カタログ落ち

2018年08月22日-水

ラーメン大好き小泉さん 第5話 00:00

 あれ、小泉の声当て、@佐倉綾音に変わったのかな?と思ったら。

 竹達とは声質が違っていて特徴的だから割と間違えないよね。トマトラーメンは悠の手作りラーメンときに登場してたので特に新奇さはなかった。まぁそうはいってもあのときですら実在自体は知っていたので、こうやって取り上げられると知識として定着した模様。

 ミドリムシはよくわからんな。授業の様子があったが、もともと生物の分類は植物動物の二種類(動物界と植物界)に分けられるという考え。植物の特徴を独立栄養生物であること、運動器官をもたないことゝ考えれば、今回のミドリムシのように独立栄養生物なのに運動器官をもつのはどう考えるの?とか、菌類のように、独立栄養生物ではないのに運動器官を持たないのは植物と考えてよいの?ということで、無理やり動物もしくは植物に分類したのが授業であり、いや、動物植物定義にあてはまらないんだから別の生物と考えて、その分野を増やしてそこにミドリムシと同特徴のもの菌類と同特徴のものを配置して別の界として取り扱っていったという経緯がある。最近分類学ではもっと別の考え方になっているらしいのだが、そのへん教育ではどうしてるんだろ。まぁたいして変わってないから今回の描写なのだろうが。まぁ植物でいう繊維質を取り除いた、葉緑体含有率の高いところを食っているということだから、実質青汁をろ過したようなものを口にしているのだと思う。農業というより植物生産工場産といったところだろう。味への寄与度はあんまりないんじゃなかろうか。あと、葉緑体で出来たデンプンは別の所に貯蔵されるからカロリーは少ないだろうし、果たして栄養はあるのかどうか。美容に良いというのもどの成分なんだろうな。とはいえ、動くためのエネルギー源はないはずはないので、そのへんなんだろうか。

 並ぶときマナーか。もう行列店に行くことがないので最近の動向はわかんないな。自分意識していたとき花見場所取りのように集団の一部が並んでいたら後から合流は割とオッケーな時代だったと思う。自分がそういうことをしないので、それはどーなの?とは思っていたから、その感覚自体は正しかったんだなという。個人的には混む時間帯をさけるかな。その店に行ってたまたま行列ができていたら、せっかくだから並ぶかうざいから帰るかはその時の判断だな。複数で行って待つ間喋って時間つぶしができるってのはいゝことだとは思うがね。

 まぁなんのかんのいって退屈しない。

艦これ、1-1〜4、2-1〜4まで終わる。 00:33

 もうひたすらめんどくさい。結局Wiki攻略サイトさん頼みになってしまう。急いで開けなくても良さそうなものではあるが、しかしウィークリーのネジ獲得任務を考えると北方東方あたりまではやっとかないとゝいう。

 そういや家具浮き輪地図を掛けてみた。浮き輪位置が夏イヴェに関連する戦闘海域なのかとか噂になっていたのだが、BGMがそれっぽいのでおそらくリゾート位置を示しているだけのような気がした。モルディブバリペナン。五海域らしいので、この三つの海域を入れていると欧州作戦にはなりそうもない。


 2-3、オリョールボスになかなか行かないのでワロタ。一体何がしたいんだろ?。

2018年08月21日-火

干物妹!うまるちゃんR 第6話 00:00

 切絵、いつも木刀を振り回すから剣道部だと思ってたよ。

 切絵の夢その他の巻。気の遣い方云々もあるようだが、パンチは弱め。というかタイヘイ海老名フラグ立てしてるような気が。これで近所のちょっと優しいお兄さんで済むはずがないと思うのだが。

 そういやヒロインズは全員妹なのな。うまるん体操クレジットでいまさら気づいた。といっても海老名キャラ的に妹なのはともかく、兄がいることが明らかになったのが前回なのだから仕方がないといえばそうなのだが。

ガルフハンターなんかもやもやする。 20:36

 昨日今日と早めに夜激が終わってそれなりに安心なんだけど、先月と比べて炭酸消費が多くて不安。途中叩いてくれる人が少ないのは金星貰えるってことではよろしいってことなんだけど、炭酸がねぇ。昨日も今日もLv44スタートで、叩ける範囲なのが有り難いのだが、昨日は夜激のLvの上がり方を見ると大体Lv46やLv47が多く、終盤はLv50を超えるぐらいになってた。やっぱり自分で処理するとなると月石8個貰えるボーダーのLv41が有り難いのだが、今のチームだと無理っぽい。昨日は中盤でかなりのビハインドだったので解散か?とワクワクだったのだが、終盤ラッシュで勝ってしまい、気分はシオシオ。仮に今日負けたとしてもpt稼いでしまってるからマッチングで弱い班と組ませてもらえるのかどうかはわかんないしな。

 正直上位SR欲しいわけでもないし、仮に欲しくても手持ちの戦力ではどう逆立ちしても無理なんで、下位SR月石85個は、夜激Lv40未満全狩り(7☓2☓7=98)でいちおう確保できるので、個人的には炭酸消費がなるべく少ないってのが有り難いんだけどねぇ。

艦これ2期、どーなんだろ?。 21:08

 XP32bit、ちょろめ更新ストップというのを差し引いて考えないといけないが、とにかく不安定放置でもメモリ消費が増える。ブラウザを落とすとメモリ消費はほゞ一定の値を示すので、やはりプログラムメモリ管理が不味いのは確実っぽい。まぁそのへん、まとめサイトさんあたりの※を見ると、HTML5flashより安定したという書き込みも見たので環境依存なんだろうなとは思う。が、推奨環境から全く逸れてなくても自分と同じ症状を示している※もあるからなんともねぇ。とはいえ艦これを動かして、他のプログラム、それもブラウザ以外のプログラムまで重くなってしまうんで、これはちょっとアカンやろとは思う。挙動不安定なのがブラウザ内の範囲で収まっているのならともかく、PC全体に及んでいるのがヤバい

 放置でいつの間にかBGMが鳴らなくなるというのも、メインプログラム不安定さというよりBGM周りのプログラム問題があるせいという書き込みも見たからなんとも。たゞ自分としてはBGMがならなくなっているというのはプログラムが安定していない徴候と見て、なるべくブラウザリセットして出撃するようにしてる。演習もそうだが、出撃中もバサッとタブクラッシュして目が点になった。これでイヴェントはどう考えてもヤバい

 運営もそのへん認識しているようで、プログラム挙動おかしくなったらブラウザリセットしろとかツイで言ってる。が、flashのときはブラウザリセットすると猫検知とかいう仕組みが発動して5分ぐらいはブチブチ接続ランダム強制切断させられていたので、なにしれっと都合の悪いことを棚に上げてるんだよという怒りしか湧かない。

2018年08月20日-月

競女!!!!!!!! 第5話 00:01

 入れ替え戦で負けて退学なら、青葉だけじゃなくてもっと退学者が出るでしょ。

 催眠術を使ったのは反則負けということだった。まぁアレ、実際のレースでもダメでしょ。相手を術に掛ける前に攻撃されて無効化されるし、あの方法有効だとすると試合が見て面白くなくなるから興行的にアウト。プロレスにおける関節技ですら、いくら有効でも観客的には見栄えがしないのに、これだったらその域にすら達してない。

 ほとんど丸々使って主人公のバトル描写相手カウンターパートかと思ったらそうでもなく、いちおう入れ替え戦最后を飾るだけの実力の持ち主という設定。最初相手競技に対する志の低さを見せてきたからこれは主人公が勝つパターンだなと思っていたんだが、なぜかむしろそういう相手に負けさせて主人公に試練を課すパターンも思いついてしまった。まぁその可能性を後押ししたのは青葉が負けた前回の結果もある。が、途中で相手を本気にさせたことでやはり主人公を勝たせるんだなという公算が強くなる。真の主人公自分だけでなく、相手も成長させるとかそんなの。要素要素も王道展開だし、こゝは奇を衒わずに王道展開にするからこそ見栄えがするのかなと納得した。主人公相手を陥れるような奇策を使うのだったらわざわざ殿にもってくることはないわけだし。

 着替えのシーンからはてっきり主人公必殺技解放させてもらったのかと思ってたが、違ってた。物語構成先生から許可シーンをもってくるのは悪手だというのはわかるんだが、ちょっとこの点だけは釈然としない。まぁ実際に解放されたのは必殺技じゃなくて強化スーツの方だけだったということで、ミスリード自分が引っ掛かったというだけの話なんだけど。

2018年08月19日-日

メルヘン・メドヘン 第6話 00:00

 ようやくOP映像が仕上がる。やはり第10話で中断ということを考えるとうーんといったところ。

 なんか期待通りに楽しめてしまった。ホント、このクライマックス部分で他の作品と同様のフォーマットだったらさすがにこの作品を取り上げないだろうなという。個人的にツボだったのはやはりキモの部分で、物語を新しく作ることの是非。これは主人公の都合の良いように物語を改変することは、それこそ文字通りのご都合主義と考えることもできるのだが、そもそも物語は変化するものであるというのは柳田國男も言っている。彼は元は同じと思われる物語を各地方収集し、比較したのであるが、物語地方によって変化するということを観察したというだけの話ではある。やはり口伝での伝承が主なのではあるが、そこでやはり住民の望むような形で変化したのではないかと言っており、どうもそこに特定地域性だとか方向性はあまり見出しはいなかったようだ。物語はそれを通じて伝えたいことがあったりするわけで、それが地域の掟だったりしてそれはそれぞれ地域によって違っている。そしてやはり今回の話のように、別にそういう要請がなくても住人がそうであってほしい展開や結末を柔軟に取り入れる傾向があるということだった。そして物語地域によって差があるというのは日本特有のことではなく、例えば〜伝説だとか〜伝承だとかという形で世界各地で骨格の部分が伝わり、ローカライズされている例はいっぱいある。

 但し物語とは元祖というものがあって、それだけが正しいというものではないといっても、それこそ戦後日本で行われた数々の民話の改変がいくら物語は変化するものであるとはいえ、これはどーなの?という例があって、ちょっとした批判対象にもなっている。さるかに合戦の結末がみんな仲良くだったりするわけだ。とかく子供残酷表現を見せるわけにはいかないということで、自分小学生の頃に聞いた話とは正反対の結末になっていてビックリの昔話が多くてびっくりしたことがある。そういうイデオローグ満載の思想警察によって改変された昔話が、果たして各地に伝わってローカライズされていった物語と同一に扱って良いものかは、まぁ個人的にはNGでしょとは思うのだが、そのへんの商業化との兼ね合いもあって別個に議論されるべきではあろう。

 そのへんの「物語は決して変化しないものではない」という知識をもって今回の話を視聴すると、なるほど物語とは何かという議論ちゃんと考えて作られているんだなというのは窺えるので、なるほどこれがこの作品の特徴なんだなと納得もできた。とかくヒトというのは最初に聞いた物語定番と考える傾向があって、ヴァリエーションを探すことなど普通しないわけで、そしてその物語内包されているメッセーヂ性を例えば無意識にしても心の支えなり生きるための指針や規範のようなものとしたりするわけで、なかなか変化を受け入れがたいものではある。物語物語が戦うというのはなんの記号なのかはちょっとからないが、作中で魔法といっていたのが具体的になんであるにせよ、世界中に伝わっていくというのが世間評価を受けるなりのメタファーなのだとしたらこれもまた象徴的で面白い人間というものはすべてにおいて0から何かを生み出すことはできず、自分経験したこと知識を得たものを改変していわばアウフヘーベンしか何事も成し遂げることはできないから、結局の所、私だけの新しい物語を作るということは、いろんなものからいろんなもの拝借することに過ぎない。だから主人公がいゝとこ取りして自分物語を作るなんてけしからんというのは的外れといえばそうであって、人間知識の積み重ねによってしか新しいものに変化させることは出来ないということこそが本質だと考えると、こりゃうまい話運びだなと思わざるを得なかったという。

艦これ、第2期ヤベー。 12:28

 先程演習をやろうと相手特定してポチっとしたらいきなりタブクラッシュ。ちょっとこれでイヴェントに参加するのは危ない感じ。しんどいけど7環境でやるしかないのかねぇ。

 自分環境XPというせいもあるんだろうけど、まとめサイトさんの動作環境記事魚拓では、10や8、7だろうと高性能PCであっても兎に角CPUを掴んで離さないという書き込みをかなり見かける。自分もしばらくプレイしてこりゃ重いなという実感があったので、ちょろめに表示させているタブを大幅整理してメモリ消費量を抑えていた。XPだと4Gが上限で、2Gぐらいに抑えていたからおそらくメモリ問題ないはず。となればちょろめ更新されていなくて古いVer.なのが問題か、PCの性能がボトルネックになっている可能性が高いと思ってる。プレイして画面を切り替えているとそれまで鳴っていたBGMが鳴らなくなるから自分環境が貧弱なのもあるが、プログラム問題があるという可能性も捨てきれない。

 うーん、難しい。XPを使っているのは今までだと艦これが安定動作するからという理由があったのだけども、それ以外にもOffice97が動くのがXPまでという制約があるからというのもある。まぁもうOffice自体を使う機会もありはしないのだが、Office97のためだけにXPを維持するのもなんだかなぁといった感じ。かといって今メインで使ってる7のPCゲーム多重起動でこれまた安定性を考えると???といった感じであるflashベースゲームは、一つのゲームflashがクラッシュすると、他のゲームも道連れにするから基本的にはあまり負担をかけたくない。まぁ艦これ2期はflashを捨てたからflashのクラッシュ道連れ問題からはfreeだが、flash自体不安定なのでCPUを掴んで離さない艦これに影響がないとも思えないんだよな。

 どうしたらよいものか。XPマシンOSの入ってるSSDを買い替えて、7マシンとか10マシンにして、どうしてもXPを使いたいときにはSSDの入れ替えで対応という手もありはするんだけど、XPマシンメモリが4Gなのがしんどいところ。昔はメモリも激安だった(というか昔はそれが当たり前の値段で今の価格バカ高いという認識)のに、今だと8Gで一万超えだからなぁ。二枚セットだから今使ってるメモリを捨てる羽目になるかもしれないしで、艦これ2期移行にあたってカネを吐き出さゝれるというのも癪に障る話ではある。7マシンドライヴベイを利用して前から簡単SSDの入れ替えが出来るようにしてあるんだけど、XPマシンのほうはminiITXだからSSDの入れ替えはケースを開けての交換になるのでこれまためんどくさい。

2018年08月18日-土

魔法使いの嫁1700:00

 言霊信仰とか日本人向けエピソードって感じだな。

 あんまり聞かないのだがもしかしてWiki言霊信仰のペーヂを読んでみたが、海外言霊信仰があるという例は極少数だった。漢字中国から輸入するまで、日本は記録するということが口伝以外になかったので、話し言葉に重きを置くってのはわかるんだけどね。だからといってブリタニアガリアゲルマニアは蛮族扱いであって、その地域庶民文字日常使っていたかどうかは疑問ではある。文字はあったとしても宗教行事に使われるという印象で、各地域ローマ帝国支配下になると途端にローマ文字ギリシャ文字が席巻するので、アレなのだが、まぁ自分不勉強なので民族固有の伝説口伝だったのか、固有の文字で記録されてきたのかはわかんない。が、個人的な印象だと日本ほど言葉に力があるというイメーヂはあまりない。大体にして魔法の発現時は曼荼羅というか古代文字を配した文様が現れるってのをたくさん見てるからね。魔法詠唱は確かに言葉ではあるんだけど。あれは契約儀式なので、契約対象の力を引き出すためであって言葉そのものに力はないという印象。なので今回の話は違和感のほうが強かった。

 とはいえ、どう考えてもそこは主眼ではなく、代償ってのがメインテーマだろうから話し言葉で発せられたにせよ、書き言葉で発せられたにせよ、それが個人から発せられ、その願いが叶った以上、そこには契約が成立したと看做されるべきで、その契約反故にするからには何らかの代償が必要って解釈するのが自然だろう。ならばあの姉がまた戻ってきてお菓子だろうと働くのだろうとチセに代償を払うところまでが一セットなのであり、おそらく再登場するのではないかと思われる。正直返しに来るだけだったら別にそんなエピソードは要らないぐらいには思うのだが、それ自体が別の物語の起点になっていることも考えられるので、そのへんはあまり詮索してもしょうがないところではある。まぁ今回は兄弟間の家族論が薄っぺらいのがしんどいところ。チセエリアスで散々語られている*1だろうところを本当の家族関係で焼き直しされてもというのがね。契約から始まった友達関係という提示なので、前回のアリスチセ関係より深いとも思われないし、正直チセ人間関係多様化した程度の意味ぐらいなんだろうと思ってしまった。

*1:本当の家族であれば自明であるはずのことをエリアス理屈必死理解しようとし、チセは欠落したそれを心の隙間を埋められて無批判に受け入れようとするそのぎこちなさまで描写しているのに…

2018年08月17日-金

たくのみ。 第8話 00:00

 社長みちるに亀になれと言ったわけではないだろ。

 サントリー角瓶ハイボールの巻。というか、カルーアサントリー取り扱いなのに、なんでダメだったのか。わざわざ製造元に問い合わせてNG食らったのか。しかし角瓶が出たのならダルマの回もあるのかな。角ハイボールとか若手が飲むとも思えないんだが、ダルマならさらにねぇ。

艦これ2期いぢってみた。 23:01

 艦これだけメインPCではなく、昔のメインXPマシンで動かしていたが、とりあえず動いた。が、艦これの画面範囲が広がったということでブラウザ再起動して、ブラウザサイズ変更をしたらマウスは動くのだが事実上ハングアップするので困った。とりあえずPC再起動してブラウザサイズ変更をせずにプレイしているが、やたら画面切り替えやキャラの移動でガクガクしている他はやたら重くなっているぐらいでそんなに不便は感じなかった。

 キャラグラフィックキャッシュから取り出そうとHugflashに適当キャッシュファイルを放り込んでみるが、見つからないというメッセーヂが出る。しばらく考えてはたと気付いたが、フラッシュをやめたのだからフラッシュファイルが使われているはずないジャン、アホかオレはと気付いた。

 フラッシュときは、とにかくゲームキャラを表示をさせると、キャラの絵をモジュール化して放り込んでいるフォルダを読み込んでいたので楽だったのだが、2期ではそれぞれのファイルバラバラで読み込まれる様になっている。編成画面などでキャラを表示させると必要に応じてカード絵やバストアップ画像を読み込むようになっている。カード絵は300kほど、バストアップもっと大きい。全身画像戦闘に出すと読み込むようになっているっぽい。戦闘中に損傷しなくても、通常絵と中破絵の両方は読み込んでくれる模様。全身絵のほうがサイズが大きいのだが、なんとカード絵やバストアップ画像よりファイルサイズは小さくて100kほど。

 i3マシンからそれほど重くもないだろうと思っていたがそうでもなかった。XPであることもあるだろうが、ちょろめXP上での更新をやめているからしかしたらそっちの影響かも。イヴェント不具合が出ないと良いな。

 あと航海日誌拡張版は使えた。これはありがたい。通信データ形式を変更するのかと思っていた。しかソート順が第2期になり、クラス順になったので、航海日誌の並びと違ってやりにくい。

黒猫ウィズ魔道杯。 23:58

 テケトーに玖段に取り組んでみたら順位10以下になり、pt24だとか埃のようなものになってしまったので、先月どういう構成でやったのかと魔法使いと黒猫のウィズPC - カタログ落ちを参考に、

諸悪のダンケル、ロゼッタコベニ(青ミュウ)、シェリルペガサス

 でやってみたが、これまたうまくいかない。玖段(敵は基本的に青属性)は

  1. 鉄壁
  2. 三枚のうち二枚は楽だが、ラスト黄金ポットが属性黄色で(こちらの属性が青だと不利で)硬くなる。
  3. 鉄壁
  4. 三枚のうち一枚は鉄壁を使うが基本楽

 という編成になっている。鉄壁は数当てることが必須ではあるのだが、ASを発動させることができれば2ターンで倒すことができ、7ターンで終えることが出来ていたはずだが…3rd黄金ポットを1ターンで倒しきれず、万単位HPを残したまゝ鉄壁を発動されてしまい、それが自動解除される数ターンお手上げ状態になる。で、見直し

 で、暫定的

 ジャスクス、ジャスクス、ヨッココ、シェリルペガサスにしたところ、改善された。

 ジャスクスは三連撃、昨日までのクランレイドのドロップ精霊ヨッココは二連撃。しかもジャスクスもヨッココも複属性なので、三連撃が六Hit分、二連撃が四Hit分になるので、2ndの鉄壁が1ターンで倒すことが出来るようになったのだ。これでクイズに間違えずにすべてASを発動させることができれば1位確定となった。

 で、ありがたいのは、8月魔導チケットで魔導ガチャを引いたらなんと限定精霊太陽サマー ユッカエンデが引けた。これ、なんと六連撃。複属性から十二Hit分になる。この幸運のおかげで、



 ヨッココ、ジャスクス、水光ユッカシェリルペガサス



 の編成で、4thの鉄壁も1ターンで倒すことができるようになって、5ターンで倒すことが可能になりクイズ一問分余裕が出来た。

 ちなみにパネブは各精霊1つずつの解放だと事故が多発した。なので持ってるパネブはすべて解放してパネブの数が5→8にすると危ないときもあるが基本青クイズが出なくなるということはなくなった。せっかくの救世主ユッカエーテルの数が少ないのでパネブだけしか開放してないのは本当に済まない感じ。

 さすがに拾段はAS封印解除の対策が立たないので玖段に居座ることになりそう。一位がほゞ確定なので一戦当たり6000pt貰えるのはありがたい。

2018年08月16日-木

サクラダリセット 第4話 00:00

 櫃内くんなのかと思っていたよ。

 解決編。思えば遠くに来たもんだという。猫を助ける依頼から、皆実が死ぬところで前回の引き、そして今回の解決法だからなぁ。

 やっぱ台詞意味を把握する前にどんどん進んでいくのでどうにも苦手。今回は二度見したが、そういう視聴方法が適切なのかわからんな。あと、原作が本当にラノベなのかどうか確かめようと検索をかけたらコミックヽリアに漫画化されてたのがヒットしたので読みに行った。ちょうど第1話から今回の猫依頼のところから始まっていて、このエピソードの途中で中断されていたのだが、やはりというかなんというか、アニメ化で省略されているところが漫画ではちゃん描写があって、これまたキツいなと思った。例えば、春埼が神社ケイを待つ際に猫をなでながらコレクションにする云々のシーンがあるが、あれは春埼が猫グッズを集めているからであって、それは漫画にはあったがアニメには今まで触れられてなかったような気がする。となると原作には漫画以上の描写があるかもしれずで、それを尺の都合上バンバン切られているものなのだろう。猫をコレクション台詞最初聞いたとき猟奇的だなと思ったのだがそれは勘違いなのであり、ちょっと釈然としない。もちろんこのトラブルシュート重要な部分を省略はしないだろうからそのへんを疑うつもりはないのだが、今回までゞ、この作品は依頼に関連しないことは描写しないんだな、余計なものを関わらせないからこれまた純粋作品だなと思っていたぐらいで、そのへんの認識も改めないといけないなとは思った。

 しかしなんだな、ケイのやり方ってのは解決必要だと思う手段はどんなことでも採用って感じで、こう抜き身の刀のようなもの。村瀬を説得する方法は一つしかなく、それはしたくないという台詞も、村瀬に対する働きかけの強度が半端ないものであること、したくないのは春埼が(リセットで忘れるとはいえ)悲しむことがわかるためであるし、いつも弱っているという台詞から、春埼に髪留めをプレゼントしていたように彼は常に周囲に気を配っていて、その情報と処理すべき事柄の多さに辟易しているってことがわかる。そういうつじつま合わせや広げた風呂敷の回収はきっちりやっているのだが、こう視聴しているときには台詞の全てに集中しているわけではないし、前述の通り、台詞意味するところを解釈している最中にどんどん台詞や状況が進んでいくのでなんともねぇ。そのへん味わい尽くすのなら原作を買って自分のペースで読めってことなんだろう。とはいえ、そういうのを乗り越えてなおこのアニメを楽しんで視聴できているので、個人的事情ダメだって言うつもりもない。というかそういうことが把握できたことでいろいろ納得もできた。今後違和感が生じてもそういうことなんだろうなと割り切って不必要にギクシャクしたものを感じなくて済むというだけのこと。終始緊張が途切れないし、こう萌えアニメありがちなガチャガチャした騒がしさはなく、ちゃんと間も考慮されてそれなりの余韻も感じられるので、今の段階でも良作ぐらいには思っている。個人的にはよりもいと次元は違うが良い勝負。なんで積ん読状態にしていたんだろぐらいの認識ではある。

ガルフレ、対抗戦勧誘サポート 13:15


  • 二周目

 3rdスーパーサポート HP4,830,000。手持ちの戦力で炭酸2つ+♥3つだった。二回目で50%発動。


 2ndスーパーサポート、HP覚えてないが、手持ちの戦力では炭酸1つ+♥では無理で、炭酸2つ要だった。



  • 三周目

 1stスーパーサポート、HP4,500,000。これ、二周目と同じで、手持ちの戦力で炭酸2つ+♥3つだった。やはり二回目で50%発動。


 2ndスーパーサポート、HP8,500,000。手持ちの戦力で炭酸2つ+♥6つだった。炭酸消費が少ないのは運が良かったおかげ。炭酸一回目(227362☓8=1818896)で50%発動、しか炭酸二回目で大成功まで引いたので(256032☓1.5☓1.5☓8=4608576)残りが2072528となった。しかも♥6攻撃分の一つは大成功を引いたので、そこそこ余裕を持って削りきれた模様。さすがに次はこんな運の良いヒキはないだろう。炭酸3つを消費の上、二回目で大成功を引いて多少のハート消費ぐらいだと思う。運が悪いと発揮値が20万を割ることもあるし、そうなると下手すれば炭酸4つ使うハメになるかも。


 3rdスーパーサポート、HP11,580,000。手持ちの戦力で炭酸4つ+♥4つだった。炭酸二回目で50%発動。炭酸一回目3,072,384、二回目2294560、三回目2638600、四回目2294560。♥一回目大成功430230、♥二回目341043、♥三回目大成功341043、♥四回目263511(ラストで溢れる)。今回は発揮値が少なめの発動で、大成功も残りHPを♥攻撃で埋める段階で二回あったぐらい。が、だからこそこれを次の参考にするのがよいだろう。実は三周目2ndスーパーサポート達成の段階で勧誘サポートゲージは全試合チャージ完了になったのだが、三周目3rdクリアするとSR50%キュピチケが貰えるので大体やるようにしてる。そういやサポートゲージ、今回のように三周目2ndで全試合フルになることもあれば、三周目3rdクリアしないと全試合フルにならないこともあったような気がするのだが、ゲージの目盛りをどのようにカウントしてるんだろ?。



黒猫ウィズクランイベントメモ22:21

 まぁどうでもよいことではあるのだが、このゲーム団体で取り組めというイヴェントがあって、本日はその最終日。ボス戦に取り組めばイヴェント精霊が貰えるからコツコツやってるわけなんだが、自分所属している団体(このゲームではクランという)、もうINしているの自分しかいない。なので団体所属して団員も複数いるのだが、実質ソロ活動しているという状態

 で、今開催されているイヴェント上記の通りコツコツやれば入手できる精霊もいれば、ランキングで入手できる精霊もいて、ランキング限定精霊がなんと個人ランキング上位10しか貰えないという難関。もちろん初めっから入手を諦めているのだが…。



 おもろいのは団体ランキング個人ランキングが随時確認できるのだけども、現時点(といってもイヴェント終了まであと2時間ほどなのだが)で個人874位/2441、団体159位/423という。まぁ結果としては何の不思議もないのだけども、熱心にプレイする層はほとんど特定団体所属しており、活発な団体の数がすごく少ないということがわかる。要するに層が薄いんだよな。こういう結果だとすると、上位はそれなりに団員も多く活発だが、自分のようなソロがこの順位だと、団員の活動はそれほどでもないがそれなりの数が取り組んでいるとか、少ない団員数だが活発であるような団体が凄く少ないということになる。スマホ版はそれなりに活況らしいのだが、このPC版はそうではないらしい。そりゃまぁPC版のほうがスマホ版の人気が出て後から用意されたのだからさもありなんではある。下手するとサーヴィス終了なのかなと思わなくもない。