ドリフトウッド

2017-05-10 予言成就。40歳になっても日記を書いていた このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

何回か書いたことあるかもしれないのですが、たぶん15年くらい前に、自分サイトで、僕は40歳になっても日記を書いてそうな気がする、と書いた憶えがあります


その時はすぐに、嘘です、そんなの嫌です、みたいな文言記載した記憶もなくはないのですが、実際、40になったけど日記を書いてみている自分がここにいます。いや、いないのかも。そもそも僕って何だ、何なんだ。とエヴァンゲリオン風の寸劇を挟みたくなる衝動を抑えつつ書き続けますが、でも、きっとあの時書いてて良かったんだと思うのです。すごく逆説的ですが、妻や子、家族やまたごく少数の友人を除いては、インターネットを介して少なからぬ繋がりを持った人達の方が今でもシンパシーは感じます。たとえずっと会ってなかろうが。


今でこそ社会生活はそれなりに送っていますが(たぶん)、思えば僕は、私は、小さい頃からどこか少しだけずれていたのかもしれず、かつ自分のやりたいことがわからない、的な一類型パーソンでして、例えば大学サークルなんかに流されるように入ってましたが、自分の進んでやりたいことではないし、表層は合わせられますが最終的なところで学生ノリのネタキャラ、いじりいじられコミュニケーションと相容れず。など、主流だと思われる空気に、そう、空気同化することはできなかったということだったんだろうなとおもってます


結果、何年も在籍しておきながら1人2人を除いては、今そのサークル人間と会う?と言われても会う気はしません。というか積極的に会いたくない。この辺は個人として多少入り組んだ感情がありますが、そりゃそうですよね、どちらかというと私はいじられる側の人間でしたし、シチュエーション上逆の立場に立つこともあるものの、いじりの方は今で言うマウンティング気味にくる場合もあったりで、なんか割と仲良くやってる感じもありましたが、実はホントに仲間と呼べるのはごくわずか、という。まあ、若かったの一言で済む部分も多分にありますが、数年前に一度顔合わせる機会があった際もいい年すぎるのに悪い意味で変わってなかったので、付き合いきれないっつうの。


って、みんな多かれ少なかれそういうのあるでしょ、うんうん、な話でしたが、インターネット文章を書く、いや日記を書く、ていう意味のわからないことは、実は自分がやりたいと思ったことなのです。あれな話ですが、ほぼ初めてまともに自分でやりたいと思ったことなんじゃないかと思います

そしてそこで会い、一定以上仲良くしてもらった人々は、世間的に見ればコミュ障だのクズだの見られておかしくない人たちも結構いました。ただ、もちろん人間集団なので例外や逸脱例はありますが、と一言添えつつも、少なくともそれまで見てきた、空気コミュニケーションする人たちよりは誠実で好ましかったし、よほど大人だったのではないかな、と思っています

あとで続き書きます

2017-05-09 OKコンピューター

OKコンピューター、あるいはSEOとかクリック率を狙って書くのがライティングってことになっててそれはwebに載るテキストとして間違ってないけど、けど、の部分が自分の中に残る 01:45 OKコンピューター、あるいはSEOとかクリック率を狙って書くのがライティングってことになっててそれはwebに載るテキストとして間違ってないけど、けど、の部分が自分の中に残るを含むブックマーク OKコンピューター、あるいはSEOとかクリック率を狙って書くのがライティングってことになっててそれはwebに載るテキストとして間違ってないけど、けど、の部分が自分の中に残るのブックマークコメント

f:id:farrah:20170507095354j:image:w360

OKコンピューターから20年ですって。学生時分でしたね。日記はまだ書いてませんでした。

25年くらい前だと思うんですが横浜HMVが出来た時のことをよく覚えています。広い店内に無数の音源、知らない音楽、いきなり世界が拡げられた感じ。今なら検索すれば大抵の音楽は出てくるし、なんだったら映像付き、でも、検索するってことはそれを少しは知ってるってことだから、実はあまり知識が拡がらないってことでもあるなと思うわけですし、レコメンドエンジンはまだまだ基本的に当たり前の結果しか返せてないと思う。つまり類似した音楽レコメンドすることが多いし、それこそ紹介テキストが弱いことが多くてそそられない。

昔は良かったって話を書きたいわけでもないけど、外資系レコードショップは知らない音楽出会える可能性が俯瞰的可視化されていてわかりやすかった。ある意味で決められた枠の中を気持ちよく泳げたようなものだった。良くも悪くもそこには無限なようでいて有限の楽な世界があったように思う。

でも、それらはインターネット検索レコメンドで出てくる結果としての一覧か詳細ページに変わってしまった。そして、ショッピングモールでたまに見かけるHMVタワレコはなんだか新星堂あたりと同じくらいに縮小して、ヒット作と過去作のアーカイブばかり手堅く陳列してる。代わりに俺達はインターネット自由を得たらしいのに、レコメンドで決められるものは当たり前で反発したくなるし、広過ぎる検索可能性は結局のところ自分知識ベースとした手足の延長線上の結果しか返さない。ジャンルソートし一覧化されるおすすめ作品はすでに聴いたことがあるものか、チャート的に上位という順列の結果になっている。

端的に言って、つまらないなと思う。でもそれは、自分自分知識を拡げようとしなければならなくなった面倒臭さと裏表で、データベースだけは色んなところにあるからアクセスの仕方を自分で工夫しなよね、ということになったんだろうなとも思う。それがインターネットでしょ、工夫しなければ、工夫しない結果が返ってくるだけだよ、というような。

というわけで、キュレーションメディアの出番だ、という最初直感は正しかったのかもしれないけど、数の論理が先行され余計に無駄情報が増えただけだった。そこでは元からあった意味での編集がほぼ不要か、まったく不要だったから。誰かにとって入り口になる情報と誰かにとって今更まとめなくても良い情報が、情報の中身ではなくSEO的なロジックで順番に並ぶ。そして、そこからソートフィルタリングまでは実装されてない。短期的に、網羅的に金を産むものではないから。編集が金を産まない世界ゆえに。

もちろん、旧来的なメディア文脈役割インターネット上でもうまく変換して編集しているものも人もあると思うんだけど、圧倒的に目立たないし、じゃあ例えば自分にとってのかつてのHMVなりの役割を果たすメディアなりポータルなりを見つければ?というのもちょっと違う気がしている。

じゃあ何だよ、って言われるとよくわからない。でも、少なくとも、ランディングした情報から、いまのような表層的なアルゴリズムいかにもな関連キーワードタグや近いジャンル作品記事を一覧で出すのではなく、編集軸を感じられるリンク関係が返ってくる、編集軸が感じられるレコメンドをされる、たまに一見ジャンル違いだけど実はこんなに面白い繋がりが見出せる、などが返ってくる、が実装されれば、だいぶ違うのかもしれない。


その時になったらようやく、OKコンピューター、って言うかもしれませんね。でもそれって、抗生物質漬けのブタにまた近づくってことかもしれませんが。

2017-04-25 ベランダ立って胸を張れ このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

今の所、転職はして良かったのだろうと思う。大分時間的に白くなった。つまりホワイトになった。何せ前職では長い事労働していた。文字通りの意味で。


世の中的に、労働時間をかけているという事は、それだけ非効率無能からである、という言説がある。これはあまり面と向かって否定される事はない。が、はっきりさせた方が良いのは、それは長時間労働会社に対する貢献として是であるという旧態依然というか搾取的な価値観逆張りとして正しいのであって、実際はそこまで単純化出来る話ではなく、個人ハイパフォーマンスでフルコミットビジネスパワーを発揮すれば組織効率化が為されて必ずバンザイわー最高、ってわけではない。のだが、どうもこの種の仕事論などの仮想敵としては、想像上の組織ではなく想像上の個人や古い言葉でいう「クラスタ」が選択される気がしていて息苦しい。いやまあ気のせいかもしれない。


ただ非効率無能さは、個人事業であれば個人課題とも言えるかもしれない?が、組織に属するなら組織課題でもある。組織レイヤーの話と個人レイヤーの話は分けてしかるべき、なのだが、特にインターネットでは、右だの左だのってな間でお互いのダメそうなところをわざわざ拾い、それを材料にぽんぽん「クラスタ」間で攻撃しあって、それぞれがそれぞれを自分より下の馬鹿と思う事で日々溜飲を下げる、という高等遊戯に勤しんでる方も多そうなので、そう思えるのかもしれない。


こうやって、ちっともぴりっとしないけど個人意見は概ねこんなレベル感になるよねってなことを書けるのも、時間ができたからなんであって、そういう意味じゃ今の方が遥かに効率的ではある。突然なれるわけはないので依然として有能ではないですが、それでも効率的なのは確か。ただ、それは組織環境に大いに依存すると思いますよ。というわけで、ぼくの仮想敵は、なんでも個人責任範疇に押し当てようとする人や、見下し攻撃をすれば自分と反対に近い位置にいる人らをまるっと馬鹿扱いできるイージーな思考の人ってことになるかもしれませんが、それでだいたいあってます

f:id:farrah:20170408190209j:image:w360

2017-04-23 伊藤まりかっと このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:farrah:20170423151702j:image:w360

伊藤万理華さんの伊藤まりかっと的な個人PVを観てからの当然必然空前絶後帰結として、なんだか今日髪を切りたい、と思って昨日、息子と一緒に美容院へ行き、髪を切りました。似合うだろうが。というわけで今日は妻子連れ公園で遊んでる。うーん、我ながら、14,5年前はニートに近かった事を考えれば、割とまっとうな市民生活を送っているのではなかろうか。我々が皆、首の後ろのプラグを抜かれたら目が覚めるオールイズドリーム世界に生きている可能性を否定しきれない事を考えなければね。

2017-04-12 橋本奈々未さんも引退しましたし、日記でも書きましょう このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

でもスマートなフォンで、かつはてな側の管理画面をわざわざPCレイアウトにして文字打ってるのもあり、今日橋本奈々未さんの話は書けません。

f:id:farrah:20170405203715j:image:w360

f:id:farrah:20170405203124j:image:w360

写真MV橋本奈々未さんがかっけー綺麗なので良い曲こと世界で一番孤独なLoverのMVロケ地であるヤーシブこと渋谷のツータヤ的なTSUTAYAの中を激写した何かなんですが、肖像権っぽい何かになんとなく配慮したような風景写真ではあります。そう、欅坂のアレです。不協和音の。ええ曲の。その販促コーナーっつうか。


欅坂はグループとしては超好きなんですけど、特定のメンバーに対する、所謂推し?のようなものはなく、みんな可愛いと感じる状態常態に至っているのである意味模範的涅槃的な応援スタイルを取っているのですが、見た目的なところで強いて言えばひらがなけやきの高本彩花ちゃんのかわいさがやべえと思ってます。くりっとした目、が焦点が若干合わない感じなのと口が少し半開きな感じ、その辺好みの中の一類形。橋本奈々未さんや石川梨華さんとはぜんぜん違いますけど、あんましアイドルの人の顔の好みに一貫性がありません。


あ、ってここまでの話は蛇足で、わたしの好みとかホントどうでも良くない?とか思うんですけど、ホント時間比較的できたから日記でもまた書こうかなと思っただけのです。


日付変わっても帰れない事が未だにちょいちょいある限りなく黒に近いグレーな企業から時間を比べると相当白い企業転職したのでー。人生いろいろ会社もいろいろ。世の中ってふしぎですよね。その辺の事は、おいおい書いたり書かなかったりすると思います


思いつくままに文を書くとこんな感じになります