Hatena::ブログ(Diary)

DANGO3兄妹

2016-07-26

dango332016-07-26

お部屋の整理

| 23:40

DANGO母です。


部屋がどんどん散らかっています。

家族が減っても物が増える、大問題です。

で、安物ですが三段ボックス2個と引き出し用の箱を買いました。

一人で組み立てました。

引き出しの取っ手もくっつけましたよ。

お値段以上にカッコイイ雰囲気、思った通りです。

「そんなものを買う前に、物を捨てた方がスッキリするんじゃないかな。」

と夫には冷たい言葉を頂戴しましたが、一緒に散らかしているよね?

確かに順序は逆ですね。

明日は物を整理する予定です。

暑い夏をさっぱりと過ごしたいです。

2016-07-23

dango332016-07-23

赤い衝撃

| 00:31

DANGO母です。


最近、毎週金曜日の午前中にドラマ「赤い衝撃」が放映されています。

そう、山口百恵さんと三浦友和さんのゴールデンコンビが織りなす懐かしの赤いシリーズです。

スプリンターを目指す百恵ちゃんがけがをして走ることができなくなり、また走れるようにと友和が応援するドラマです。

お互いに愛はあっても親は仇同士という、わかりやすいお話。

子供のころに喜んで観ていたので、懐かしさもあって毎週録画しています。

今観ると、百恵ちゃんがとっても落ち着いています。

可愛らしい年頃だったはずだけど、キャピキャピしていない、少し影があって話す声のトーンも低いのが百恵ちゃんの魅力でした。

最後結局どうなったっけ?と楽しみに観ています。

スプリンター」という言葉を知ったのもこのドラマのおかげです。

2016-07-21

永六輔さん、さようなら

| 22:30

DANGO母です。


今朝テレビを見ていたら、大橋巨泉さんが亡くなったと報じられていました。

この方が尊敬していたのが永六輔さん。

物心ついた時には「浅田飴」のCMをしていました。

子供心に、えらい理屈っぽいおっちゃんやわ、という印象がありました。

その人が「上を向いて歩こう」や「見上げてごらん夜の星を」の作詞をした人だとは、到底結びつきませんでした。

お年寄りの気持ちを知りたい、と初めて買った本は「大往生」です。

毒蝮三太夫ではなく、永六輔さんを頼りました。

今になって凄い人だったのね、と痛感しています。

もっともっと活躍して欲しい人ほど早く逝ってしまいます。

こんな大人がどんどんいなくなってしまって、これからどうなりますやら。

永六輔、カンバーック!

2016-07-19

dango332016-07-19

停電

| 23:49

DANGO母です。


先日、電信柱を取り替えるので停電します、とお知らせをもらっていたのですが、いざ停電となると慌てますね。

暑さのせいでエアコンが手放せない生活に慣れている身には相当堪えました。

「なるべく早く頑張ります!」

とは言われていたけれど、玄関先に新旧揃った電信柱が二本ドドーンと寝っ転がっていたのを見たときにはお先真っ暗な気分になりました。

電気のない生活はもう無理だ!

半日停電の約束でしたが、それよりは少し早く元に戻りました、やれやれ。

改めて地震津波避難していた方々のご苦労を思い返しました。

便利に慣れていると、不便な生活には耐えられません。

2016-07-18

dango332016-07-18

うなぎ

| 00:06

DANGO母です。


うなぎが食べたい!」

「丑の日はまだやろー」

「けど食べたい」

と一足お先にうなぎを食べに行きました。

うなぎを食べたい人は私以外にもたくさんいて、お店は満員御礼状態でした。

家族連れがたくさん来ていて微笑ましい限りです。

やっぱり夏はうなぎですね。

元気出して頑張ります。