラム内容及び申込み方法 : 大阪府社会福祉協議会ホームページ ボランティア体験プログラム

チラシ:寝屋川市社会福祉協議会ホームページno title

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/clicknet/20160624

2016-06-06 校区福祉委員会実務担当者・新任福祉委員研修会開催

[][][][]校区福祉委員会実務担当者・新任福祉委員研修会開催 16:29 校区福祉委員会実務担当者・新任福祉委員研修会開催を含むブックマーク

2016年6月6日(月)午後1時30分〜4時まで寝屋川市立保健福祉センターにて、平成28年度校区福祉委員会実務担当者(会計書記)、新任福祉委員研修会を開催しました。

この研修会は、本会・校区福祉委員会の役員改選期に併せて開催し、校区福祉委員会から36名の参加申込みの中、開催しました。

実務担当者は、会計・書記の方々、新任福祉委員は福祉委員に就任して2年以内の人を対象としました。

2部構成で開催しました。

1部は、基礎研修1として、大阪府内の校区福祉委員会の取組みと役割について、大阪府社会福祉協議会地域福祉部の職員さんからお話をしていただきました。

f:id:clicknet:20160606142543j:image

休憩をはさんで2部では、実務研修コースと基礎研修2コースに分かれて、本会地域福祉課職員が説明役として、会計、書記の実務について説明や寝屋川市社協・校区福祉委員会における小地域ネットワーク活動などについて映像を見ていただきながら取組みの必要性などについて説明をしました。

職員T職員T 2016/06/14 17:15 本ブログに関係のないコメントがありましたので、削除させていただきました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/clicknet/20160606

2016-05-20 大津町災害ボランティアセンター派遣職員から報告2

[][][]大津町災害ボランティアセンター派遣職員報告 10:41 大津町災害ボランティアセンター派遣職員報告を含むブックマーク

2016年5月20日(金)

熊本地震・近畿ブロック派遣第6クールメンバーとして熊本県・大津町災害ボランティアセンターで活動しています。本会職員Hより活動報告がありました。

5月22日に第7クールメンバーと引継を行います。

====以下(転載・一部編集あり)=====

被災財の集積場に行きました。

ボランティアは、被災財や倒れたコンクリート塀などの撤去が主な活動です。

支援に向かうボランティアさんにこれらの写真を目に触れるところにおいておくことで、今活動からする内容のイメージを膨らませていただくことも必要かと思いました。

その上では、私たちの活動は、大津町災害ボランティアセンターの「愛ことば」

「被災財を見らんで人ば視る。おったちが何とかしたかとは人たい」だと感じています。

=======================

集積場の写真

生活の中で大切に使われていた私財を手放さないといけない・・・中、ボランティア依頼をされる。

新たな生活の一歩踏み出すために必要なこと。

f:id:clicknet:20160521114322j:image

f:id:clicknet:20160521114300j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/clicknet/20160520