Hatena::ブログ(Diary)

同居人日和 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2004 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 00 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 |

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 ドラマの感想エントリはネタバレありです。注意です。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

2015-05-23 昼間は暑くても夜は涼しい今が一番過ごしやすい。

[]『64(ロクヨン)』最終話まで 18:12 『64(ロクヨン)』最終話までを含むブックマーク 『64(ロクヨン)』最終話までのブックマークコメント

 最高だった。良かった。面白かった。感動した。ゾクゾクした。ワクワクした。興奮した。…って感じの、残念な視聴者代表的なことしか書けない(笑)。見終わって大満足、しばらくの間興奮冷めやらずでした。

 キャストも音楽も脚本も演出も全て良かった。原作既読だったので、どう料理されるか楽しみだったんだけど、もうね、最高ですよ。三上(ピエール瀧)の刑事部→広報室長の流れや二渡(吉田栄作)との確執、D県警記者クラブとの関係とかはあまり説明されず、初回を見た時は原作読んでいない人置いてきぼりかも…とか思ったけど、そんなことはどうでも良いくらいのラストから次週への惹きの強さや音楽を使った盛り上げ方だったなー。あの厚い原作を5時間で見せなければならないわけだから、見せるとこは見せるけど見せずに想像させるとか、原作ではわからない映像での補いとか、とても上手いなぁと思いました。(しかし映画は長くても2時間半…どうするのだ?)

 4話と5話はまとめて見た。札幌行く前に4話放送したんだけど、絶対最終話と一緒に見ると決めて。っていうか、4話をリアタイで見た人、終わった瞬間死ななかった?(笑)。あんなクリフハンガー終わり、「我に、我に最終話をーーー!」とか叫んだり悶絶しなかったの?と聞きたいww。

 何度も書くけど、キャスト全員良かったよね−。小憎らしい奴は最後まで小憎らしくてね。東洋新聞の井沢(堀部圭亮)とかさー、もうムカムカしたよね。堀部さんって小憎らしい役やらせたら天下一品だと思わない?ww。D県警記者クラブも、皆ライバル紙の記者たちなんだけど東京が攻めてきた時は団結!D県警が馬鹿にされたら悔し泣き、でも通常は抜きつ抜かれつな感じも良かったなぁ。B太とA太の対決が楽しみです(こらこら)。

 でもって、美味しいところもって行くのは、原作読んだ時も「かっけー!」と叫んだ松岡捜査一課長(柴田恭兵)ですよ。指揮車輌の恭兵さん格好良かったなぁ。飄々としていながら貫禄もあり、頭も切れて抑えるところは抑える的な。頼りがい、尊敬しがいのある上司。そりゃ三上じゃ無くてもご一緒したくなります。

 雨宮(段田安則)と目崎(尾美としのり)がまたね、スゴいんですよね。三上が接した雨宮は一貫して無感情だった。でも実際は「復讐」という激しい感情を隠した上での無感情だったわけで。そして目崎、誘拐事件被害者家族の顔から、64(ロクヨン)の加害者になった瞬間の表情もスゴかった。段田さんとイボリー、この人たち上手すぎて震えました。何度も何度もリピートして見せられた、昭和64年当時の雨宮の、犯人に翻弄され狂気迫る行動や表情、そしてそれを今再現しているかのような目崎の狂気。この二人の表情や言動を交互に見せることで、より「どうなるんだ」「どうするんだ」という気持ちを高ぶらせてくれた。このへんは映像だからこそできることだよね。

 原作読んだ時にも思ったけど、このプロット本当にすごいよね。横山さん、なんでこんなこと思いつくんだ!って思ったもん(そりゃプロ作家なので)。映像としては最初から出ていたけど、昭和64年の電話帳、電話ボックス、そして松岡、三上、目崎…というマ行名字の人たち。…マ行までいったいどのくらい電話をかけ続けたら雨宮の指があんな風に黒ずんだり、公衆電話のボタンの数字がかすれることになるのだ…。横山さん、犯人の名字をせめてカ行くらいにしてくれていたら…なんて(笑)。

 いいドラマ見せてもらったなー。重厚で骨太なドラマ、良いよね−。次はどんなのを見せてくれるのか楽しみです。

 

[]『アルジャーノンに花束を』第7話まで 17:05 『アルジャーノンに花束を』第7話までを含むブックマーク 『アルジャーノンに花束を』第7話までのブックマークコメント

 咲人(山下智久)さん、そんな台詞、そんな仕草、そんなやりk(自粛)、いったいどこで覚えたの?何の本に載っているの…?と小一時間問い詰めたいくらいのラストシーンでしたね…ふふ。

 このドラマ、回を追うごとにどんどん面白くなってて、最初の頃よりも物語に惹きこまれてる自分がいますよ。山Pも彫刻的な美しさだけじゃなく(それはそれでOK)、咲人の些細な心の揺れとか感情表現が上手くなっている気がするんだよね。台詞もいいなぁ。「ダメよ…そっちに行ったらダメ…」「咲人さんのこと悪く言わないで!」by遥香栗山千明)とか。

 咲人の物語はメインだけど、その周りの人たちの物語も丁寧に描いているので、ゆくゆくは咲人とクロスするであろう事柄だけど、ちゃんと彼らの物語になっていて。柳川(窪田正孝)がまた良いんだよねー。おちゃらけているし、今までは人を利用して金を稼いできたこ狡い奴だけど、実は心は綺麗なのよね。檜山(工藤阿須加)と梨央(谷村美月)のこと、本気で心配している、想っているのがわかるんだよなー。窪田くんで咲人も見たかったけど、柳川役イイじゃん!とか思って、で「そうか…窪田くんのLも見たかったけど、実は夜神月も悪くないなー(@ドラマ版 デスノート)」とか思いましたの(このドラマには関係ないけど)。

 さて、次回以降はアルジャーノンに異変が、そして咲人にも…って哀しい結末方向に進む。というか、果たして本当に「哀しい」結末なのか、誰にとって「哀しい」のかはわからないけどね。それまでに咲人の天才的な能力で梨央を助けられるのか、また遥香との蜜月はどうなるのか。そして柳川+檜山との友情(対等な)は復活するのか…次週が楽しみでございます−。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/doukyoninday/20150523

2015-05-21 帰ってきたお

[]食べ過ぎ警報の日々 13:14 食べ過ぎ警報の日々を含むブックマーク 食べ過ぎ警報の日々のブックマークコメント

 実家から帰ってきまして。いやー、寒かった。とても暑かった日に気温半分で風が強いとこに行って、やっと寒さに慣れた頃また暑いとこに帰ってきました。30℃→14℃→26℃って。身体おかしくなるww。

 寒いけど緑が濃かったなぁ。風が強くて体感温度は発表気温よりも相当低いんだけど、地元民は皆薄着なのよねぇ。こんな寒いのに「生足!」とか思って震えた(笑)。しかし自分が学生の頃は、真冬でも足下は黒ストッキング一枚だったなー(制服なので)。今はとても信じられない。

f:id:doukyoninday:20150518093155j:image:w200  f:id:doukyoninday:20150514160440j:image:w200

 今回はいつもの帰省(掃除と洗濯とただだらだら)という日々ではなく、ちょっとアクティブwにしてみました。母親と妹と、札幌から車で2時間くらいで行ける温泉へ行きました。

f:id:doukyoninday:20150516150548j:image:w200  f:id:doukyoninday:20150516151858j:image:w200

 あえて高速は使わずに、「何人(なんぴと)たりとも俺の前は走らせねぇ!」状態の道(つまり他に車がいない…)をひたすらまっすぐに走り、宿泊は和洋会席が美味しいとのレビューで決めたところ(笑)。建物はスーパー銭湯をちょっと上品にしたようなところだった(こら)けど、お湯はとろーりとして肌すべすべで、評判どおりごはんがとっても美味しかった。途中でお腹はいっぱいなのに目が食べたいと訴えるのです。そして結局ぜーんぶ食べて、苦しくて部屋で横になるの(お相撲さん一直線)。食べ過ぎ警報その1。

f:id:doukyoninday:20150516190100j:image:w250  f:id:doukyoninday:20150516190049j:image:w250  f:id:doukyoninday:20150516190040j:image:w250  f:id:doukyoninday:20150516192632j:image:w250  f:id:doukyoninday:20150516190816j:image:w250  f:id:doukyoninday:20150516193137j:image:w250  f:id:doukyoninday:20150516200102j:image:w250

 行きと帰りには「道の駅」で地元の野菜を買いまくり。そして「道の駅」と言えばもちろんソフトクリーム(もちろん?)。寒いけどこれは欠かせない。ワタシと母親は冒険しない派だけど、妹が冒険「バニラ×トマト」

f:id:doukyoninday:20150516153916j:image:w250

 見た目はとっても可愛くて、うきうきしながら食べた妹。ひとくちふたくち食べた後「…」。ワタシもひとくちもらったんだけど「…うーん…後味がトマトケチャップ…だね…」「…だよね…?」的な不思議な空気が流れましたww。

 で、帰ってきてから大量に買った太めのアスパラで大好きな天ぷらっ!アスパラの食べ方で一番好きかも。食べ過ぎ警報その2。

f:id:doukyoninday:20150517190131j:image:w300  f:id:doukyoninday:20150517135314j:image:w200 …だって、帰った時しか食べられないんだもん。甘納豆入りのお赤飯。

 で、今度は高校の時の友達と何度目だ小樽。天気がイマイチだったんだけどこの日は歩いたね。もちろん食べるために歩くわけですが(笑)。

f:id:doukyoninday:20150519115811j:image:w250  f:id:doukyoninday:20150519120857j:image:w350

 小樽と言えば「なると」でしょ。毎回毎回よく飽きないねぇと言われますが、好きなのよ〜〜。お寿司も付けちゃった (え?歩く前に食べたのか!?…というツッコミは無しの方向で)。食べ過ぎ警報その3

 ここは今回初めて行った「小樽出抜小路*1。食べ物屋さんばかりだけど、レトロな雰囲気がある。あ、ここでは何も食べてないからねーっ!!(誰に)。

f:id:doukyoninday:20150519161617j:image:w350  f:id:doukyoninday:20150519161859j:image:w150

 雨が降りそうで風の強いあいにくの天気だったけど、晴れ間もちょっとあったりして、写真はなんか幻想的に撮れたのでヨシとしよう。小樽運河は夜の方が綺麗なんだけどね−。

f:id:doukyoninday:20150519171258j:image:w250  f:id:doukyoninday:20150519163320j:image:w250  f:id:doukyoninday:20150519162439j:image:w250

 で、歩き疲れと寒さ疲れで仕方なく(仕方なく?)「LeTAO」に入って、もちろん空港などでは買うことのできない、他では食べることのできない店限定のケーキをそりゃ食べるでしょ。食べるでしょ(大事なことなので二回言いました)。もうね、ひとくち口に入れたらふわふわっと口の中で溶けてしまうのですよ。これだったら何個でも食べ(ダメ)。食べ過ぎ警報その4

f:id:doukyoninday:20150519150508j:image:w260  f:id:doukyoninday:20150519150337j:image:w260

 ということで、この1週間、食べ過ぎ警報鳴りっぱなしの日々でした。今朝体重計に乗って、声にならない叫びをあげたのはワタシです…今日から霞食って生きていく所存です…自業自得(涙)。

おまけ

f:id:doukyoninday:20150516131511j:image:w260  f:id:doukyoninday:20150516131737j:image:w260 

cipolinacipolina 2015/05/22 19:34 甘納豆入りのお赤飯って何? なるとって何? LeTAOの限定ケーキって何? 最後のラーメン何?なになになになんなのー? 震えながら読みました。北海道おそるべし。自ら地雷を踏みにいく(甘い罠にめっぽう弱い)たるみさんが大好きです。

doukyonindaydoukyoninday 2015/05/22 20:55 cipolina さんを震えあげさせてごめんww。北海道はね…北海道はとっても美味しいモノがあるところなんだよ…ふふふ(なんだソレ)。特にここ何年かは「スイーツ」で推してたりして、もしcipolina さんが札幌に遊びに来て、デパ地下や空港なんか歩いた日には、はっきり言って家に帰ることができないと思った方がいいね…ふふふ(断言)。「なると」とは小樽発祥の若鶏の半身唐揚げのお店ですの。今は札幌市内にも何店舗かあるんだけど、やっぱり本店が一番美味しいと思うので、小樽に行くたびに食べるのです。マジ、マジで美味いよ?(なぜ疑問系)。皮がぱりぱりでジューシー、身もぷるぷるでジューシー。たまらんぜ。ちなみにお寿司もザンギ(鶏唐揚げ)もめちゃ美味いです。「 LeTAO」も小樽のスイーツ屋さん。今じゃ店内は観光地と化しているけれど、チーズケーキ美味し。空港でも大きな店舗があるし、関東にも進出しているけれど、小樽本店でしか食べられないというのが一番美味いとワタシはおもふ…ふふふ。
遠い昔、ワタシが子どもだった頃、お赤飯には甘納豆が当たり前だったのですよ。で、東京に出てきて初めて甘納豆は地元だけだったことを知りました。今は甘納豆入りと普通のが売っているけれど、やっぱ忘れられない味なのさ−。
最後のおまけラーメンは、ラーメン通の我が妹一押しの味噌ラーメンでごあす。太縮れ麺がやっぱり好きですね。それで、cipolina さん、札幌と小樽にいつ行くことにした?(笑)。

cipolinacipolina 2015/05/22 23:25 わーん、明日にでも行きたいですっ!
たるみさん、連れてってーww。
もうお相撲さんになってもいいっす。

doukyonindaydoukyoninday 2015/05/23 16:30 行け行けーっ!行って食ってしまえーっ!お相撲さんいっちょくせーーーーん(笑)。いや、マジな話、関東が梅雨になる時期に行くのが一番過ごしやすいです。食べ物も美味しいし。ふっふふ、cipolina さんには是非、大通公園の焼きトウキビ(冷凍物じゃなく)を食べてもらいたい。んで、手と口を醤油でべたべたにしてもらいたい。ヨロシクですww。

nyangoronyangoro 2015/05/23 21:03 「なると」って半身揚げのお店ですよね? こないだこちらのデパートの北海道展でみかけてびっくりしました。たるみさん、これをぺろりと? わお‼ 私も今度北海道展で見つけたら買ってみようかな。

doukyonindaydoukyoninday 2015/05/23 23:32 nyangoroさん、そうです。若鶏の半身唐揚げです。ワタシも地元デパートでも買いましたよ(笑)。いやいや、意外とぺろりといけるんですよ(いくな)。骨もあるしね(こらこら)。是非食べてみてくださいな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/doukyoninday/20150521

2015-05-10 母の日ですな

[]『アルジャーノンに花束を』第5話まで 01:58 『アルジャーノンに花束を』第5話までを含むブックマーク 『アルジャーノンに花束を』第5話までのブックマークコメント

 咲人(山下智久)の表情がどんどん変わっていく。遥香栗山千明)と蜂須賀(石丸幹二)のキスからの無表情な冷たい横顔、たまらん(え)。大理石のような無表情さは山Pの美しさを引き立てます。山P真骨頂ですな(そこ?)。

 次回予告の咲人さん、とうとう上から発言ですよ。もう何様的な態度ですよ。周りが全て無能に見えているわけだ。柳川(窪田正孝)と檜山(工藤阿須加)を怒らせてたけど、檜山はともかく柳川はもともと咲人のこと利用してたし、見下してんだから仕方ないよww。それにしてもインカムスーツ姿の咲人さん格好良すぎです。…やっぱりワタシ、笑顔より激ツン時の山Pの顔が好み(誰も聞いていない)。

 しかし、急激な脳の発達にしたって、遥香と「キスしたい」発言→梨央(谷村美月)と一夜を共にするってのはちょっと早すぎな…w。それも本で勉強し(自粛)。

[]WOWOW『闇の伴走者』良作! 01:58 WOWOW『闇の伴走者』良作!を含むブックマーク WOWOW『闇の伴走者』良作!のブックマークコメント

 とっても面白かった。漫画×漫画編集者×連続殺人事件…この題材が新鮮で良かった。編集者の知識なんかも教えてくれて、マンガ好きとしてもとても興味深かった。

 漫画編集者・醍醐(古田新太)と、もと警察官・水野優希(松下奈緒)が、ある漫画に潜んだ謎を解いていくんだけど、古田さんのこーいう役も珍しくて良かったなぁ。漫画がらみの事件なんてそうは無いと思うけど、この続編が見たい−。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/doukyoninday/20150510

2015-05-03 GWいかがお過ごしですか

[]『アイムホーム』第3話 安定の面白さ 01:04 『アイムホーム』第3話 安定の面白さを含むブックマーク 『アイムホーム』第3話 安定の面白さのブックマークコメント

 3話目も大変良かったんじゃないでしょうか。うふふ。物語としてちゃんと面白い。そして木村くんがとても良い。目が違うんだよね。家路久の過去と現在の映像、振る舞いや言動だけじゃなくて目の表情が違うもの。脚本も良いけど、演出がハマっているんだろうなぁ。

 家路久(木村拓哉)と前妻・香(水野美紀)の離婚の理由は、意外とありきたりだったことにちょっと驚いた。何か事件があったわけでもなく、ただ夫として落第だったわけだ。うん、それはそれで普通で良いね。結婚のきっかけはどうであれ、とにかくいい夫ではなかった久。妻を軽んじて、結果妻に捨てられたわけだ。でも、夫としては酷い奴だったけど、父親としては妻の連れ子をめちゃ可愛がっていた。そして息子として義父とは仲良しで超気に入られていた。うーん、昔の久って、そんなに悪い奴ではなかったのかもね。野心を持った仕事人間で、目的のためなら友人を裏切ったり、出世のためにあくどいこともやったりするけれど、その反面優しい部分もちゃんと持ち合わせてるような男だったのかな。

 さて、次の疑問はどうやって妻・恵(上戸彩)と知り合い結婚したのかだよね…。どうもここらへんはちょっときな臭い感じがするねぇ。やはり恵が仕掛けたのかな。ああ早く知りたーい(笑)。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/doukyoninday/20150503

2015-05-02 うわ。5月だよ

[]5月に入っちゃいましたね 01:05 5月に入っちゃいましたねを含むブックマーク 5月に入っちゃいましたねのブックマークコメント

 えーと、ワタシ4月って何してた?…ご飯作ってドラマ見てた(それだけかい)。早いね−、こんな調子じゃあっと言う間に12月になっちゃうよww。

 気がついたらGW。特にナンにも予定はない。人混み嫌いなので行楽地はまず無理だから。歩くのは好きなので、家からどこまで歩けるか挑戦してみようかな。

 GW明けは札幌に帰省しますん。オットは仕事があるので今年はおるすばーん。久しぶりに母と妹と札幌近郊の温泉に行く計画。あと実家の掃除が待っています。

nyangoronyangoro 2015/05/02 20:11 たるみさんもアンチ人混みですか? 私も私も! 連休中の行楽地なんて、とても無理です。家でじっとしてます…。
ご実家への帰省、楽しみですね。北海道はこれからいい季節でしょうね(#^.^#)

doukyonindaydoukyoninday 2015/05/02 23:38 こんばんはー。アンチ人混みです。年々酷くなっている気がしますねぇ。できる限り混んでいるところには行かないようにしてます。しかーし、明日、訳あって激混み確実の場所に行くことに…(汗)。多分人に酔って早々に引き上げてくるような予感がします…。
北海道は、今は異常に暑いみたいだけど(日中気温が東京並み)、ワタシが行く頃は平年並みの気温になっているかな。昼間は暑くても夜は寒いので注意なんですけどね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/doukyoninday/20150502