Hatena::ブログ(Diary)

やうやう このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-04-05

はてなハイクで自分のfollowers数を表示させないようにするGreasemonkeyスクリプト(新仕様対応)

| 16:25

自分のニックネームを設定した場合は、一行だけ変更すると仕様変更後のはてなハイクでも動作するようになります。

// ==UserScript==
// @name           Hidden followers counter
// @namespace      http://www.hatena.ne.jp/
// @description    Hidden followers counter
// @include        http://h.hatena.ne.jp/*
// @version        0.0.2
// ==UserScript==

(function(){

var followers = document.evaluate (
    "//div[@class='followers']", document, null,
    XPathResult.UNORDERED_NODE_SNAPSHOT_TYPE, null
				   );
var header = document.evaluate(
    "//div[@class='header-body']", document, null,
    XPathResult.UNORDERED_NODE_SNAPSHOT_TYPE, null
			       );
var html       = followers.snapshotItem(0);
var html_inner = header.snapshotItem(0).innerHTML;

var remove_id = 'しお8';//ここを表示されているニックネームにすると、そのエントリーについてのみ消すことが出来ます(私の場合)

// 全エントリーで消したい場合は、if文を消してください
if(html_inner.match(remove_id + ' さんのエントリー')){
    html.parentNode.removeChild(html);
}

})()
		

2009-01-12

新春はてなダイアリー書き初めキャンペーン

14:29

新春はてなダイアリー書き初めキャンペーン

・「2009年あなたと京都

関西出身なのに京都はまともに観光したことがないので

今年こそはまともに修学旅行の定番の場所をまわってみたいものです。

2008-12-19 DSとDSiの違い、そしてうごメモはてな

DSを持っているのでDSiを買う予定はありませんが、もらえるなら欲しいです。

両方持ちになったあかつきには、片方はテトリス専用機にしてしまう予定〜。

トラックバックの使い方が分からなかった・・はじめて使う機能だなあ)

http://d.hatena.ne.jp/ugomemohatena/20081218/1229578200

2008-12-07

寒中ダイビング

23:36

鼻づまり状態でダイビングに行ってしまいました。寒いって!手がかじかんで仕方がなかったです。

日曜は一日中穏やかでマシだったのですが、土曜日は暴風で大変でした。どんな修行?これ?って感じでした。

あとは、耳抜きに一度失敗して二日間耳がちょっと痛んでいたのですが、浅いところしか行ってないこともあり何とか無事に帰って来れました。

f:id:co8co8:20081207232450j:image:w340浅瀬の魚は鮮やかです

f:id:co8co8:20081207232502j:image:w340水面を眺める1

f:id:co8co8:20081207232459j:image:w340くらげ。顔を刺されました(>_<)

f:id:co8co8:20081207232456j:image:w340謎の生物。[あとで調べる]

f:id:co8co8:20081207232453j:image:w340水中クリスマスツリー

f:id:co8co8:20081207232447j:image:w340水面を眺める2

2008-11-16

最近読んだ本

00:15

どれもおもしろうございました。

なかなかまとまった読書の時間がとれず、ペースが遅いのですが・・

竜とイルカたち ―パーンの竜騎士 <9> (ハヤカワ文庫SF)竜とイルカたち アン・マキャフリイ

何世紀にも渡って生き続けていたイルカの健気さに涙が出そうになりました。

数年ぶりの再読なんですが、良い感じでところどころ記憶があったりなかったりで楽しめました。

間宮兄弟 (小学館文庫)間宮兄弟 江國香織

最後の手前までは良い感じだったですがラストはちょっと・・

映画版がどうなっているかについて興味はあるので確認してみたいと思います。

玻璃の天玻璃の天 北村薫

シリーズ二作目とはしらず、いきなり読んでしまいました。

でもそんなことは全く気にならずこの時代や風景を想像しながら楽しめました。

一作目も速く読みたいところです。

新世界より (上)新世界より 貴志裕介

分厚さにめげてなかなか読めず、読んでも最初の方は退屈だった(失礼だな)んですが、

途中からはぐいぐいと引き込まれ、ほぼ一日で一気に読んでしまいました。

こんだけ読んでもまだ伏線は沢山あるし、下巻はどうなるんだ一体!!

タイトル通り別世界を描いており、ファンタジー系とも言えるかもしれません。