Hatena::ブログ(Diary)

FLIGHT LOGBOOK 〜パイロットの日記〜



    世界中の空を飛びながら日々感じたことを書き綴っています。

    自己紹介はこちら

    西へ東へ、南へ北へ、お客様と貨物を乗せて


    世界中どこにでも飛んでいきます。 -( ・∀・)-

    これまでの経験空港はこちら


    2016.07.20 経験空港(パキスタン)をアップデートしました
    2016.07.02 経験空港(イギリス)をアップデートしました
    2016.06.29 経験空港(カンボジア)をアップデートしました
    2016.04.05 経験空港(インド)をアップデートしました
    2015.10.25 経験空港(パキスタン)をアップデートしました
    2015.09.23 経験空港(モロッコ)をアップデートしました
    2015.05.09 経験空港(タイ)をアップデートしました
    2015.04.18 経験空港(イタリア)をアップデートしました
    2015.02.22 経験空港(チュニジア)をアップデートしました
    2014.11.22 経験空港(ロシア)をアップデートしました
    2014.10.23 経験空港(オーストリア)をアップデートしました
    2014.10.15 プロフィール総飛行時間アップデートしました
    2014.09.28 経験空港(イギリス)をアップデートしました
    2014.09.07 経験空港(南アフリカ)をアップデートしました
    2013.05.02 プロフィール所有資格アップデートしました

2016-08-22

夏のスコットランド

久々の更新です。

ちょっと仕事が立て込んでいて、今後も更新が少なくなりますが元気に働いていますのでご安心ください。





さて、久々にスコットランドの首都エジンバラまで新人副操縦士の訓練


スペイン+フランス育ちのイギリス人という変わった経歴の訓練生のダニエル君(仮名

我が社に入社前はインドネシアのライオンエアーB737-800/900に乗務していたそうです。




巡航に入って、落ち着いたところで


ダニエル君「機長はテニス好きですか?」

私「いや、、、、高校生の時に体育の授業でやった記憶がある程度だよ。」


ダ「日本人錦織選手、凄いですよね!オリンピック試合を見て感動しました。」

私「仕事で試合を見られなかったけど、銅メダルとったんだよね?」


ダ「そうなんです!」




ダ「実は僕もプロテニスプレイヤーだから試合を見てたら興奮して!」




「えっ」(゚д゚)!




ダ「世界ランクたったの250位なんで、、錦織選手とは全然比べ物になりませんが〜」(*´∀`)


私「いや、、、それでも凄いでしょ?世界ランクに入るって、、、、、」









これまで、元潜水艦乗り、元数学教師、元エレベーター技術士、元アナウンサー

といった、変わった経歴のパイロットを見てきましたが


元世界ランクのプロスポーツプレーヤーは初めて。。。






左膝を痛め、プロ続行不可能になったのでパイロットに転職したんだとか。





ハンサムで背が高くて元プロスポーツ選手のパイロット、、、、さらに英語スペイン語フランス語ペラペラ




世の中には二兎も三兎も四兎も捕まえる人がいるんだな〜、と感心してしまいました。










あっ、そう言えばエジンバラでのジョギング気持ちよかったです。

気温17度で寒かったですが。。。

2016-07-23

再び羽田

ギリシャ人機長、副操縦士と私を含めた3名で羽田へのフライト、、、、





ウェルカムアナウンスを終え、出発準備を続けていると

客室乗務員名刺をもってコックピットに、、、



客室乗務員「機長の同期のお客様が名刺を下さいました、宜しくお伝え下さいとのことです。」

私「えっ!?座席はどこ?」

客乗「3A」です


ということで、準備の合間を縫って挨拶に行くと、懐かしい顔が!


まさかこんなところで同期に会えるなんて、ちょっと感動でした。







無事に羽田に到着しホテルチェックイン



到着後、タコ焼きとタコの刺身が食べたいと言い出すギリシャ人2名。

ということで、ホテル近くの居酒屋に行ってビールで乾杯

もちろんつまみはタコ焼きとタコの刺身。






結局、朝まで飲んでしまいました。。。。

昼前に目が覚め、多摩川沿いをジョギング

曇り空で少し蒸し暑かったですが、リフレッシュすることができました。

2016-07-21

初めてのラホール

アイルランド人機長とフィンランド人副操縦士の1年1回の定期路線審査のため

ジャンプシートに座ってパキスタン第2の都市ラホールまで。




少し前に「沈まぬ太陽」を読んでカラチに思いを馳せていましたが、

カラチを通り越してラホールに行くことになるとは思いもしませんでした。




そもそもラホールがどこにあるのかよく分かっていないし、、、、




今年の3月に市内の公園で自爆テロがあり、24名の子供を含む72名の方々が亡くなった事件はまだ記憶に新しいので、フライトの準備から終了までセキュリティに関しては十分に配慮して運航を行いました。




無事、ラホールに到着して1時間半で折り返し便の準備を完了エンジン始動したところで、突然の





「左エンジン停止」




ジャンプシートに座っていた私も含め、コックピット全員



Σ(・∀・|||)ゲッ!!




思わず声を出してしまいました、、、、





機長はインターフォンで整備士と話し合い、再度左エンジンを始動してみることに、、、、




無事にエンジン始動完了し、特に問題もなさそうなので運航継続となり無事に家に帰ることができました。









よかった〜、、、、ラホール宿泊なんてことにならなくて。